ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 岩戸開き 2.5 ~番外編 天照とニギハヤヒ命~ | トップページ | 岩戸開き その4 ~岩戸~ »

2018年4月14日 (土)

岩戸開き その3 ~神功皇后~

高良の神が住吉神ならば、彼はニギハヤヒ命(天照)です。
ですが、両神が存在していた時代は、神話では隔たりがあります。

「彼が神だから」

という理由では埋まらない彼の息吹を感じられる足跡が、
ここ筑紫にはいくつもあるのです。
                           .

では、その高良の神と強い繋がりがあったとされる「神功皇后」。

神霊が告げた「神功皇后はミカシヤ姫の生まれ変わり」という言葉。

*神霊の言葉は、人の範疇を超える場合があります。
後に二人は同神と分かりました。
「人により、姿、名を変えられている同一人物」という意味でしょうか。

                               .

神功皇后は甕依姫

神功皇后について。
「高良玉垂神秘書」には、高良の神と夫婦となり、行動を共にしていたとあります。

今までの記事(「神の鉾 1  ~伊野の鉾~」など)
        (「二つの伝承 2 荒穂神社」など)から、


高良の神秘書などにある「ヰルイ」が羽白熊襲でもあるらしいこと。

  基山の荒穂神社筑紫神社 などの伝承、ご祭神と、

  大根地山の大根地神社にある神功皇后の伝承から、
  これらは同じものだと推測されます。      

 (これらの伝承の中での五十猛神は磯神(高良神である)ニギハヤヒ命)  
         .

筑紫神社のご祭神の、宝満神である竈門神社の玉依姫。
荒穂神社のご祭神の、宝満大神。
大根地神社にある伝承の神功皇后。

それらと同じ伝承であると思われる「筑後国風土記」の甕依姫。
     *(「二つの伝承 7 ~冷水峠~」)

これらの神は同じです。
     *(「二つの伝承 8  ~五十猛命と甕依姫~」)

上記のことから、筑紫神社の「筑紫神(白日別)」である「高良神」と
共に祀られているこの神は「神功皇后」であると推測されます。
  (宝満宮竈門神社の玉依姫は、神武天皇の母ではなく神功皇后。
   玉依姫は称号)

ならば、神功皇后は「甕依姫」。

                        *

「甕依姫とミカシヤ姫」
                     .
「甕依姫」の「依」は、「玉依姫」の名と同じく(称号)の意味になるので、
甕(みか)が固有名となります。

ミカシヤ姫の名にも「ミカ」の名がありました。

名の一つが<櫛甕玉姫・櫛玉姫(くしたまひめ)>。
(櫛甕玉姫の名はニギハヤヒ命が「櫛甕玉命」であるからか)

神道では、彼女も玉依姫(神の依り代)であったとされています。
  (櫛は「奇」であり、人間に不思議な奇跡をもたらすもの、
   神の力を感じられるものという意)

甕依姫と、ミカシヤ姫の名との類似・・・。

もしも、高良の神がニギハヤヒ命であり、神功皇后と共に行動していたのならば、偶然ではないでしょう。

またそうであるからこそ、筑紫神社と竈門神社の「玉依姫」は、神功皇后でなければならないのです。
               .

神功皇后の「甕依姫」の名からは、ミカシヤ姫である可能性が高いと思わされます。

では、違う人にその名を付けたと言うことは? 

                               *

高良山周辺や、筑紫の広範囲には「物部氏」の勢力が広がっていました。
物部氏は、ニギハヤヒ命とミカシヤ姫との子、ウマシマジを祖とする一族です。 

筑紫には、その後も一族の繁栄が続いたという伝承がいくつもあります。
  (那珂川町発行の「儺の国の星」の作者であった真鍋氏の先祖は、物部氏であり、太宰府で星見をしていました)

ニギハヤヒ命の血族は時を経て、大和から筑紫へと来たことになります。

ならば、大和から筑紫の国へと入った物部氏が、祖であるこの二人の伝承を広めた・・・。
ということも考えられます。
  

ですが、神功皇后も、高良の神の伝承も具体的です。
具体的だから、真実とは限りません。
それに纏わる神社や祭りの多くが今も存在しているのです。
(大善寺玉垂宮などは、高良の神である「藤大臣」が桜桃沈輪(ゆすらちんりん)という悪徒を退治したことに始まる祭りがあります。)

一方で、「筑紫神社」などに纏わる「羽白熊襲」の伝承などは、
二人の存在をぼかしています。

もしも、物部氏に広める意図があるならば、ご祭神の名称など明確にするはず。
時代を経ているにせよ、物部氏達の一存で、伝承を作り上げたのだとするには無理があるように思います。

                      *

高良(住吉)神が天照であり、ニギハヤヒ命。
神功皇后と住吉神(ニギハヤヒ命)との邂逅。

ですが、ニギハヤヒ命は神功皇后よりも前の時代。

神功皇后とミカシヤ姫(ニギハヤヒ命の妃)との名の類似。

また高良の神は人の姿になった時「物部保連」を名乗ったとされます。
ニギハヤヒ命とミカシヤ姫との関わりを感じさせられる名です。

これらがの偶然が指し示すものは一つの必然。
                          .

( つづく )

 

*後に神功皇后が御炊屋姫(饒速日命の后)だと確信します。

« 岩戸開き 2.5 ~番外編 天照とニギハヤヒ命~ | トップページ | 岩戸開き その4 ~岩戸~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 岩戸開き 2.5 ~番外編 天照とニギハヤヒ命~ | トップページ | 岩戸開き その4 ~岩戸~ »