ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 岩戸開き その3 ~神功皇后~ | トップページ | 岩戸開き その5 ~日甕~  »

2018年4月16日 (月)

岩戸開き その4 ~岩戸~

<高良の神と神功皇后>
                       .      

彼らは、ニギハヤヒ命とミカシヤ姫。

そうすれば、幾つもの疑問が解けます。
解けたピースが幾つも埋まるのです。

                     *          .

「天照の岩戸開き」
              .
                     .
それは天照であるニギハヤヒ命が岩戸に籠り(亡くなり)、
再びこの世に現れたことでは。

それこそが<生まれ変わり>を表す物語。

                       .

高良の伝承では、ニギハヤヒ命は住吉神。

筑紫の那珂川町にはその神を祀る住吉の元宮「現人神社」があります。

 

イザナギ命の禊の際に現れた神の一人が、住吉(底筒男)神。

禊の地の地形に一致することから、那珂川町がその地だとも言われています。
     *(「安徳台と高天原」)

裏を返せば、「この地に現人神社があるから、その神話が出来た」とも
言えるのではないでしょうか。
     *(「結びの山 ~その11  天孫降臨 ~ )」

「神話」では同じ地で天照も誕生しました。
住吉神の後、天照が生まれたのです。
                     .
                       .
この地には、日吉大社へ勧請した神の一柱を祀る「日吉神社」もあります。
日吉神社のご祭神は猿田彦神。

   (勧請した先の日吉大社の神の一柱は大己貴神(ニギハヤヒ命)) 
                     *(「 結びの山 ~その14 日吉の神とニギハヤヒ命~   」)

猿田彦神は、登場した時の姿から「天照が来る前の国津神の天照」ともされます。 

*追記
この日吉神社のご祭神は、大己貴神(ニギハヤヒ命)、天御中主神などと分かりました。
地元では猿田彦神です。
「日吉の神は大己貴神 ~那珂川市 日吉神社~

(「那珂川は饒速日命(天照・住吉・高良の神)の生誕地」)


                           *                  .

「岩戸の地」
                       

那珂川町には那珂川が流れています。
「禊」の地とされる(おぎわら橋がある)周辺は今は山田地区。
昔は「岩戸郷」と称されていました。

山神社には岩戸の伝承があり、片方の戸が奈良へと飛んで行ったとされてます。
   *(「 結びの山 ~その9 天岩戸 ~」)

(今でも岩戸郷というとこの周辺のことをさします)
 

・・・もしかすると神功皇后たちがこれ程までにこの地に拘ったのは、彼らも居を構えていた時期があった故かもしれません。

「その地」の側にある安徳台は、今も「上の原(はる)」「御所の原」と言われ、何度か天皇の訪問もあったそうです。
  

私はそこで「光の柱の中の幻のお社」を見ました。
    (安徳台が「高天原」ではないかと思っています)

           *(「安徳台と高天原」)

  (高良の伝承の「四王寺山」に関する部分、
   今の安徳台でのことではないかとも思います。
   安徳台には古代の祭祀跡があり、
   宇宙(神?)と交信していたのではという説があります)

     *(「安徳台(迹驚岡・とどろきのおか) 福岡県」)
     *(「安徳台(迹驚岡・とどろきのおか) その2 」)

                              * 

この町にある「現人(あらひと)神社」の神(住吉神)は、
「この国が大事になる時、再び姿を現す神」とされています。

また、ニギハヤヒ命だとされるスサノオ命の皇子の大歳神は、稲穂の神。
年の初めに赤子の姿で現れ、年末には翁の姿になり、
また次の年の初めに赤子の姿で現れる・・・神だそうです。
    *(「結びの山 ~その15  大歳の神~)」


それは「生まれ変わりをする神」を表しているのでは。

・・・「岩戸開き」は「この地」であった出来ごとなのかもしれません。

                              *

「神話」                                 
                .         .
「記紀」が編纂されたのは奈良時代。

少なくとも倭姫の元伊勢巡りの時代まで、
「伊勢の神、天照は磯の神(イソノカミ)であるニギハヤヒ命」でした。

・・・それらは、(伝承では)「神功皇后と高良の神」の前の時代です。

  (伝承では、神功皇后の夫の仲哀天皇は、ヤマトタケルの皇子。
    倭姫はヤマトタケルの叔母)

その頃はまだ、今の形のような神話が「出来あがっていなかった」
ということも考えられます。

「岩戸開き」の物語のみ、その後だったとしても、
あり得ない話ではないのです。                      .

それが、生まれ変わった天照(ニギハヤヒ命である高良神(住吉))と、
ミカシヤ姫かもしれない神功皇后の話ならば・・・。


                       *

また、高良の伝承では、元々いた「高木の神」を追い出して
高良の神が居座ったとされています。

同じく、英彦神社(英彦山)にもそのような伝承があります。
(あちらは日子火火出見神)

天岩戸に隠れ、再び外の世に出た天照は、その前に比較して
ほとんど出番がないとされます。
それは、岩戸から再び世に出た彼の活躍した舞台が、
大和より遠い地(筑紫)でのこと故なのかもしれません。


( つづく )

 

*後に神功皇后が御炊屋姫だと確信します。

すべての神は彼らの集約したものでした。

 

« 岩戸開き その3 ~神功皇后~ | トップページ | 岩戸開き その5 ~日甕~  »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 岩戸開き その3 ~神功皇后~ | トップページ | 岩戸開き その5 ~日甕~  »