ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 卑弥呼の墓 その2 ~祇園の神~ | トップページ | 卑弥呼の墓 その4 ~交錯する時代~ »

2019年10月19日 (土)

卑弥呼の墓 その3 ~ 高良神と饒速日命~

(「卑弥呼の墓 その2 ~祇園の神~」  つづき )


高良の神とは何者なのか。
たどり着いたのは、饒速日命でした。
(「神の鉾 4 ~天照の分御霊(わけみたま)~」)

高良玉垂神と、饒速日神。

書く度に二柱の共通点が出てきます。


* 高良神(磯良神)の満珠・干珠という海の満ち引きを操る二つの珠。
  饒速日命の十種宝神宝の「生玉・死返玉」という二つの珠。


* 高良神(磯良神)は、月神。
  (「神の鉾 2 ~高良玉垂宮神秘書~」)

  (「神の鉾 4 ~天照の分御霊(わけみたま)~」)
  (高良神が持つ二つの珠が海の満ち引きを操る=月の作用と同じ=月神)

  饒速日命は、月神であり日神
  (「二つの伝承 9 ~日の神 と 月の神~」) 
   伊勢の外宮のご祭神は、籠神社から来た月神。

   籠神社の神は、月神であり、磯神と呼ばれていた。
   そして「潮満玉と潮干玉」を有していた、と。
   (京都、籠神社のご祭神は天火明命=饒速日命)

   また、<伊勢はもともと「磯宮」と呼ばれていた>ことから、
   伊勢の神=天照が磯神

      天火明命、饒速日命、磯神、月神、海を操る二つの珠、伊勢、磯宮、天照。

  それらが、籠神社で繋がりました。


*奈良の石上神宮は、ご祭神が布留神である饒速日命です。
 
 饒速日命が石上神宮の神・いそのかみなら、
 磯良神(高良神)がいそのかみと呼ばれてきたことは自然。

 良(ラ)とは、光、神の意味、本来は磯神。
  (「日本の真相 17 ~安曇磯良神の名の意味~」)


*高良の地は物部氏の領地だった。
 彼らの祖神、饒速日神。

 石上神宮は、物部氏の祖神・饒速日命(布留神)がご祭神。

 

*筑紫(福岡)における饒速日命が祀られているとされる社に、
 彼と同神とする住吉神、八幡大神、春日大神、などが一緒に祀られている。
   (「日本の真相 19 ~神・饒速日命の名~」)

*饒速日命の本地仏(神仏習合の際の仏の姿)は、十一面観音とされます。
 かの神が祀られている三輪山の大神神社。
 その社の側の堂に、元々、十一面観音があったそうです。
 饒速日命の面影を映したとされるその仏像は、後に聖林寺に移されました。

 高良玉垂宮の本地仏も、十一面観音。
 高良大社の社の側にあり、神仏分離の際、麓の寺へ移したそうです。


*饒速日神は、住吉神。
 大嘗祭から繋がりました。
 さらに饒速日命=天照です。 
  (「大嘗祭 と 住吉神 と ニギハヤヒ ~その1~」)

 久留米の伊勢天照御祖神社のご祭神が、饒速日命。
 (高良大社の参道にもある)
 
 伊勢の神が磯神と呼ばれ、京都・籠神社から来た月神(天火明命)でもあるのなら、
 ここにあるのは偶然では無い。
 (高良神=月神=磯良神=饒速日命)

 
*日吉神社と日吉大社の神

 日吉大社の元宮の一つ、福岡県那珂川市の日吉神社。
   最澄がここの神を日吉大社へと勧請しました。
  (「結びの山 ~その14 日吉の神とニギハヤヒ命~」)

 日吉神社の神は、地元の人は猿田彦神だと通っていますが、
 正式には大己貴命。
  (「日吉の神は大己貴神 ~那珂川市 日吉神社~」)

 日吉大社の二つの社の神は同じだとあり、
 猿田彦神と三輪山の大神神社から勧請した大己貴命は同じ神。

 大神神社の大己貴命は、饒速日命。
 日吉神社の神は、かの神なのです。

 そのすぐ側には、猫岳という小さな山があり、高良神の若い頃の城が
 あったという伝承もあります。

 
*現人神の誕生地

 那珂川には現人神社があります。
 住吉神社の元宮とされています。
 (この地には、元宮が二つあるのです)

  (「那珂川は饒速日命(天照・住吉・高良の神)の生誕地」)

 那珂川の地は、伝承の「みそぎの地」であり、
 そのみそぎで生まれた神が住吉神なのです。
  (これは、住吉神がここで生まれたことを表しています)

 住吉神が饒速日命なら、「猫岳の高良の神」は偶然ではありません。

           *

高良神が住吉神で間違いなさそうです。
磯良神であり、石上神宮の神、饒速日命。 
彼は、伊勢の神、天照。

           *

では、彼が饒速日命ならば・・・。

その社の麓に眠る、社の関係者によって守られてきた墓は、
高良神にとっても大切な人のはず。


(つづく)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

 

 

« 卑弥呼の墓 その2 ~祇園の神~ | トップページ | 卑弥呼の墓 その4 ~交錯する時代~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 卑弥呼の墓 その2 ~祇園の神~ | トップページ | 卑弥呼の墓 その4 ~交錯する時代~ »