ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 神の鉾 3 ~安曇磯良神~(改訂版) | トップページ | 神の鉾 5 ~月神と二つの珠と十種神宝~(改訂版) »

2017年12月 2日 (土)

神の鉾 4 ~天照の分御霊(わけみたま)~(改訂版)

伊野天照皇大神宮にあった鉾。

御祭神は天照大神。

本来、天照は女神では無かったのです。

 

そこにあった鉾は、「神の鉾 1」で感じた「国平・大国主神」の鉾(を象徴している)。
では、天照大神が、大国主神なのか?

大国主は、大物主であり、三輪の神、饒速日命に繋がる。


********************

神の鉾 2」では、「神の鉾」繋がりから、「高良玉垂宮神秘書」へ。
神秘書(伝承の中で)の鉾は、住吉大明神と住吉三神の物でした。
四柱の内、高良大社の御祭神は、<住吉の底筒男神>。
又の名を、安曇磯良神。

神の鉾 3」では、安曇磯良神の名から、
安曇氏との関わる出雲の神、海の神、
イソノカミの名から「石上」へ。
石上神宮の御祭神、布留神へと繋がりました。
それは、星神を意味する名。
饒速日命です。


ここでも、彼に繋がりました。
では、伊野の天照大神と、大国主神と、饒速日命は同神なのか。
ならば、あの鉾は「饒速日命」のものです。

*******************************


< 高良大社の神 >

高良大社の御祭神、安曇磯良(アントンイソラ)神とは何者なのか。
その姿を、深く探ります。

 

磯良神は大和で40万年、ひたちで40万年、勝馬(かつま、志賀島)で40万年過ごされた神。
綾杉るなさんのブログ<高良大社 (高良玉垂宮) (Ⅱ)> (「ひもろぎ逍遥」より引用)

磯良神は、大和と、ひたちと、勝馬(福岡の志賀島)におられた神。

*志賀島には志賀海神社があり、海津見三神が祀られている。


その記述に思い当たる一柱の神がいます。

奈良の春日大社の武甕槌(タケミカヅチ)神。
武甕槌神は、常陸(ひたち)の鹿島神宮から勧請されている。


その武甕槌神は、建御雷神と同じ神様。
「国譲り」で活躍する神です。

(追記 「儺の国の星」の著者、真鍋氏の先祖は物部氏であり、鹿島神宮の神官を代々していた。
 鹿島神宮と物部氏の繋がりが見えます。*物部の祖神は饒速日命。)


神の鉾 1」の最初に、彼の神は出てきました。

 

 崇神天皇の時、国平大神(大国主)と建御雷男命は
 同殿同床では畏れ多いので分けるようにと言われています。


建御雷神は、大国主が「国譲り」をした相手。
だから同じ神殿ではいけないだろうと、「後の世」の人が分けたのです。

ですが、元々は同じ神社に祀られてあった。

これは、同じ神だからです。
(社に配列されてあるのは、ほとんどが同神)

さらに、
 神功皇后の時、皇太子品陀和氣命が来て、
国平の鉾は「倭」に遷すと言って持って帰った

という記述。

*品陀和氣(ほんだわけ)命は、神功皇后の御子、応神天皇のこと。

「鉾」は、国平大神、すなわち大国主の物です。

大国主神の和魂は、大物主神。
同じ神です。

大物主神は、奈良の三輪山の神である饒速日命。

饒速日命は、神武天皇に大和の国(奈良)を国譲りしたと、神話にはあります。
(実際には神武天皇への国譲りはなかった)

大国主神の伝承と重なります。

☆磯良神は、ひたちの神・武甕槌(建御雷)神であり、春日神。
☆「国譲り」をした、国平大神(大国主)と建御雷男命は同神(同じ社に祀られていた)。
☆大国主神は、大物主神。

☆大物主神は別名、倭大物主櫛甕玉彦(やまとのおおものぬしくしみかたまのひこ)。
☆櫛甕玉彦は、饒速日命。

☆饒速日命は、神武天皇に「国譲りをした」。(神話)
☆高良大社は物部氏の祖神(饒速日命)を祀る。


高良(安曇磯良)神=住吉神=武甕槌神=春日神=大国主神=大物主神=饒速日命。  
饒速日命は、物部の祖神。

そうか!
「荒魂」である大国主神は、武甕槌神と国譲りをしています。
「和魂」である、大物主神の饒速日命は、神武天皇と国譲りを。

同じ者(饒速日命)の伝承を、別の表現にしているのです。
(しかも、武甕槌(常陸の)神は、饒速日命自身)


< 饒速日命は天照大神 >

彼の別名に、天照国照彦天火明櫛玉饒速日命があります。

真の天照大神。

女神・天照の二つの名に共通するのは、「天(日の)神ではなく、神を斎き祀る者」だということ。
このような名は、彼にはありません。
☆撞賢木厳御魂(つきさかきいつのみたま)
☆天疎向津姫命(あまさかるむかつひめみこと)

(詳細は下のリンク)


饒速日命が大物主神であり、天照大神ならば、
彼と、大物主神の荒魂である、大国主神は同神なのです。

すなわち、「神(伊野)の鉾」とは、天照大神である饒速日命のもの。

饒速日命は、彼を祀っていた一族が地方へ散らばり、
その一族の名や、土地の名や、職業の神として、
様々な名に変えられていきました。
元は一柱の神だったのです。

これが<分御魂(わけみたま)>
ほとんどの神は、天照大神の分霊です。

                                   .
磯良神は、饒速日命に繋がりました。

ならば、住吉(底筒男)神であり月神である、
高良大社の御祭神の高良玉垂神は、饒速日命・・・。


それは、腑に落ちるのです。
痛いほどよく分かる。
でも、一つ疑問がありました。

高良神(磯良神・住吉神)は、神秘書や伝承の中で、
常に「神功皇后」と行動を共にしているのです。
(*住吉大社に伝わる伝承でも、「住吉神と神功皇后は夫婦」とされています。)

「彼」が饒速日命、本人ならば、時代が違うだろう?

 

それを次の回から探ります。


(2022/1/16改訂)

 

( つづく )

 

 

 

« 神の鉾 3 ~安曇磯良神~(改訂版) | トップページ | 神の鉾 5 ~月神と二つの珠と十種神宝~(改訂版) »

コメント

こんばんは~(^0^)
ニギハヤヒは丹波にはいなかったのですか~???
コメ返に書いたことは全く違ってたのかなァ~?

こんばんは(*^^*)

多分、記紀などに記されているのは、
後の世の創作が混ざっているのだと思います。
春日大社のご神祭の一柱をとっても、
物部氏から藤原氏に勢力層が移った時に、
変えられたという説もあります。

ホツマツタエではニギハヤヒの行動範囲は
とても広く、日高見まで行ってます。
それらの伝承の中には創作があるかも
しれませんが、丹後の方には
行ってると思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 神の鉾 3 ~安曇磯良神~(改訂版) | トップページ | 神の鉾 5 ~月神と二つの珠と十種神宝~(改訂版) »