ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« テント担いで成竹山。 | トップページ | 卑弥呼の墓 候補地 その1 ~祇園山古墳~ »

2019年10月 6日 (日)

シュスランを探して

シュスランが咲いていると聞いて、福岡県那珂川市の九千部山へ。

去年の大雨で崩壊してしまった桜谷から。
その後、随分と通れるようになっていました。

Syusuran03
九千部山から九州自然歩道になり、歩きやすい縦走路が続きます。
シュスランはその縦走路にもあるとのこと。
探しながら歩きましたが、一向に分からず。Syusuran01

もう一つ見たかった銀竜草に会いました。
春にしか見られないと思っていた、別名「幽霊草」。
これでも菌類だそうです。

Syusuran12

Syusuran05

石谷山山頂。
九千部山から花を探しながら1時間。
この辺りにあると聞いてたのに、全く分からず。

次の日、もう一度リベンジしました。

二日目。
再び、石谷山山頂。
探しても全く分からず。
ふと、2,3センチくらいなんじゃ?と、しゃがんでみました。

あった!

Syusuran06

まるで「アハ体験」!

5,6センチほどでした。
こんな小さかったのかぁ!

Syusuran07
この周辺にあります。
分かりますか?^^:
Syusuran08

可愛い~。
アップで撮ってみました。

山に咲く花は大抵、限られた場所でないと咲かないので、他のとこに移してもだめですよ。

Syusuran09

花を探すより、この葉っぱを探した方が分かりやすいです。

Syusuran10
小さくても蘭ですねぇ。

シュスランは「繻子蘭」。
昔、「ぼくの地球を守って」という漫画のキャラの名前の一つ。
この花だけ、見たことがなかったのです。
特に思い入れの深いその漫画。

作者さん、よくこんな小さな花の名を、と感動しました。

Syusuran13

ちなみにこちらが「ヨメナ(嫁菜)」
キク科シオン属。
紫苑に似ている花です。

Syusuran11

こちらがツリフネソウ。

Syusuran02
ピンクの曼殊沙華もありました。
あまり花に興味がなかったのですが、山に咲くのは特別。
帰ってから調べて、山で会えると旧友に会えた気持ちになれます。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

 

« テント担いで成竹山。 | トップページ | 卑弥呼の墓 候補地 その1 ~祇園山古墳~ »

コメント

こんばんわ・・・
シュスランとは初めて聞く花でした。
小さくて可愛い花ですね~
この花は九千部山だけなんでしょうか・・・

でんでん大将さん、こんにちは(*^^*)

福岡では、「花の井原山」と言われている井原山や、福知山にあるそうです。
把握してませんが、他の低い山にもあるかもしれません。
調べてみましたら、中部地方~九州の常緑樹林の中で咲くとのこと。

シュスランによく似ている花で「アケボノシュスラン(曙繻子蘭)」という
花があります。 (井原山にも咲いてます)
こちらの花は、北海道から奄美大島まで広く分布しているそうです。

「福島・四季・彩々・Part、50・晩夏」というサイトに
福島のアケボノシュスランについて記載がありました。

https://4travel.jp/travelogue/11042202

アケボノシュスランもかわいいですね~。
井原山に見に行こうかな^^

色々な種類の繻子蘭もあるようです。

こんばんは!
シュスランっていうのですか。
九州の山にもこんな可憐な花が咲くのですねぇ・・・。
しかし、有名になったら花好きに盗まれてしまいそうですね。

FUJIKAZEさん、こんばんは(*^^*)

可愛いですよね~^^
春先に背振を分割縦走した時に金山辺りを通ったのですが、
ショウジョウバカマ(猩々袴)という花の群生にも会いました。
YAMAPでも山の花を専門に撮ってる方がいまして、
その種類の多さに驚いています。

シュスランも、ごく珍しい花でも無い様なので、
場所を公開してても問題はないようです。
しかもあまりにも小さいのでちゃんと場所が分かってないと、
うろうろして踏みつけてしまいますね^^;;

低山に咲く花でも珍しくて盗まれたりする花もあるそうなので、
そういう花は、YAMAPの人たちの間ではお互い声を掛け合って
非公開にしているようです。
山ナビのありがたいとこです。

石谷も九千部も井原山も低山ですが、普段登ってないと来れないような山。
後はその人の良心の問題ですね^^

山中のごく限られた場所にしか咲かない花。
どこかへ移動させても根付くことはないのにと思いますね(> <)

自分で花に会いに行くのも山へ登る楽しみの一つ。
ほとんどの人がそう思ってくれてると思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« テント担いで成竹山。 | トップページ | 卑弥呼の墓 候補地 その1 ~祇園山古墳~ »