ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 日本の真相 3.5 番外 ~神との婚姻~ | トップページ | 南蔵院 篠栗四国総本寺 ~福岡県~ »

2018年10月11日 (木)

日本の真相 4 ~3人の天皇~

(「日本の真相 3.5 番外 ~神との婚姻~」)の続きです。
                .

”真人は是、皇別の上氏なり”
天皇の姓は”真氏”

真氏の筆頭は息長真人(オキナガノマヒト)であり、
”誉田(ホムタ)天皇より出づ”

応神天皇が真人であり、それ以前の天皇は架空。


               *

”彼ら”が大陸から渡って来た”秦氏(中国の人達がいう流浪の民=騎馬民族)”
ならば、「応神天皇」は饒速日命か、その皇子か。
                                            .

以下、「日本の真相」より要約です
http://g-village.net/iyasaka369/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E7%9C%9F%E7%9B%B8.pdf

******************************************************************

(3)大和朝廷 (続き)


☆神武と崇神と応神と。

神武の東征は、豊国の宇沙(大分県宇佐市)を経て筑紫へ。
それから瀬戸内海沿いに東上して、安芸の国(広島辺り)と吉備(岡山県)、
浪速(なみはや=難波)と進み、河内(大阪府)の
星雲の白肩津(しらかたつ)という川原に停泊。

九州生まれの15代応神天皇も、まったく同じ経路を辿って畿内に入り、
大和朝廷を開く。

神話に於ける”生まれ”とは、「その国に初めて登場した」という意味もある。(*後に)

                    *

神武の倭風諡号は、始馭天下之天皇(ハツクニシラススメラミコト)

それを同名の倭風諡号を持つ天皇が、御肇国天皇(ハツクニシラススメラミコト)
=崇神天皇(第10代)=御間城入彦五十瓊殖天皇(ミマキイリビコイニエノスメラミコト)
が居る。

崇神天皇は、応神天皇と同じ伽耶(加羅、伽羅)から渡来したとある。
記紀では半島の任
那から渡来したとあるが、任那という国は存在しない。
任=大王、那=国、キ=城であり、「ミマキイリ=大王の城から来た」という意味。

神武と崇神の話はあまりにも神話的であり、韓風諡号でも
「神」という字が共通して使われていることから、神とみなして同一人物と考えられる。

応神は最初の天皇で「現人(あらひとがみ)」、すなわち半分は神であるから
例外として扱うことができ、神武と崇神と同一視することができる。

                                     *

また神武が熊野で救われた神剣「布都(フツ)御魂」は石上神宮に
「布都御魂大神」として祀られている。
その「石上神宮」には、天孫一ニギハヤヒが携えてきた十種神宝が
「布留(フル)御魂大神」として祀られている。

神武=フツ=ニギハヤヒ=フル=沸流=応神となる。

実際、神武は天皇になるまでの話、崇神は天皇になってからの話しかないと
言ってよく、2人合わせて一人の天皇、といった感がある。

そして、神武ー崇神ー応神の3天皇は、古代天皇の中で、別格的に扱われている。


                               (要約、終わり)
*********************************************************************

この方は、「神武=フツ=ニギハヤヒ=フル=沸流=応神」とし、
「(応神天皇の)生まれとはその国に初めて登場した意味がある」というのは、
全てを同一人物にされているから。


ARIONが言う
沸流は、「スサノオの父フツの曽祖父に当たる男」であり、
フツは、「スサノオの父フツ」
フルは「ニギハヤヒ(スサノオの子)」だと思われます。
(すべてを同一にするには、時間的にも無理があるような)

とすれば、「神武=ニギハヤヒ=フル=応神」。

さらに記紀の「九州生まれの応神」は、
ニギハヤヒと、その皇子とを一緒くたにしているのだと思われます。
(意図的なものかどうかは分かりません)


崇神天皇(第10代)=御間城入彦五十瓊殖天皇(ミマキイリビコイニエノスメラミコト)
この倭風諡号の中に「五十」の名があります。

「五十」は「イソ」
(「二つの伝承 3 五十猛命 と 「儺の国の星」再販」)

に記しましたが、イソノカミである「磯の神」ニギハヤヒを差します。
石上神宮は「イソノカミ」神宮であり、
伊勢神宮も元は「磯宮(イソミヤ”)」と呼ばれていました。

崇神天皇の名は、饒速日命を示唆していると思われます。


また、那珂川市の住吉の元宮「現人神社」の住吉神は饒速日命。
「人(神功皇后)の前に初めて姿を現した」からというその名。

そのまま、彼が最初の天皇である「現人神」であったからなのかもしれません。

地元では「あらひとさん」と呼ばれています。
彼はここに本当に存在していたのかもしれません。

やはり、そうだったのか、という気持ちです。

                  .

(「日本の真相 5 ~全は一つ~」 へ つづく )

 

*福岡県久留米市の高良大社の「高良大祭」(5年に1度)が
 次の日曜日(10月14日)に。
*那珂川市の「現人神社の流鏑馬」が10月21日に15時からあります。
 (車はミリカローデンの駐車場へ)    

      .

 

ブログ村に参加してます。
ぽちっと応援お願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村  

 

 

« 日本の真相 3.5 番外 ~神との婚姻~ | トップページ | 南蔵院 篠栗四国総本寺 ~福岡県~ »

コメント

初めまして・・

こちらの記事をツイッター(ツイート)で紹介させていただきました。

事後連絡でもうしわけありません。
差し障りがございましたら
削除をさせていただきますので、
ご検討をよろしくお願いいたします。

syouさん、初めまして!

tweetして下さって光栄です。
ご連絡ありがとうございます(*^^*)

https://twitter.com/syou06291378/status/1356108093306806272
テーマ
「日本の真相」を紹介させていただきました。
少しずつ、大切に読ませていただきたいと、思っております。

>tweetして下さって光栄です。
>ご連絡ありがとうございます(*^^*)

快諾していただけ、嬉しいです。
ありがとうございました。

syouさん、こんにちは(*^^*)

Twitterアドレスありがとうございます!
これまで何度か、Twitterとか他のsnsで紹介された様なのですが、このようなご連絡は初めてでした。

ご丁寧にありがとうございます。
とても嬉しいです。

スマホ版だと、続きが見づらいので「日本の真相」のみに行けるように、下に続きのリンクを貼りました。
このシリーズ、最後まで終わってないですね~^^;
「日本の真相」はもう数ページあるのですが。
その内、続き書きますね。

反応も薄いし、自分も納得したので、もういいかな、と思ってました^^;
励みになります。

ありがとうございました!(*^^*)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の真相 4 ~3人の天皇~:

« 日本の真相 3.5 番外 ~神との婚姻~ | トップページ | 南蔵院 篠栗四国総本寺 ~福岡県~ »