ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 神功皇后行軍路① ~大根地山から砥上岳 その2~ | トップページ | 冷水峠の羽白熊鷲 ~その2 * 老松神社~ »

2019年2月13日 (水)

冷水峠の羽白熊鷲 ~その1・冷水峠~

~神功皇后行軍路 ②~

前回、冷水峠(大根地山の鳥居辺り)から南へ下っていきました。

ここじゃない。
羽白熊鷲が出たのは、おそらく冷水峠から北。
それはヰルイという”人ではないもの”

神功皇后が大根地山に祀った神々がそれを物語っています。
                          .Hiyamizu03                                                .
初めて来た時から、何となく避けたかった”この先”。
                       .Hiyamizu06                         .
行ってきます!
「首なし地蔵まで750m」

 

Hiyamizu07_2                        .
すぐに石畳の道になります。
                             .Hiyamizu08                                               .
谷があったはずだと思っていたら、沢の音が。
あまり深くないです。

今回、200号線(バイパスでは無い方)の冷水道路を通るかと迷いました。
あちらの方が深い谷があるのです。
・・・でも、神功皇后はそちらの山では無く、”大根地山に神々を祀った”のです。
                             .                                  Hiyamizu09                                                         .
峠から10分程で「首なし地蔵」に到着。
側に流れているのが、名の由来になった冷水川。
美味しいです。
最近、山の川の水を飲むのに抵抗がない・・・。
                             .Hiyamizu10                                                .
首なしさんの方は、この中のようです。
                  .Hiyamizu38                           .
この辺りから石畳の道が続きます。
                          .Hiyamizu14                                                .
美しい!
Hiyamizu15                                           .
竹林。
とても静かで清浄で。
                         .Hiyamizu17                                                     .
峠から15分程で森を抜けました。
あっと言う間で、こんなんだったかなとふと思う。
ここは違うのかな。
もしかすると千何年も前は、旧車道の谷の底の川沿いを歩いてたのかもしれない。
                               .Hiyamizu18                                                .
筑豊本線です。
去年の水害以来、ずっと不通になってます。
使われない線路はとても寂しい。
                        .

 

Hiyamizu19                                                 .
内野荒田の大根地神社の鳥居です。
このまま、宿場町だったという内野宿まで歩くことにしました。
ここから2.4キロ。
                        .Hiyamizu20                       .
峠を抜けたら、筑豊です。
峠は確かに「基山の東」「筑前と筑後の境」でした。
基山や筑紫神社を起点とすると、この場所外には考えられません。
(「二つの伝承 7 ~冷水峠~」)

後に知りましたが、この長崎街道の冷水峠の辺りが通りやすいように
整備されたのは、江戸時代のこと。

それでも、内野宿から冷水峠まで約4キロ、そこから山家(やまや)宿まで計10キロ。
先日行ったあの辺りも含めて、やはり往来が大変だったそうです。

それよりも遙か前の時代。
難所であったのは間違いなさそうです。

通る人の半分は命を落としたという「命尽くし神」がいた
鞍韉盡坂(したくらつくしのさか)」

二つの伝承(「二つの伝承 8  ~五十猛命と甕依姫~」)
にあった「五十猛神と甕依姫」
彼らが「高良の神と神功皇后」ならば、そこに関わっているはずです。

もしもそうならば、「命尽くし神」が「羽白熊鷲」でもあります。

もしも・・・。
この地で「退治」したならば、何か痕跡があるはずです。
碑か、塚か・・・・。

 

羽白熊鷲は人であらざるものです。
大根地山に神を召喚し、助力を得ないと倒せなかった「ヰルイ(異類)」

 

人では無いからこそ、倒した後もずっと封じておく必要があるのです。

           .

・・・内野宿にそれはありました。


( つづく )

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

 

« 神功皇后行軍路① ~大根地山から砥上岳 その2~ | トップページ | 冷水峠の羽白熊鷲 ~その2 * 老松神社~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冷水峠の羽白熊鷲 ~その1・冷水峠~:

« 神功皇后行軍路① ~大根地山から砥上岳 その2~ | トップページ | 冷水峠の羽白熊鷲 ~その2 * 老松神社~ »