ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 荒穂神社の高良神 ~筑紫神の伝承 2~ | トップページ | 筑紫神社の筑紫神 ~筑紫神の伝承 4~ »

2017年12月16日 (土)

五十猛命と饒速日命 ~筑紫神の伝承 3~

☆→荒穂神社の高良神 ~筑紫神の伝承 2~)つづき

 

五十猛命(いそたけるのみこと)。

基山の荒穂神社の御祭神であり、
福岡市西区の飯盛山にある飯盛神社のご祭神。

大陸から「木の種」を持ち帰り、基山(木の山)に植えたのを始めとして、
「木の国」である紀伊半島に渡って、そちらの多くの神社に祀られてる。

これは「国土を豊かにした」ということを表す。

国土を平らかにした神。
国平の神。

神の鉾 1」の最初に掲げた「国平の神」である、「大国主」。
つまり、ニギハヤヒでもあるのではないのか。

                    *

荒穂神社には、祭神の五十猛命が高良神に繋がる伝承の石があった。

「荒穂の神が投げた石が、高良大社の社殿の下にある」

それは荒穂の神である、五十猛命が高良神と同神だと示唆しているのだ。

高良神は大社の伝承「高良玉垂宮神秘書」より、物部の神、饒速日命だと繋がった。

 

☆→高良玉垂宮神秘書 2 ~高良神は物部の祖神~)アメブロの記事

 



< いそのかみ >

物部の子孫である真鍋大覚氏の「儺の国の星」に、「いそのかみ」についての記述があった。                

「儺の国の星」から再び、抜粋。

******************************************************

谷神(こくしん)を倭人は石上と書き"いそのかみ"と訓じてきた。
磯神が砂鉄を掬って炭とまぜて鉄を求めた仕事は黒に生まれ、
黒を育てて黒を成す過程にほかならなかったのである。

鉄を"ふるみたま"と言う。
暗黒の宇宙の色をそのまま復元した姿であった。

                    *

鐸石別星(つくしわけのほし)の項

杷石(さされいし)とは
砂鉄、即ち磁鉄鉱 Fe3O4 の結晶である。これを還元する名匠が
伊迹師(いとし)、五十氏(いそし)、後に万葉の頃は石上(いそのかみ)であった。


****************************************************************

ここにそのまま載っていた。

谷神(こくしん)を石上(いそのかみ)=石上神宮の神。
宇宙の色をそのまま復元した姿=星神。

*布留御魂とは、隕鉄(隕石・星からできた)の剣=星神。

磁鉄鉱を還元する名匠が五十氏(いそし)、後に石上(いそのかみ)。

 

磯神(いそのかみ)は職業の神でもあったのだ。
五十、石上、もとはすべて同じ神を祀る氏族。


鉄は「ふるみたま」=布留御魂=饒速日命(石上神宮の御祭神)。
かの神は、石上神宮の饒速日命。

☆高良大社の神である、安曇磯良(アントンイソラ)神。
イソラ神であり、五十の神、それは石上神(いそのかみ)に繋がる。

(ラは、神、光という意味)


☆奈良の石上神宮に祀られているのは、布留御大神。


☆また、伊勢神宮の元の名は「磯宮」。
そこに祀られているのが、「磯神(いそのかみ)」とも呼ばれた故だ。


石上神、磯神、五十神、すべて同じ「イソ」神。
          


石上神社のご祭神は、物部氏の祖神、饒速日命。
かの神とその后の御炊屋姫の子、宇摩志麻治の子孫が物部氏。


物部は、もののふ、もののけ。
物には、「畏怖すべきもの」という意味がある。
            

大神神社の、大物主の「物」と同じ。
石上神(いそのかみ)が磯神であるならば、
高良(磯良)神である住吉三神の底筒男神は、三輪の神、大物主神でもあるのだ。


石上=高良神=住吉大神=三輪の大物主神=大国主神(大物主神の荒御魂)



その数多の呼び名は、その隠されてきた存在を何とか後の世に伝えようと残す為。

五十猛命もその一つ。
後に、意図的に別の神とされたのだ。

                            *
                           .
< 物部氏 >


石上神宮を総氏神とする物部氏は、ニギハヤヒを祖神とし、その妃ミカシヤ姫とウマシマヂの子孫になる。
その末裔達は、こちら筑紫の脊振山の北と南側の広範囲に住み続けた。
脊振山が、彼らの「聖なる山」だからだ。

☆→八大龍王と弁財天 1 ~浦島太郎~

 

神話では、五十猛命は、素戔嗚命の子とされている。
饒速日命は兄弟。

 

しかし、神話は全て彼らの物語であり、すべての神は二柱。

そこに記載された親等は、神話での位置づけ、神の名の由緒に過ぎない。

 

実際は、五十猛命=饒速日命。
また、高良神=饒速日命。

では、高良の神は、神代とされる時代の者でもあるということだ。

 

基山周辺にはもう一つの伝承があった。


                             .

☆→神*総まとめ

(つづく)

 

« 荒穂神社の高良神 ~筑紫神の伝承 2~ | トップページ | 筑紫神社の筑紫神 ~筑紫神の伝承 4~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 荒穂神社の高良神 ~筑紫神の伝承 2~ | トップページ | 筑紫神社の筑紫神 ~筑紫神の伝承 4~ »