ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 真理 | トップページ | 荒穂神社の高良神 ~筑紫神の伝承 2~ »

2017年12月 9日 (土)

基山*五十猛命の山 ~筑紫神の伝承 1~ 

先日、基山(きざん)に登った。
基山は五十猛命が木の種を始めに植えた、植林発祥の山とされる。

基はもと。
ここから色んなことが繋がった。

麓の荒穂神社には、「基山の山頂から、神が乗った馬がつけた蹄の跡」がある石がある。

山頂の神と荒穂神社の神は同じだと示唆しているのだ。

                                                                                                      .
Kiyama01                                                                                .
山道に入って30分くらい。
頂上付近は、広い草地になっている。
                                        .
Kiyama14
                                                                     .
基肄城(きいじょう)の石碑(昔の山城)。
奥に見える建物が展望台。
Kiyama12                                                                                   .
こちらは、ほぼ北東の方向。
四王寺山や宝満山、その先、遠くには英彦山がある。
                                      .
Kiyama17                                                                          .
写真中央より少し左側に四角い台地があるが、そこが基山のほんとの頂上。
麓にある荒穂神社は、この頂上にあったそう。

神社には、「基山の山頂から、神が乗った馬がつけた蹄の跡」がある石がある。

山頂の神と荒穂神社の神は同じだと示唆しているのだ。

 

さらにもう一つの石には、

「荒穂の神が投げた石が高良大社の社殿の下にある」と。

荒穂の神と高良の神は同神なのだ。

Kiyama19                                                                     .
頂上にある霊霊石(たまたまいし)。
                                   .Kiyama25
山の方向が書かれた石板。
大根地山、釈迦岳の文字が見える。


左から筑紫野町、宝満山、大根地山・・・。
宝満山は霊山であり、御笠山とも言われている。
                                   .
Kiyama22                                                                           .
西側にある草スキー場。
九千部(くせんぶ)、脊振山系の山々。
幾つかの山は縦走できる。
奥の高い山が脊振山。

山頂にいた時、脊振山とのラインを強く感じた。
基山が「筑紫三山」の一つなら、他の二つの山(飯盛山、若杉山)とのラインを感じるのかなと思っていたのだが。
その結界とは別に何か。

それともう一つ、気になった方向があった。

 

次回、荒穂神社。

 

☆→神*総まとめ

( つづく )

 

« 真理 | トップページ | 荒穂神社の高良神 ~筑紫神の伝承 2~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 真理 | トップページ | 荒穂神社の高良神 ~筑紫神の伝承 2~ »