ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 脊振縦走 脊振山山頂~猟師岩 往復 | トップページ | 英彦山 登山 2  ~英彦山神宮 上宮~ »

2018年11月11日 (日)

英彦山 登山 1  ~大南神社の声~ 

先週の日曜日、紅葉が見頃と聞いたので、英彦山へ。

英彦山は福岡で2番目に高い山。
(福岡にはあまり高い山は無いのです)

遠いので朝、4時半に家を出ました。
朝倉方面から、母の故郷、小石原を通って英彦山へ。
あちこち災害の爪痕があって、胸が痛みました。

英彦山には上宮がある。
私の場合、山に登るのは祈りの為。
                  .Hikosan01                           .
銅の鳥居。
車はこの側の駐車場へ。
スタートは6時50分頃。
                                .Hikosan03                                                 .
ここを登りきって、銅の鳥居から20分ほど。

                    .Hikosan04                                                   .
奉幣殿。
改修工事中でした。

参拝して、行ってきます!
                         .Hikosan05                         .
朝の英彦山神宮。
人も少なくて、とても静かです。
登山者はもう何人もいました。
                           .Hikosan06                                                    .
出発です。

 

Hikosan07                              .
正面参道の石段へは行かず、鬼杉方面へ。
                 .Hikosan09                                              .
しばらく行くと、左に智室社。
寄り道です。
                    .                .
引かれるように登っていきましたら、梵字岩がありました。
                                     .Hikosan11                                      .
大岩に、3つの丸の中に梵字が。                       .
見とれていたら、下から大勢の山伏さん達が来られて、
真ん中の梵字が大日如来を表すと教えてくださいました。
                   .Hikosan12                              .
右と真ん中の梵字。
右側はすこし欠けています。
                 .Hikosan13                                                       .
左側と、真ん中(写真の右)の大日如来の梵字。
もともとは梵字の下に道があったそうで、今は崩れてしまったとのこと。
ありがとうございました。
                        .Hikosan14                                           .

 

Hikosan15                                       .
紅葉もまだまだ綺麗です。
                         .Hikosan16                                               .
このお山にも災害の爪痕が。
                   .Hikosan17                             .
そこには植えられたばかりの若木がいくつもありました。
元のお山に。
元の姿に。
人が植えた樹は土を支え、山を守ります。
                                    .Hikosan18                                           .
上宮コースから外れて、大南神社、鬼杉方面へ。
                          .Hikosan21                       .
鎖道あり。
                      .Hikosan22                                           .
大南神社に着きました。
ここまで1時間10分ほど。

元は神仏習合で、今は天火明命が祀られているとのこと。
                      .                    Hikosan25                      .
崖に張り付くように建ってます。
                        .Hikosan31                                                 .
中へは靴を脱いで。
真ん中は天火明命(ニギハヤヒ命)。
やはりこのお山にも祀られていました。
                      .Hikosan26                                              .
観音さまかな。
                         .Hikosan27                                       .
こちらは不動明王。
「大南不動堂」とも呼ばれています。
しばらくここでまったり。

と、声が聞こえました。

                   .
<< 住吉三神。ニギハヤヒの神。(その子)応神。神武 >>
                                           .

(あぁ、そうか。そういうことか。)

それは、高良玉垂神秘書に記されていたこと。
(「その子」はイメージで入ってきた。)

ようやくその意味が・・・。
腑に落ちたのです。

これについては後ほど。
                     .Hikosan29                             .
そこから少しくだって、「鬼杉」
力強さを感じます。
                          .
Hikosan30                        .                                                 .
分岐点まで戻って、南岳へ向かいました。

« 脊振縦走 脊振山山頂~猟師岩 往復 | トップページ | 英彦山 登山 2  ~英彦山神宮 上宮~ »

コメント

弥紗さん、お邪魔します。

>>私の場合、山に登るのは祈りの為。

私も見習いたい所ですが、リウマチで山登りや
神社の参拝は無理です。
弥紗さんの写真を有難く拝見しています。
山登りがキツイ時は、天狗さんに助けて頂くと良いですよ。
「天狗さん、助けて」と言うと足が軽くなるそうです。
これからも有難く拝見したいと思っています。

エルザさん、コメントありがとうございます(*^^*)

山に登ること、神社に参拝することは、多分、その人自身の為だけでは
ないような気がします。
この一年、山に登って分かりました。

登ったり神社に参拝するのは、
そこまで行けない人の分まで想いを届けに行くのと同じことだと。
気付いていない人もただ楽しみで行く人も、皆同じ。

神は祈る人がいて、力を得ます。
地上(家)で祈るのも山やお社に直接行って祈るのも、
同じ祈りです。
そこへ行くのは、行ける人が行けばいいのです

こんばんは!
英彦山、中学生の頃、登りました。
懐かしいなぁ・・・。
当時の写真は残っていますが、このブログの写真を見ると、何だか全く別の山のような気がします。
まぁ、40年以上前ですからね。

FUJIKAZE さん、コメントありがとうございます^^

中学の時に登られたのですか。
この前行った時、小学生や小さな子も(正面参道を)登られててすごいと思いました。

英彦山は幾つもの登山口とコースがあるようです。

一番登られるコースは、奉幣殿から直接上がる「正面参道コース」です。
この後、下りに使いましたが、比較的整備された石段が続きます。

他に野営場からスキー場を横切るバードラインを通る「北尾根コース」。
ススキ野原が見事らしいので、今度登ってみたいです。

野営場から九州自然道を通る「山伏の道コース」

高住神社から北岳へ直接向かう「豊前坊コース」
望雲台という展望台を経て、北岳へ向かいます。

などなど。
英彦山といってもとても広いので、登るコースによって表情は
全く違うようですね。

私が登った鬼杉コースは下から登るとかなりきつめだそうで、
上で出会った方々に「健脚だね!」「鉄人だね!」と言われました^^;
でも楽しかったですよ~。

また登ってみたいですね~^^
今度は今回廻らなかったとこに行きたいです!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英彦山 登山 1  ~大南神社の声~ :

« 脊振縦走 脊振山山頂~猟師岩 往復 | トップページ | 英彦山 登山 2  ~英彦山神宮 上宮~ »