ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 神功皇后 と 登山 と 裂田の溝 ~その3~ | トップページ | 日本の真相 10 ~卑弥呼 と 八咫鏡 と 十種神宝~ »

2018年11月20日 (火)

日本の真相 9.5 番外 ~住吉三神~ 

(「日本の真相 9」の続き)
シンクロしてるようなので、番外です。
               .

ここのところ、登った山で聞こえた声がありました。


<< 住吉三神。ニギハヤヒの神。(その子)応神。神武 >>


英彦山の山中にある「大南神社」の中でした。

その瞬間、イメージの様なものが湧きあがり、一瞬の内に繋がりました。
言葉にするとこのような感じです。

           *

<住吉三神の意味>

住吉三神とされているものは、

☆ニギハヤヒ命。

☆応神天皇は、ニギハヤヒ命自身でもあり、その子でもある。

☆神武は、この二人の存在の替わりの名。

                                        *

それは、高良玉垂の神秘書にもありました。

「住吉三神」

  長男が表筒男。(大祝氏の先祖。日神)
  次男が中筒男。(この国に留まって、初代天皇の神武(イワレビコ)となる)
  三男が底筒男。(高良大菩薩であり、月神)


表筒男は、後に神功皇后の妹、豊姫と夫婦になります。

底筒男は、後に神功皇后と夫婦になります。
地上での名は、物部保連、高良大菩薩。
(高良大社のご祭神です)

何故、ここで神武が出てくるのかと思っていたのですが。

<神武は、この二人の存在の替わりの名>

それならば、腑に落ちます。


「住吉三神」とは、この二人と、彼らの存在を置き換えた「神武」のこと。


           *

「住吉の神」

記紀などの「神話」を知って、引っかかっていたのが、
神功皇后の元に現れた「住吉の神」の存在でした。
何故、「住吉の神」なのか、と。

三韓征伐に向かう船の舳先に現れ、彼女を守ったとされます。

神功皇后は帰還後、その神がいる社の神田に水を引く為に、
裂田の溝を指揮して造ったそうです。

それが那珂川市にある「裂田の溝(さくたのうなで)」。

”その神”がいる神田の為に造ったのですから、当然、
そこにお社があるはずです。

それが「現人神社」でした。

そのお社を知ったのは、那珂川が終の棲家と住み始めてから、数年経っていました。
「現人神社」の神は現人の神である住吉三神です。
人の前に初めて姿を表した神、だから「現人(あらひと)の神」なのです。

ここに神話が生きていました。

                          *

先日、裂田の溝ライトアップがありました。
                  .Unade27                                                   .
もらったパンフレットを見て改めて気付きました。

現人の三神(あらひとのさんしん)
那珂川市の現人神社にお祀りされている神様で、住吉の三神とも
呼ばれています。この神様は国生みの神、イザナギノミコトが
禊(みそぎ)をしたときに生まれたといわれています。
私達の世界に、人の姿で現れたということで現人(あらひと)と
いわれています。」(裂田の溝ライトアップ 散策マップより)

神話では、神功皇后の、「人の前に初めて姿を表した神」とされています。

そうか。
それは、「人の姿で現れた」神ということ。
分かっているようで分かっていなかった。
               .

”人の姿で現れたのならば、以後、この地に留まるはず”


高良の伝承でも、人の姿で現れ、後に神功皇后と夫婦になっています。
ヰルイを討伐した時も、裂田の溝の建造の時も、ずっとそこにいたのです。

人の姿をした「神」。
ずっと、そこに在る者なのです。


それなのに、それ以後、記紀には何の記述もありません。
「残しておけなかった」理由があったのです。

その一つは、「神功皇后と住吉の神」と、後にされた人達との婚姻が、
後の政権には不都合だったからに違いありません。

神功皇后 と 登山 と 裂田の溝 ~その3~」に書いたように
仲哀天皇が元からいなかったとすれば、尚更です。

これまでの「日本の真相」にも繰り返し出ていました。


”応神天皇が初めの天皇”
と。

神功皇后の皇子が「応神天皇」です。

しかし、応神はもう一人います。

彼女の呼びかけに”応えた神”
「住吉の神」です。

それが、饒速日の神。

「始めの天皇」ならば、尚更、彼の可能性があります。

                 *

もうすぐ新嘗祭ですが、
新嘗祭と住吉神とニギハヤヒ」で、住吉神がニギハヤヒ命だと辿り着きました。

二つの伝承 8 ~五十猛命と甕依姫」で、
彼らが高良の神であり、ニギハヤヒ命であり、
甕依姫は、神功皇后であり、ニギハヤヒの妃のミカシヤ姫ではないかと推測しました。
二人は、「日甕(ヒミカ)」なのです。(「高良の神と日甕」)

伝承では、ニギハヤヒ命の一族は、大陸から渡来してきました。
一方、(伝承では)神功皇后の母の家系には「ツヌガアラヒト」という天日鉾ともされる
大陸から渡って来たという者がいます。
つまり二人とも、渡来した一族の裔なのです。

彼らが、「ニギハヤヒ命とミカシヤ姫」ならば、
そこにも「存在を残しておけなかった」理由があるのかもしれません。

                   *

 

私がこの時点で思う時系列は、

1)ニギハヤヒ命、大和へ。
     ↓
2)ニギハヤヒ命とミカシヤ姫(ヒミカ)。
 (住吉神と神功皇后)
 大和で出会い、北部九州へ。
     ↓
3)大和、大乱。
     ↓
4)応神天皇と豊姫(台与)が夫婦になり、大和へ。


2)の二人が北部九州へ行ったこと(去ったこと)が
(大和にとっての)天照の岩戸籠りであり、

4)の二人が大和へ戻ったことが、岩戸開き。
(再び、この世が昼になった)


そして、(4)が神武天皇の東征でもあるのだと思います。

もしかすると(2)と(3)の間は、ニギハヤヒ命とミカシヤ姫は、
大和と九州を何度か行き来しているのかもしれません。
瀬戸内海沿いにある数多の伝承は、そうしたものかもしれないとも思います。

                 *

もう一つ、聞こえた声がありました。

 

宝満山」での声です。


<<玉依姫は神功皇后であり、神武は「その子」>>

やはり、そうなのか。
          .
宝満山に祀られているのは、玉依姫命、神功皇后、応神天皇。

玉依姫の子である神武は祀られていません。
玉依姫(称号)でもあった神功皇后が”そう”であるから、
この山に神武ではなく、応神が祀られているのです。


                     *

饒速日命が、現人の神。
人の姿で現れた神。
始まりの天皇ならば、あらひと神に違いありません。

ずっと、現人の神様として、あのお社で待っていたのです。
       .
那珂川の現人神社に。



(「日本の真相 10 ~卑弥呼 と 八咫鏡 と 十種神宝~」 へ つづく )

ブログ村に参加しています。
ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 

« 神功皇后 と 登山 と 裂田の溝 ~その3~ | トップページ | 日本の真相 10 ~卑弥呼 と 八咫鏡 と 十種神宝~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の真相 9.5 番外 ~住吉三神~ :

« 神功皇后 と 登山 と 裂田の溝 ~その3~ | トップページ | 日本の真相 10 ~卑弥呼 と 八咫鏡 と 十種神宝~ »