ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 宝満山*テン泊2回目 その1 | トップページ | 3回目の英彦山 その1 ~てあて~ »

2019年11月13日 (水)

宝満山*テン泊2回目 その2

( つづき )

3時頃、数人の声で目が覚めました。
テントから出てみると管理人さん方。

上宮の辺りで、盛大に火を燃やしてると。

確かに大きな光が見えました。
「何をやってるんですかね?」
と話をしていたら、管理人さんが、
「あれは、護摩壇じゃないかな。前にも一度あった」
翌朝行くと、お酒とお供え用のお餅が等間隔で並べられていたそうです。

「行って見たいのですが!」
「いや~、やめた方がいいよ~密教なら人に見られちゃだめじゃないの?」と。

と、行くのを止められ我慢。(そうなの?)
護摩行ならお邪魔ですね。

しばらくの間、その火に見入ってました。
と、何かが見えた(頭の中で)ような気がしたのですがよく分からず。
こういう時の答えは、いつか分かるかもしれないのでそのままに。

その後、ふっと明かりが消え、ヘッデンの明かりが10個ほどチラチラと見えました。
まだ朝日目当ての早朝組は登ってこない時間です。

ここは宝満山。
今でも祈りが生きてる場所なんですね。



翌朝。上宮へ。
見事な曇り!Tenpaku213
やっぱり、先日の朝日は稀なことなんですね。

Tenpaku215

東側。
右下が大根地神社がある大根地山です。Tenpaku217

キャンプセンターに下りてきました。

昨夜、靄っているあの上の上宮で火が灯されていました。
でも頂上にはそんな跡も無く。
綺麗にされて行かれたようです。

頂上で会ったご家族が、裏(キャンプセンター)から下りて行きたいと言われるので、
女道への分岐点まで案内。
そこはまっすぐ行けば、正面道へ出られる分岐点。

登山経験が無いのに、地図なし、GPSアプリなし、方位磁石なし、(多分下調べなし)で
気軽に山に来られるのはさすがに危ないと思います。
最近、気が付きましたが、結構こういう方おられます。
宝満山のような福岡で一番の人気の山でも、登山道は無数にあり、遭難事故は起こっています。

予定より2時間遅れて下山。
Tenpaku219

正面道を下りて、麓の竈門神社へ。

Tenpaku220

ご挨拶。
ここで会った方が近所の方らしく、
「テン泊?」と声をかけてくださってしばらくお話。
宝満山は雪のテン泊もいいよ~と。
結構な人がテント張るそうです!
雪もありですね^^

その時は昭和の森からかなぁ。
石段が凍ると怖い。
Tenpaku221

ほのかに色づいていました。
宝満山の紅葉はこれからです。

この後、車をデポした昭和の森まで車道を7キロ歩いて戻りました。
素敵な夜をありがとう!

また何度も来ます!

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

« 宝満山*テン泊2回目 その1 | トップページ | 3回目の英彦山 その1 ~てあて~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 宝満山*テン泊2回目 その1 | トップページ | 3回目の英彦山 その1 ~てあて~ »