ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 五十猛命と饒速日命 ~筑紫神の伝承 3~ | トップページ | 大根地山の神功皇后 前編 ~筑紫神の伝承 5 ~ »

2017年12月22日 (金)

筑紫神社の筑紫神 ~筑紫神の伝承 4~

☆→五十猛命と饒速日命 ~筑紫神の伝承 3~

 

基山周辺には、もう一つ伝承がある。

筑紫野市にある「筑紫神社」。
祭神は、「筑紫神(ちくしのかみ)」。

Chikushi40                   .

街中の少し小高い丘の全てが神社の聖域。

Chikushi42
                                                     .
階段を上って後ろを振り返ったところ。

Chikushi44
                               .Chikushi45
御祭神

  筑紫神 [ツクシノカミ]筑紫国の国魂・筑紫の国号起原・氏神様
  坂上田村麿[サカノウエノタムラマロ]武家の神・必勝、戦いの神
  玉依姫命[タマヨリヒメノミコト]縁結び・子孫繁栄の神                                        .

Chikushi47                                      .   Chikushi48                                                                .


由緒

  祭神を筑紫の神といい、筑紫の国魂である。
    奈良時代の「筑後国風土記」の神話によると
    「筑前と筑後の境となる山に荒ぶる神がいて、
  峠を往きかう人を多く取り殺していた。
    その神は人の命尽(イノチツクス)の神と呼ばれていた。
    後にこの神を祀って筑紫の神を呼ぶようになった」
  とされ、奈良時代以前から当社は在ったと推測される。
    筑紫の語源は、当社の神号から起こった。

  筑紫の神が白日別神(しらひわけのかみ)・五十猛命という説もあるが
  断定はできていない。
  後世に玉依姫命(竈門神社より勧請)、坂上田村麿を祭祀した。

Chikushi49

                                  .Chikushi50
                                                          .

Chikushi51
ご祭神「筑紫国の国魂神」は、筑後国一之宮「高良大社」の高良玉垂神。
彼は五十猛命でもある。
                                                                

前回の荒穂神社には、それを示す石があった。

筑紫神=高良神=五十猛神



<「命つくしの神」の伝承>


荒穂神社と同じ話だ。(筑後国風土記)

では「筑紫」の名の語源になったご祭神は、「命尽くした神(悪神)」ではない。
高良の神が「筑紫の国魂」であるのなら、悪神を「退治した高良神」。

かの神は、「高良玉垂宮神秘書」に、神功皇后と共にイルヰを退治したとある。


                      *

では、高良神=五十猛神が、退治した神であり、「命尽くす神」は、イルヰの一つ。

  
荒穂神社のご祭神には、五十猛神の他に様々な名が列挙してあった。

  瓊々杵尊
  鴨大神
  八幡大神
  宝満大神
  春日大明神
  住吉大明神
  五十猛命    

瓊々杵尊と宝満大神以外の神は、高良の神。

高良玉垂宮神秘書より、高良神は物部の祖神、饒速日命だとたどり着いている。

☆→高良玉垂宮神秘書 2 ~高良神は物部の祖神

☆→神*総まとめ

 

 

*筑紫神社の玉依姫命

後に(竈門神社より勧請)とある。

*荒穂神社の宝満大神。

この二柱は同じ神。
竈門神社は、宝満宮竈門神社。


宝満大神と言えば、ここに祀られている神を表す。
竈門神社には、玉依姫、神功皇后、八幡神が祀られている。

後に分かるが、宝満神の玉依姫は神功皇后であった。

つまり、二つの社で、

☆五十猛神=高良神
☆宝満大神=玉依姫=神功皇后
が、共に祀られているのだ。

 

同じ伝承ならば、関わる者は同じ。

違う名で祀られているのなら、名を変えられている。

それが「神社に列挙されている神」は同じであるということに繋がる。
伝承により、また社により、名を替えらた同じ神の名を並べているのだ。

 

それが、次から明かされていく。

 

Chikushi52

 

(つづく)

 

 

« 五十猛命と饒速日命 ~筑紫神の伝承 3~ | トップページ | 大根地山の神功皇后 前編 ~筑紫神の伝承 5 ~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 筑紫神社の筑紫神 ~筑紫神の伝承 4~:

« 五十猛命と饒速日命 ~筑紫神の伝承 3~ | トップページ | 大根地山の神功皇后 前編 ~筑紫神の伝承 5 ~ »