ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 二つの伝承 5 ~大根地山 登山 (1)~ | トップページ | 二つの伝承 7 ~冷水峠~ »

2017年12月26日 (火)

二つの伝承 6 ~大根地山 登山(2)~地球樹~

大根地山。
頂上付近にある「大根地神社」。

Ooneti46

神功皇后が天神七代、地神五代を祭ったのが始まりです。
この山の頂きで舞を舞い、神を招きました。
                                Ooneti52

大根地。
大いなる神の地。
この地は、特別な場所にありました。  
以前、神社で聞こえたことがあります。
人、様々なものの根っこにあるのが、神なのです。  

この地は、特別な場所にあったのです。


Ooneti50
山の高さは、632メートル。
麓ではなく、この場所にある神社。

ここに無ければならない。
後に山にがんがん登るようになって、その意味が分かりました。

 

結界」「封印」「楔」などの役目があるのです。
そこに無ければならない。

故に、山の上に上宮があるのです。
                            .
Ooneti53
こちらは朝近神社。
お稲荷さんは後の合祀のようです。

Ooneti54

神功皇后が祭ったならば、ほとんどの神社では彼女の名もあるはず。
でも、ここには天神、地神の「大根地大神」の名とスサノオと大市姫命の名のみでした。
名が無いのならば、変えられて祀られているのです。

(スサノオがここに祀られる理由がない)

お社の裏手。 Ooneti55

「お稲荷さん」は宇迦之御魂命。
ニギハヤヒ神(歳神)だとも言われている神。
かの神の「稲」の神の性質から同一神とされており、私自身はそうだと考えています。

須佐之男命、大市姫命の二柱の神を合祀し、
雲閣稲荷大神と称え奉る。

二柱を合祀してお稲荷さんとしたのならば、それはスサノオ神の子、饒速日命のことです。

では、大市姫(スサノオ神の妻)ではありません。


Ooneti56
Ooneti57

お社の前は、こんな感じ。

Ooneti49
下の写真は、お社の正面、東側の眺めです。

ここですごく引かれたのがこの山。
木のすぐ左側の一番高い山。
神主さんが、英彦山(ひこさん)だと教えてくださいました。

Ooneti73

英彦山神宮」があるお山です。

20220118135131_img_8555

(宝満山からの英彦山。今は雪ですね~)


日の神の御子(日子)が祭られていることから、そう呼ばれています。
始めは「ニギハヤヒ神」が祭られていたのですが、
天忍穂耳命に替えられたという説がある神社。


頂上へ。
神社から10分程です。Ooneti63

 

山頂は広い。

ここが神功皇后が舞を舞って、神を召喚した場所。

頂上の三角点。
Ooneti64
こちらは北の方向。
ほぼ中央の辺りに金毘羅山と麓に「大分神社」があります。
大パノラマ!
Ooneti68Screenshot_202201200240212

(北側の山々。後に上の峰を全部、大根地山まで縦走しました)


Ooneti67

上の写真は南西方向。
右側中央に薄く浮かんでるようにみえるのが、なんと長崎の雲仙岳!

先程の方々と、また頂上でお会いできたので教えて頂きました。


「この時期こんなに晴れて、こんなに見えるのは滅多にないねぇ」
と言われて、そんな良き日に来られてとっても幸せな気持ちになりました。

その登山の方の5人の内、3人が同じ町内の人だと聞いてびっくり。
世の中狭いですねぇ。

山に登ると度々あることだそうです。
お導きなのかもしれませんね。

                                           

Ooneti66
上の写真は、少し南よりの南南西。

手前の低い山は、砥上岳。

Screenshot_202201200236332
遠くの山は、脊振山系。
高いのが三郡山。その左の方の少し高くなってるのが霊山・宝満山。   

20220118135207_img_8557(宝満山から見た大根地山。手前の左手。その右手奥が砥上岳。その間が冷水峠)


ここは…筑前と筑後の両方向が見渡せます。
命尽くしの神がいたという「境の山」とは、やはりこの「大根地山」なのでしょう。

 

一人になれたので、しばらく瞑想。

ここで受けた感覚は強烈でした。


地球のど真ん中にいる感覚。

要(かなめ)


と浮かんできました。

「要」、ようするに「根」。

神籬(ひもろぎ)には違いないと思うのですが、
イメージとして一番近いのは・・・。

<世界樹>


ここのような、世界樹の小型版の様なものが「要」としてあちこちにあって、それが繋がっているという感じです。

 

まさしく「根っこ」。
ネットワーク。

ここは、神功皇后が「羽白熊鷲」というモノから土地を守る為に神々を召喚し、祀った山。

ならば、守りの拠点。

要・・・中央・・・中心?
何の中心?


         
おそらく、守りの要の地であるこの山に神々を祭ったからこそ、この一帯(筑紫の地)は、それらから守られることになったのでしょう。
          .

 

”この感じ”のもっと大きな規模なのが奈良の「玉置山」です。

そういえば、平井和正さんの著作に「地球樹の女神」というのがあって、そこに「玉置山」が出てきました。

地球樹・・・世界樹と言うより、イメージが似てます。
あの話では、玉置山と何の関係があったかな。

ただ、私はあの山頂で地球と一つになる幻影を見せられました。
                        (「玉置神社」「全は一つ」)
山の高さとかではなく、場所の力が関係あるのだと思います。
この山も。



あぁ、そうか。
地球が放出するエネルギーの形が、「地球樹」なのかも。

だから、玉置山で地球と一体化する幻影を見たのかもしれないです。
・・・だから、ここも「要」であり、「大いなる根」であるのですね。


                   * .

帰りの道は、下の鳥居まで25分くらいでした。
登る途中で気付いたのですが、目の端に白い物がひらひらと。

それが白い狐の大きな尾っぽだと感じたのは、しばらくしてから。
ぴょんぴょん跳ねるようについてきては、前になったりいなくなったり。

普段、あまり視える方ではないのですが、よほど土地の力が強かったのかも。

そういえば、ここはお稲荷さんなのだと思いだしてからは、
お迎えに来てくれたのかもと思いました。

Ooneti81

神社であまりの可愛さに買ってしまった水晶狐。


(つづく)

                                 

« 二つの伝承 5 ~大根地山 登山 (1)~ | トップページ | 二つの伝承 7 ~冷水峠~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 二つの伝承 5 ~大根地山 登山 (1)~ | トップページ | 二つの伝承 7 ~冷水峠~ »