ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 岩戸開き その4 ~岩戸~ | トップページ | 岩戸開き 追記 ~夢と現実~ »

2018年4月18日 (水)

岩戸開き その5 ~日甕~ 

日本書記では、神功皇后は「卑弥呼」と重ねています。
                  .

ミカシヤ姫は<ヒミカ>と呼ばれていました。

それは私が見た「前世の夢」の話です。
   *(「古代奈良の夢  ~前世 4~ 」)

 

人が見ていた夢を見た可能性もあるかもしれないので、
それが必ず「自分自身」だとは言えません。
                         .

ですが、ミカシヤ姫が「ヒミカ」でもあるならば分かることがあります。

当時、漢字はなかった時代ですが、その名の意味を表すものがあるなら、
                     .

<<日甕>>
                                .

神功皇后の「甕依姫」
ミカシヤ姫の「櫛甕玉姫」

「ヒミカ(日甕)」

生まれ変わりならば、二人とも「ヒミカ」です。

「日」は日の神、ニギハヤヒ命を表すもの。
「甕」は神に捧げる酒や水を入れる神事用の器。

日の神の玉依姫としてあった、あの人達の名として
これほど相応しいものはないのです。

                    *

もしも神功皇后も「ヒミカ」と呼ばれていたのなら、
彼女がミカシヤ姫であったという可能性は大きいように思います。

住吉の神である高良の神が、ニギハヤヒ命の生まれ変わりであったとしたら、 
尚更です。

                                            *

 

私が見た「夢の彼ら」にとって名はとても重要なものであり、
その名は、何度生まれ変わっても受け継ぐようでした。

何度転生しても様々な形で自分の名の中にあります。
見つかっている仲間の一人以外、今の名の中にも「それ」がありました。

                           *

「古代奈良の夢」で見た天鳥船。
宇宙神霊ARIONと彼らの宇宙船マイ・ミュートアーテ。
(北極だか南極の上空にあるらしい母船)
自分達の前世の一つが「別の星」の者だったこと。

それらの「繋がり」は、「あり得ないことではない」と自分を納得させるには
十分なことです。

もしも、この先、ARION達の母船が現れることがあったのなら・・・。
「天鳥船」も絵空事ではないと言えるかもしれません。

                            *


神霊であるミカシヤ姫はこうも告げました。

<<あなたは神功皇后であり、ミカシヤ姫です>>

その真偽は分かりません。
ミカシヤ姫は前世の夢で見ましたが、神功皇后とは奇跡的な縁で結ばれているだけなのですから。

「岩戸」とかつて・・・今も呼ばれているこの地に自分がいること。
ここに来なければ分からなかったこと、出会わなかったこと。
それさえも、多分必然。

「儺の国の星」という本に出会ったのもその一つ。
それは物部の子孫達が連綿と伝えてきた、
宇宙の星々とこの那珂川町の伝承や歴史が記された本でした。

もしも、私が「ヒミカ」であったのなら・・・。
この手の中にそれがあることは何よりの奇跡だと思うのです。

                      .

*ここからは追記です。

 

.一つだけ、神霊について気になることがあります。
時々、彼らはこちらの理解を越えたようなことを告げることがあります。

「生まれ変わり」
という言葉を、そのまま受け取っていいのかどうかと、ふと思ったのもそこです。

例えば、この場合、
「ミヤシヤ姫と神功皇后は同一人物であるが、名前や立場を変えられているだけ」

という意味にも捉えられます。

どちらが「本当」かは分かりません。

 

ただ、どちらにしても魂は同じなのかな、と思うのが私の感想です。

 

*ここに記載がありますが、後に同一人物だと分かりました。

                                     .

 

« 岩戸開き その4 ~岩戸~ | トップページ | 岩戸開き 追記 ~夢と現実~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 岩戸開き その4 ~岩戸~ | トップページ | 岩戸開き 追記 ~夢と現実~ »