ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 志賀海神社 ~安曇磯良神の龍宮~ | トップページ | 雷山~井原山 周回 その1 »

2019年1月26日 (土)

絆の龍

龍は二つのものを繋ぐ役目があるという。

 

そう言えば、ずっと昔こんな夢を見た。

(「白龍と青き龍の夢 」)


自分だけが乗っている電車が静かに走ってた。
右手には海。
窓の外は人気がまったくない荒れた田んぼや家。
 
「あれから誰も住めないんだ」

そう感じたその光景の中で。

大地の中から巨大な水柱と共に、真っ青な龍が現れた。
空から現れたのは、真っ白な龍。


2体の巨大な龍が、大地から空へ、空から大地へと、
互いに体をくねらせながら、潜っては現れて、それを何度も繰り返している。


「これは、大地を浄化している。

人の住めなくなった大地を、二頭の龍はきれいにしている。

”空の気”と”地球の気”を大地に送り込んで、混ぜ込んで・・・

そうして、また人の住める大地に戻そうとしているんだ。」


そう夢を見て感じたその光景は、その何年も後になって
TVの画面で再び目にすることになった。

福島の海の側の光景。
                    .

<龍は二つのものを繋ぐ役目がある>

それが真実ならば、あの夢はきっと現実の光景だ。                  .
ようやくあの夢の意味が分かった。
                  .

汚れてしまった大地と、広大な空と。
人の願いと、神の慈悲。

あの龍達はきっと、今でもあの空の下で。
大地と空を混ぜ込んで、元の大地に戻る日まで。
人の願いを糧にして。

願いがある限り、そこに存在しているのだと思う。

いつか人に還すその日まで。

             .

 

 

« 志賀海神社 ~安曇磯良神の龍宮~ | トップページ | 雷山~井原山 周回 その1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絆の龍:

« 志賀海神社 ~安曇磯良神の龍宮~ | トップページ | 雷山~井原山 周回 その1 »