ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 大根地神社と大根地山 ~神功皇后行軍路 1~ | トップページ | 冷水峠の羽白熊鷲 前編 ~神功皇后行軍路 3~  »

2019年2月11日 (月)

砥上岳と砥上神社 ~神功皇后行軍路 2~ 

 ( 前回 のつづき )

大根地山から長崎街道を南に下ってきた。
そこから77号線を東に歩く。

遠くに見えるのが砥上岳。
                                      .Kodou31                         .
多分、高い方。
                           .                      Kodou32                                               .
大根地山の前の鳥居から、1時間半で砥上岳の前にある「日吉池」に着いた。
神功皇后の軍が剣を砥いだという池。
                       .Kodou33                                              .
砥上神社。

 

(「砥上岳 1 ~砥上神社~」前の記事)
                        .

 

Kodou34                                              .
表から。

 

Kodou35                     .
御祭神は、ご祭神 神功皇后
     八幡大神
     住吉大神(表筒男命・中筒男命・底筒男命)
                 .Kodou36                    .
神功皇后の絵がある。
前にいるのは武内宿禰。

 

彼は高良神と同神である。

この後、登って行く。
(前回登った時の記事「砥上岳 2 ~神功皇后の史跡~」)
                        .Kodou40                                                 .
苔むした石畳の道が少しある。
                        .                                                    .Kodou41                                
この山もとても身重では登れない。
彼女は身重では無かったのだ。 


Kodou45                   
神功皇后が乗った馬が付けたという「ひづめ石」。

 

Kodou48                 
「みそぎ原(はる)」
神功皇后が禊をしたとされている
反対側から。
左奥に小さな川がある。

 

Kodou49                    .
「さやん神」
困ったような顔の神さんがかわいい。

 

頂上近くには巨大な「兜岩」があり、神功皇后が三韓征伐の折りに被っていたとされているが、それはこの山の由緒の神を示すもの。
                   .Kodou64                                                
頂上の武宮。
神功皇后が武甕槌神を祀ったとある。

だが、武御雷神は鹿島、春日神と同神。
神秘書で高良神と同神とある。


彼は神功皇后と共に異類を退治している。

ならば彼も、一緒にこの場所に来てたはずだ。 


                Kodou51                                          .
奥にあるのは神功皇后の像かな。                                          .
石なのに鏡のように反射してる。
                    .Kodou52                        .
砥上岳山頂。Kodou53                        .
南の筑紫平野。
初めて来た時は曇ってたので、晴れて良かった!
                       .

 

Kodou55                                                 .
南東方向。
奥に見える山々は、耳納連山。久留米の高野山が西端にある。
縦走してみたいなぁ!
ロードが17キロあるらしく、登山靴じゃ辛いかな。

北側の登山道から下山。

 

Kodou56                    .
結構、急ですが20分くらいで麓まで降りられる。
                         .Kodou58                                               .
元のスタート地点までロードを2.4キロ。
大根地山が見えた。                             .

 

Kodou59_2

スタート位置の冷水峠まで戻った。                      

15時、戻ってきた~

Jingu03 (地図はYAMAP)                     

戻って19キロ。
休憩1時間弱込みで、6時間16分。

 

神功皇后は、「S」のスタート位置から、大根地山へ。
そこで神事をして神々を下ろし、
南に下り、砥上岳へ。

その後、ピストンで麓まで戻っただろう。
(砥上岳往復だけで8キロ、3時間)

この間だけで、20キロある。

 

しかも自分は相当早い方なので、標準(行軍など率いてたら)プラス3時間はかかるはず。
当時は(当たり前だが)車道も無い。

それを加味すると、10時間以上はかかるのではないだろうか。
この区間だけで半日かかるのだ。

また、神事やみそぎなどしてては、さらに時間はかかっただろう。

 

 

ならば。

冷水峠に出た「羽白熊鷲」と秋月に出たというそれは、別だと考えた方がいいだろう。

冷水峠でそれを退治して、更に秋月に向かったのだ。


では。

”羽白熊鷲が出た場所”
それは冷水峠のどこになる?

 

悪神は、祟らないように、近くの場所で必ず祀られるものなのだ。

 

( つづく )  

« 大根地神社と大根地山 ~神功皇后行軍路 1~ | トップページ | 冷水峠の羽白熊鷲 前編 ~神功皇后行軍路 3~  »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 砥上岳と砥上神社 ~神功皇后行軍路 2~ :

« 大根地神社と大根地山 ~神功皇后行軍路 1~ | トップページ | 冷水峠の羽白熊鷲 前編 ~神功皇后行軍路 3~  »