ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 魂須霊 6 ~物部の祖神 * 饒速日命~ | トップページ | 三島神社 ~福岡県三潴郡~ »

2019年6月12日 (水)

風浪宮*神功皇后伝承と安曇磯良神 ~福岡県大川市~

風浪宮。

福岡県大川市。
ここは神功皇后が三韓征伐から帰国した際、最初に建てられた宮。
                                                  .Hurou09                                                                       .                       

  Hurou06

ご祭神は、住吉大神、息長足姫命、少童命、高良玉垂命
                                         .Hurou01

                                                                           .
建築の街、大川市というだけあって、組子の巨大な絵馬が奉納されていた。
                                    .

Hurou02

                                                                    .
拝殿。

Hurou07
                                             .
神紋は、州浜紋。
太陽と月と星を表す。

Huurou03

                                                                           .
拝殿にある阿雲磯良丸の像。
阿曇磯良丸は阿曇氏の祖先とされていた。

Hurou08

                                                                            .
阿雲磯良丸(あづみいそらまる)は、高良玉垂宮の伝承では、安曇磯良神(アントンイソラシン)。
高良大社の神職さんは、「神功皇后の船の舳先に立ち、彼女を守った神であり、住吉神でもある」とおっしゃった。

高良の伝承、高良玉垂宮神秘書では、彼こそ高良神であり、住吉神。
また物部の祖神である饒速日命であった。

☆→高良垂宮神秘書 2 ~高良神は物部の祖神~)アメブロの記事


高良神は神功皇后と夫婦である。
彼女は饒速日命の后の御炊屋姫なのだ。

☆→神*総まとめ

彼女は市杵島姫=宗像神。
彼と共に、筑紫の神。
                                          .

Hurou03

                                                                                    .
こちらの由緒書きには、住吉大神、息長垂姫命(神功皇后)、少童命(わたつみのみこと)、高良玉垂命。

福岡の志賀島にある志賀神社や、長野県安曇野市にある穂高神社と同族とある。

安曇氏、阿曇氏、安積氏は、こちらから広まっていったのだ。
あづみは”わたつみ”が詰まったもので、元は海洋族。
と思いましたら、長野県神社庁の穂高神社のHPにもそうあった。  (「穂高神社」
思っているより、古代の交流は広い。

住吉神(高良神)は月神でもある。
二つの珠を使い、海の満ち引きを操る。

その高良神が饒速日命であるなら、彼は天照神(日神)でもある。
神紋がそれを伝えているようだ。



 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

 

 

« 魂須霊 6 ~物部の祖神 * 饒速日命~ | トップページ | 三島神社 ~福岡県三潴郡~ »

コメント

お久しぶりです。
いつも、拝読させていただいております。
大川市は、今は亡き父の転勤先でしたので、学生の頃の
帰省先でした。
風浪宮は、冬休みには、大みそかに参詣した神社で、
懐かしく拝読しました。
それから、住吉神社は、関東ではあまり聞かない神社です
が、徳川家康が、大阪の佃島の漁師を、江戸湾の漁に、
呼び寄せて、隅田川の河口近くの地?というより海域を
与えて、そこに、土を盛って住んだのが、中央区の佃島だ
そうです。
いつか訪ねたとき、海岸すれすれに、紅い鳥居があり、
その参道の先に、住吉神社がありました。いつか、上京
されたときには、お訪ねください。
”佃煮”もそこで、生まれたそうで、老舗の佃煮屋さんが
ありました。
梅雨の候、お元気でご活躍してください。

しらこばとさん、こんばんは(*^^*)

この日、大川市界隈を神社を求めて放浪しました。
とっても素敵なとこでした。
風浪宮もお気に入りになりました^^

佃煮が大阪の佃島からきているとは知らなかったです。
そうやって信仰心が広まっていたのですね。
神が側にあると安心できる気持ちが分かります。
上京したら佃島の住吉さんも行ってみます^^
いつもありがとうございます。

しらこばとさんもお元気で ^^


「今晩は」
垢抜けした(アッ、怒られる)たたずまい。
宮と名乗るは 皇室ゆかり、ハハー控えます。
罰が当たらないうちに 退きます。

アットマンさん、こんばんは(*^^*)

香椎宮、太祖宮、宇佐神宮…
こちらには数えきれないぐらいの宮がありますね
ほとんど神功皇后関連なのですが、
彼女が祀られる神社の全てが「宮」でもないのです。
社の大きでも、創建の古さが基準でもなさそうですし。
由緒かな。

はっ!そう言えば、大善寺玉垂宮は
表向き神功皇后が祀られてないのに「宮」でした。
高良大社の元宮とも言われてます。
やはり高良の神も「そう」だったのかもしれません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 魂須霊 6 ~物部の祖神 * 饒速日命~ | トップページ | 三島神社 ~福岡県三潴郡~ »