ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 栗田八幡宮(松峡八幡神社) ~神功皇后行軍路 6~  | トップページ | 下渕老松神社 ~神功皇后行軍路 8~  »

2019年2月26日 (火)

大己貴神社と大神山と目配山 ~神功皇后行軍路 7~ 

前回)の続き。

栗田八幡宮から大己貴神社へ。



ここは神功皇后が三韓征伐の折に兵が集まらなかったので、お社を建てて祈願をすると兵が集まったという伝承がある。

だが、敵の本拠地である秋月を前に、ここで兵が集まったという感じがした。
(直前でわざわざ兵を集めないだろう)
                         .                         Kodou94                                                .
前の日に、「大国様まつり」があったよう。
                       .Kodou95                                                  .
大己貴神は、奈良の大神神社のご祭神の大物主神。
この辺りの地名が「三輪」であり、鳥居には「大神大明神」の扁額があり、「おんが様」と呼ばれている。

この辺りは、「朝倉」。
三輪山の側にも朝倉がある。

三輪の神、大物主神は饒速日命。
その実、彼は高良神であり、神功皇后と共に異類を退治していた。

☆→神*総まとめ


                       .Kodou97                                              .
大物主神の荒御魂が大国主。
大国の名から、大黒様と習合されている。

                                                 .Kodou118                       .

神の名を変えても、そこに人の祈りが加わる。


人の願いや祈りは、きっとその神に別な力を与える。
もう、大物主は大国主であり、大黒様で間違いないのだ。

(”それ”さえも神の意思のような気もする)
                                                    .                                          Kodou98                                                   .
奈良の大神神社のご神体は、三輪山そのものであった。
ここにもご神体とされる山がある。
お社の向かいに在る「大神山」。
                     .Kodou99                                           .
山ナビにも軌跡がない無名山。
それほど高さもないので、YAMAPの地図と現在地と方位磁石を頼りに登っていく!
                     .Kodou100                                                .
途中まで畑作業用の道があったのだが切れてしまい、適当な所から取り着いた。
竹藪~!倒竹~!
掻き分け、掻い潜って何とか、高みを目指す。
刺さる~!
                      .Kodou102                     .
道が切れてから10分程で頂上!
標識も何もない。

祠か磐座があると前に聞いたのだが、この近辺には見当たらなかった。
しばらくまったり。
とても気持ちのいいとこだ。
                       .
この後も登山道もナビの軌跡もなかったのだが、少し尾根のようになってる箇所があり、そこを選んで進んだ。
                        .Kodou105                    .
目配山の登山道めがけて歩く。

 

Kodou106_2                                                       .
もうすぐ!
二重丸になってる地点が登山道の「小鷹城山分岐」地点。
そちらに向かうのがよさそう。

後でベテランヤマパーの方に地図の読図が出来てると言われた。
嬉しい~!必死、でした ^^;;;
                          .Kodou108                                             .
分岐地点に出た~!
大神山に向かうなら、こちらから(今来た道を)行く方が良さそう。

 

Kodou109                     .
ここからは目配山への登山道。
歩きやすいし、心地いい。
                       .Kodou110                                             .
頂上~!は、奥の一本木の辺り。
手前のは「神功皇后腰掛け石」。
                       .Kodou111                                               .
頂上~!
ちょっとガスってるが、最高の天気。
ここでお昼休憩。
                     .Kodou112                                                       .
筑後平野が見渡せる。

神功皇后は、ここから羽白熊鷲の本拠地、秋月に「目を配った」という。

しかし、今よりも木がなかったとしても、それは方向的に難しい。


Mekubari10
(地図はYAMAP*右図、拡大
矢印の先が秋月)

目配山の前には、さらに標高がある長谷山があるのだ。

 

では、ここへ来たのは「その時」ではないということになる。
彼らは、筑紫の神。
以降、何度も訪れることができたのだから。

                  *


「大神山」よりも、確かに奈良の「三輪山」が神の御魂がある山。

しかし彼らは「筑紫神」。
後に大和へは戻っていない。

神として、大和に祀られたのだと推測している。
大和で生きた時もあった縁ある神なのだから。


この後、北(反対の)の登山口へと降り、林道を5キロ歩いて下に着いた。
                        .Kodou115                      .
車を置いてある砥上神社へ。
あれが砥上岳。
                 .Kodou116                                              .
砥上神社に戻ったのが15時半。
                         .Kodou117

 

                                                            .Kodou119                                                           .
Sがスタート地点の「砥上神社」→分岐近くが「松峡(栗田)八幡宮」→
半時周りに、右下が「大己貴神社」→そこから赤の二重丸までが「大神山」→
北に登って「目配山」→交点からスタート地点へ

総距離22.2キロ。4時間59分かかった。

 

大神山、祠か磐座があるならぐるぐる回って探してみたい。

次回は、大己貴神社から秋月へ向かう。

(つづく)

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

                 

 

« 栗田八幡宮(松峡八幡神社) ~神功皇后行軍路 6~  | トップページ | 下渕老松神社 ~神功皇后行軍路 8~  »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大己貴神社と大神山と目配山 ~神功皇后行軍路 7~ :

« 栗田八幡宮(松峡八幡神社) ~神功皇后行軍路 6~  | トップページ | 下渕老松神社 ~神功皇后行軍路 8~  »