ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 魂須霊 2 ~九州王朝の女王と饒速日命~ | トップページ | 魂須霊 4 筑後の饒速日命 »

2019年5月23日 (木)

魂須霊 3 ~高良玉垂神と息長垂姫の名の意味~

( つづき )


「応神天皇」

応神天皇についての記述が新選姓氏録にあります。

真人は是、皇別の上氏なり”
天皇の姓は”真氏”
真氏の筆頭は息長真人(オキナガノマヒト)であり、
”誉田(ホムタ)天皇より出づ”

ホムタワケは応神です。
応神が初めの天皇だというのです。

息長は神功皇后の名にもあります。
息長足姫、または、息長垂姫。
タラシは垂、高良玉垂の神の姫(妃)を表します。

・・・神功皇后が高良の神の妃ならば、息長垂姫という名は偶然ではありえません。
応神はおそらく二人いたのです。
彼女の子と、その父である高良の神(住吉神)です。

ここに来て、様々なことが繋がりました。

                         *

高良山周辺は、物部氏の拠点でした。
そこに物部氏は祖神を祀りました。
                                                                                 .
Koura460                                                                                     .
それが高良の神である住吉神です。

また、高良玉垂宮神秘書には、住吉は「人となり、物部を名乗った」ともありますので、
かの神は間違いなく物部の祖である者。
饒速日命です。

その神は筑紫神であり、高良の神と同神とされる住吉、八幡、加茂、春日、日吉、猿田彦神、天御中主神、天照、大物主神、歳神・・・様々な名を持ちます。
彼を祀る子孫達が地方へ広まり、名を変えて、その地で祀っていったのです。

もう一人の物部氏の祖神がいます。
饒速日命の妃とされる三炊屋(ミカシヤ)姫です。
(物部氏は、饒速日命とミカシヤ姫の子、ウマシマジの子孫です)
彼女は大和に東遷してきた饒速日命と出会い夫婦となり、
一緒に北部九州へと移りました。

彼女の名一つは「ヒミカ・日甕」。
その名は饒速日命と対になる名です。
饒速日命は天照国照彦天火明櫛玉饒速日命、またの名を、櫛甕玉比古・櫛玉比古。
ミカシヤ姫は櫛甕玉姫であり、櫛玉姫としても祀られています。
        (「櫛玉比女命神社 ~奈良県~」)

日の神の巫女でもあるので「日甕」。
(甕は神への供え物を入れる容器の意味)
        (「高良の神と日甕」)

基山や筑前風土記の伝承に、甕依姫として名が残り、
高良の神と共にイルヰを退治しています。
(ミカシヤ姫は神道では玉依姫(神の魂の依り代)の一人とされています)

彼らは、饒速日命が「住吉神」、ミカシヤ姫が「神功皇后」として、伝承に名を残されました。

八幡神は、神功皇后の子・応神天皇とされていますが、高良大社でも住吉・高良の神と同神です。
宇佐の伝承に「八幡の神は饒速日」と名乗ったともあります。
応神という名は、饒速日とその子、少なくとも二代継いだのです。

                *

気になったあの神社とその周辺に行ってみました。


( つづく )

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

                         

 

« 魂須霊 2 ~九州王朝の女王と饒速日命~ | トップページ | 魂須霊 4 筑後の饒速日命 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 魂須霊 2 ~九州王朝の女王と饒速日命~ | トップページ | 魂須霊 4 筑後の饒速日命 »