ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 卑弥呼の墓 その5 ~卑弥呼の鏡~ | トップページ | テン泊*自宅to宝満山*オリオン座流星群 その2 »

2019年11月 6日 (水)

テン泊*自宅to宝満山*オリオン座流星群 その1

宝満山に泊まりたい。
登拝の行きつく先は、泊まって山を感じること。

いよいよ、テン泊です!

登拝なら一度は家から歩こうと、テン泊ザック背負って出発。

Google先生によると13キロ3時間。
それなら背振山地の峠から初めのバス停までと距離が変わらない。

15時。ほぼ時間通りに宝満山の麓の竈門神社に到着しました。

Tenpaku01
紅葉はまだまだです。
行ってきます!

Tenpaku02
宝満山はほぼ石段。
さすがに重い。辛い。
いつもなら1時間半弱で上がるのに、2時間かかりました。

登り始めるには遅い時間なので、すれ違う方々が
「今から?大丈夫?」
と声をかけてくださいます。

「テン泊です!」
「おお~!がんばってね!」
こういう触れ合いも宝満山の大好きなとこの一つ。

Tenpaku06
ボロボロになりながらも頂上~~!
17時。夕焼けに間に合いました。

Tenpaku05

泊まるか、真っ暗な中下山する覚悟で登らないとみられない光景。

Tenpaku04
誰もいない頂上。
綺麗だなぁ。
いつもこの光景を見てるのね。

Tenpaku07

黄砂のせいで少し霞んでます。

Tenpaku03

頂上の岩。
キャンプセンターへ、少し下ります。

Tenpaku08

ここも誰もいません。
独り占め^^

Tenpaku09

30分ほどで張りました。
なかなか快適。

22時頃、風が強くなりだして、テントを畳み小屋へ移動。
後は小屋泊になりました。

小屋は出入り自由。
泊まり500円、休憩のみ50円。
土日のみ管理人さんがいて、テント張る時は声をかけてとのこと。

いざって時、小屋に入れるっていう安心感は有難いです。


3時頃、オリオン座流星群のピークというので、外に出てしばらく夜空を眺めました。
30分程で火球を含め2個。

満足~!

寒かったので中に入りました。
誰もいない小屋。
一人っきりなので、お湯沸かしてコーヒー飲んだりまったりしてました。

5時半頃、頂上の上宮の辺りでチラチラと光が。
ヘッデンだ。
やっぱり上で見よう!

荷物をまとめ、全部背負って上宮へ。

頂上から朝日が見たい。

 

(つづく)

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

« 卑弥呼の墓 その5 ~卑弥呼の鏡~ | トップページ | テン泊*自宅to宝満山*オリオン座流星群 その2 »

コメント

こんばんは・・・
この時期にテント泊りなどこちらでは考えられません。紅葉はもう落葉へと移り、山は白くなっています。やはり南と北では随分と季節が違うようですね・・・
それにしても立派な山頂の神社ですね・・・

でんでん大将さん、こんにちは^^

もうそちらは寒そうですね。
紅葉はくじゅうなどの高山はそろそろ終わりのようですが、
福岡の山は見ごろのようです。
テン泊が好きな人は雪が降ってもするそうですよ(^O^;;

宝満山は霊山として昔から国家的祭祀が行われてきたそうです。
今でも霊山は変わらないようです^^

こんばんは!
おぉ、やりましたね、宝満山でテン泊。
でも、せっかくテント持って行ったのだから、テントに泊まんなきゃぁね。
しかし、ここが郷里の英雄である立花宗茂公が生まれた城址なんですね。
登ってみたいなぁ・・・。
神社辺りが本丸なのかな。
何か案内板がありましたか?

FUJIKAZEさん、こんにちは^^

この後、どんどんひどくなって爆風でした^^;
小屋に入ってよかったです。

案内板とかはないですねぇ。
ただキャンプセンターのとこが城址だと聞いたことがあります。
立派な石垣がありますしね。

上宮のある頂上は、昔から祭祀場だったようで、
城跡はなさそうです^^

いやあー、テン泊とても楽しそうです。
コーヒー飲んで、まったりと過ごしたいものです。
読書なんかも良いですね。 ← と言いつつ、絶対にやらなそう
テントでゴロンとしながら星空を見る。最高の贅沢ですよ。

私はテントを買ってから何年経つでしょう。まだ未使用です。(;^_^A
今にね、天の川が見える山にテン泊するのです。何年か後にね。

ハルさん、こんばんは^^

テントで横になりながら星を見るって、実際はなかなか難しそうですね!
夏は虫が入るし、秋~冬はシュラフごと結露しちゃいそうだし?^^;
と最近気づきました。
夏に観察会で流星群見た時は、テントの外にシートを敷いて
その上でシュラフの中に入って見てました。
夏しかできませんね(^O^;;

うちの近辺で天の川が見られるテン場はくじゅうくらいかな~と、
先日テント小屋のおじさん達が言ってましたね。
遠~い!
いつか天の川を見てみたいですね~!(*^^*)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 卑弥呼の墓 その5 ~卑弥呼の鏡~ | トップページ | テン泊*自宅to宝満山*オリオン座流星群 その2 »