ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 志賀海神社 ~福岡県~ | トップページ | 日本の真相 19 ~神・饒速日命の名~ »

2019年1月20日 (日)

日本の真相 18 ~伝承の嘘・本当~

ここまでのまとめにもなります。
           
               *

記紀も含め、伝承には嘘と真実があります。

誰かの都合の良いものに替えらていること。
口伝により途中で変化したこと。
理由は様々でしょうが、年月が経過すればする程、真実を掬い取るのは、
難しくなります。

でもそれは、どんな伝承でもその中に真実が隠されていることでもあります。

           .
先日、知ったのですが、
こちらの筑紫地方で「五十猛命」とされているのは、「ニギハヤヒ命」のことだと
いうのが、最近の有力な説だそうです。

伝承の中の神は、記紀等の名と=(イコール)ではないことがあるのでしょう。
                                          .

☆基山の荒穂神社筑紫神社の神、五十猛命が饒速日命。

両神社のご祭神、五十猛命が饒速日命ならば、
日本の真相 15」にあった加茂(鴨)の神も彼であり、
荒穂神社に併記されている理由が分かります。

 五十猛命=饒速日命=加茂大神です。

「荒穂神社」のご祭神

瓊々杵尊
  鴨大神
  八幡大神
  宝満大神
  春日大明神
  住吉大明神
  五十猛命

 

住吉大神、八幡大神が併記されているお社に、筑後国一之宮である
高良大社があります。

☆高良大社のご祭神は、高良玉垂命、八幡大神、住吉大明神(大神)。

高良の神が住吉神であることは、神社の職員の方から直接お聞きしました。

 高良神=住吉神

 
五十猛命=饒速日命であり、高良の神であるならば、
住吉大神は饒速日命です。
               .

こちらに伝わる「高良玉垂宮神秘書」に、以下の記述があります。

磯良神は大和で40万年、ひたちで40万年、勝馬(かつま、志賀島)で
40万年過ごされた神。
(「神の鉾 3 ~安曇磯良神~ 」)

つまり、高良の神は、春日神であり、常陸の国の武甕槌神であり、
勝馬(福岡志賀島)の神の綿津見神でもあるのです。


今までの考察からも、物部氏を始めとするそれぞれの部族が、同じ神の名を
それぞれの部族に由来する名に変え、根付いた土地に祀ったことが分かります。

高良神が安曇磯良神であるなのらば、やはりかの神は饒速日命です。

(「二つの伝承 3 五十猛命 と 「儺の国の星」再販」)
(「二つの伝承 8  ~五十猛命と甕依姫~」)

何より、高良山は饒速日命を祖神とする物部氏の勢力地でありました。
高良の神がかの神であることは間違いないでしょう。

                 *                  .

また、私が瞑想中に見た現人神社の神(現人神社の武藤さん)から、
新嘗祭に関わる神の正体が饒速日神なのではと辿り着きました。

(「新嘗祭 と 住吉神 と ニギハヤヒ ~その1~」)

そうであるならば、住吉神=饒速日命

そして、饒速日神の又の名をは
天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊。
久留米の伊勢天照御祖神社には、その名で祀られています。

(「伊勢天照御祖神社 ~福岡県久留米市~ 」)

 

高良山の参道にもありました。
(「2度目の高良山 1  ~足跡~ 」)

 

「式内伊勢天照御祖神社」ご祭神 天照大御神。
               .

 

饒速日命が磯神であり、石上神宮、伊勢神宮の神であることは、
(「二つの伝承 9 ~日の神 と 月の神~」)
などで分かりました。

これから導きだされたのが、


饒速日命=高良神=住吉神=加茂(鴨)神=志賀大神=春日神(武甕槌神)=歳神(年神)=宇迦御魂
=五十猛命=磯神(安曇磯良神)=石上神(奈良の)

 

=布留神=磯神の宮であった磯宮(伊勢神宮)=天照大神など

そして、饒速日命は八幡大神であるともされています。

 

「日本の真相」、「儺の国の星」「高良玉垂宮神秘書」や数々の伝承は
これらを解き明かしてくれているようです。

ですが「その全てが真実」ではありません。
ホツマツタエなども例外ではないのです。

筑紫国の神である饒速日神。
物部氏や尾張氏など様々な部族の祖神として、多くの地へ祀られることに
なったのでしょう。

 

筑紫にはそれを証明するかのように、その神々の名が祀られた神社が数多あります。

                      .

(「日本の真相 19 ~神・饒速日命の名~」 へ つづく)

ブログ村に参加しています。
ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 

« 志賀海神社 ~福岡県~ | トップページ | 日本の真相 19 ~神・饒速日命の名~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の真相 18 ~伝承の嘘・本当~:

« 志賀海神社 ~福岡県~ | トップページ | 日本の真相 19 ~神・饒速日命の名~ »