ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月30日 (木)

嘉穂アルプス 縦走 ~羽白熊鷲の山 2~

( つづき )

馬見山山頂までたどり着きました。
ここには、出来たばかりの避難小屋があります。

Dsc_0254
ここに来たかった理由の一つ。
古処山山頂で、偶然ここを建てられた方のお一人にお会いして、お話をしてたので
感慨もひとしお。

Dsc_0256
中はとても立派です。
靴のまま入れる机のコーナーが手前にあります。

Dsc_0257
この時点で13時。
お昼にしました。
なかなか良い感じの小屋です。
福岡は低山ばかりなので、こんな小屋自体少ないのです。

と、登り始めた頃にグループで一緒になった人に、偶然再会。
ぜんざいを頂いたりして話し込みました。

気づくと14時近く。
バスが15時48分。
普通に歩いて2時間半以上の距離です。

お別れして、ここから急ぎました。
ピストンする人はここから古処山へと戻ります。

Dsc_0267
ここまで来て良かった~。

Dsc_0269
縦走してきた山々です。
この後、林道を走って下山。

始発の小石原に停まっていたバスに乗り込んだのが、15時47分。
ギリギリでした。
これを逃すと2時間後のバスしかありません。

Dsc_0275
お正月に、那珂川の現人神社で頂いた「健脚守り」。
こうまでしても山に登りたいんですね~^^;

小石原から、杷木で乗り換え、朝倉の甘木へ。
「裁判所前」甘木簡易裁判所の近くのバス停で降りて10分。

Dsc_0280

車をデポした甘木公園に着いたのが、18時近く。
家に着いたのは19時でした。

古処山(こしょざん)は嘉穂アルプスの西端。
福岡県朝倉市秋月。
羽白熊鷲が住まわった山です。

神功皇后は冷水峠の「羽白熊鷲」を退治した後、こちらに向かいました。
”それ”は一族の名称でも個人名でも無かったのではないか?
そう思っているのです。

Dsc_0204_20200124205401

こちらは東が右の案内板。

ほぼ真ん中の下の方にある赤い印が、古処山の登山口。
そこから東へ縦走しました。

西側、看板の上部左端が先日の冷水峠。
神功皇后の軍はそこから繋がる道(上の地図の赤線)を通らずに一旦南に下って、
大回りをしてここまで来たようです。

その後、私が車を停めた今の甘木公園の中で退治したと伝わってますが、
社などはないのです。

(「神功皇后行軍路① ~大根地山から砥上岳 その2~」)

(「神功皇后行軍路 ③ 砥上~栗田八幡宮~目配山周回 その1」)

(「神功皇后行軍路 ④ 大己貴神社~目配山~秋月へ その1」)

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

 

2020年1月28日 (火)

嘉穂アルプス 縦走 ~羽白熊鷲の山 1~

嘉穂アルプスとは福岡県の東西に連なる山脈の一つです。
西側は以前、縦走した背振山系。

アルプスの言葉でイメージされる程急峻ではないですが、地元の山人からはこう呼ばれてます。

西端の古処山から登りました。
古処山は、神功皇后が退治した、羽白熊鷲の拠点があったとされる山です。

Screenshot_20200124203459 
ここを縦走する人は少ないのです。
縦走最後の山の馬見山の登山口が小石原という場所にあり、交通に不便なのです。
馬見まで行ってピストンか、数人で行って小石原に車をデポしてくるか。

どうしても最後までソロで縦走したかったので、帰りをバスにしました。
車は帰りのバス停に近い、朝倉市の甘木公園にデポ。
上の地図のスタート地点です。
そこで6時40分。

そこから約2時間、9キロ歩いて古処山登山口へ。

Dsc_0194
奥に見える山の右奥に古処山があります。Dsc_0203

秋月は、「荒城の月」のモデルになった秋月城の城下町です。

Dsc_0210

しばらく川沿いを歩きます。

Dsc_0226
途中、少し迷いました。
所々に石仏があります。

Dsc_0228

古処山頂上。
1時間半ほどで着きました。
迷わなければ1時間ちょい。
Dsc_0234

この辺りの山には城跡もあったりしますが、古処山頂上辺りは痕跡もありません。

縦走路は歩きやすいです。Dsc_0239
屏山山頂。
古処山から1時間弱でした。

Dsc_0240
展望がいいです。
一日曇りの予報だったのに晴れてました。

Dsc_0243

江川岳山頂到着。
屏山から25分ほど。

Dsc_0246

途中、筑前茅城跡を通りました。
痕跡はありません。

Dsc_0248_20200124175801
山城跡っぽい段差。

Dsc_0252_20200124180001

馬見山山頂!
江川岳から1時間10分ほどでした。Dsc_0250_20200124175901

眺め最高です!
Dsc_0253
(クリックすると大きくなります)

この地図は、東西逆になってます。
右上の「朝倉市街へ」の方から歩いてきて。
古処山登山口から登り、
赤の現在地が、馬見山山頂。

この後、赤線の左の端、嘉麻峠を通って、小石原の町に下ります。


( つづく )

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

 

 

2020年1月26日 (日)

大根地山山系 周回 ~神功皇后の軌跡 2~

前回の続き)

神社から頂上まで10分ほど。

Dsc_0138大根地山頂上。
写真中央、奥に見える山の下から縦走してきました。

ここで神功皇后が天神地神を祀り、舞を舞ったと伝えられてます。

神々を召喚し、この山に祀る為。
羽白熊鷲を鎮める為。

だから、今でも山頂近くに神社があるのでしょう。
大根地山は、大いなる根(神)のおられる山。


少し休憩して下山。

Dsc_0147
麓の鳥居の帽子をかぶったお狐さん。
以前の記事にはなかったですね!

ここから冷水峠へ。
シーボルトも通ったという長崎街道です。
Dsc_0159

前に冷水峠を歩いた時、聞こえた「いつきしまひめ」の名。
その名は市杵嶋姫(斎島姫)、星の神を祀る者のことでした。
(「冷水峠の羽白熊鷲 ~その3 * 声~」)

ですが大根地山に祀られているのは、稲荷神。
御祭神は須佐之男命と大市姫です。

稲荷神なら、大歳の神、饒速日命では?
と思っていたのですが、その声を聴いて確信しました。

市杵嶋姫は籠神社では、天火明命の后とされています。
天火明命が饒速日命であり、ここの稲荷神が本来は彼であるなら、
辻褄が合います。

それは、饒速日命とその后が、ここの羽白熊鷲を退治したことの証になるのでは?
(スサノオでは意味が通りません)

冷水峠を出ると内田宿です。

Dsc_0167

老松神社です。
(「冷水峠の羽白熊鷲~その2 * 老松神社~」)

他に天満神社(菅原神)
須賀神社(素盞鳴尊、大国主、事代主神)
松尾神社(大宮貴)
猿田彦神(興玉神)
稲荷神(宇賀魂命)
大日社(大日孁命)

ここに祀られている神々の名を見ても。

羽白熊鷲を追い詰め退治したと言われてる場所は、

ここではないでしょうか。

だからここにお社がある。

 

Dsc_0172

この後、車を置いた元の場所まで歩いて戻りました。Screenshot_20200123154431

活動時間約7時間。
距離約18キロ。

青線が今回歩いた軌跡です。
その左横に見える黄線が、米ノ山峠。
神功皇后は、米ノ山峠を通って大根地山へ。
そこから赤い軌跡を通り、大根地山頂上へ。
ここで神々を祀りました。
その後、冷水峠の羽白熊鷲を退治したのでは、と思われます。

冷水峠は今でこそ、長崎街道を通っても歩きやすいですが、昔は「九州の箱根」と言われた程の難所。

車道の旧道(冷水トンネルがバイパス、ピンクの線が旧道)を行くと、
左右に迫る山々と深そうな谷の上を通ります。
筑後風土記の命尽くしの神が出たという「筑前筑後の境のシタクラツクシの坂」は、
ここ以外ありえません。
(「冷水峠の羽白熊鷲 ~その1・冷水峠~」)
(残念ながら、谷の方を通る道がまだ見当たらない)


この近辺にそのような谷(峠)は他にないのです。
(米の山峠の方の車道は、トラックがビュンビュン通るので歩くと危険です)
                .

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

2020年1月24日 (金)

大根地山 山系周回 ~神功皇后の軌跡 1~

捻挫した足もすっかり治ったので、再び山行です。

神功皇后が登ったという大根地山。
その北には山が連なっています。
山ナビの軌跡は無いですが、北から登ってみたくなりました。
山に登ってなかった反動もあります^^;

一番目の立石山まで、倒竹あり、道無しで、掻き分け乗り越え進みました。

Dsc_0086
不整脈が発覚してから初めての山行。
登り始めて、動悸がおかしくなれば帰ろうと思ってました。
耳の奥に聞こえるどくんどくんとリズム良い音。
運動で乱れるようではありませんでした。
良かった~。

全く人が来ないわけではないので、赤テープがたまにあります。

Dsc_0092
立石山山頂。
眺め無し。表記のみ。

Dsc_0093
高石山。表記のみ、眺め無し。
山に登って眺めがいいのが好き!
と思われてる方には絶対向かないような、ひたすら展望なし、道無しの山。
途中の尾根には歩きやすいところもありました。

Dsc_0098

縦走最後の高塚山。
Dsc_0103
北から縦走して4時間半。
ようやく大根地山へ行く縦走路に行き当たりました。Dsc_0117
大根地山の大根地神社には、稲荷神も祀られています。

Dsc_0124

平日だったので、扉が閉まってました。
以前の記事に詳しくあります。
(「二つの伝承 5 ~大根地山 登山 (1)~」)

御祭神は天神七代、地神五代。
神功皇后が羽白熊鷲を退治する時に神々を祀りました。
雲閣稲荷大神として、須佐之男命、大市姫を祀っています。

ですが、稲荷神ならば須佐之男命ではありません。
諸説あるかもしれませんが、大歳神である饒速日命の方だと思います。

この後、10分ほど登ると頂上です。


(つづく)

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

2020年1月23日 (木)

レイキ その4 ~伝授~

いよいよ伝授です。
アチューメントとも言われます。

レイキティーチャーの段階まで習った人が、レイキを伝授できます。
伝授をされると、人にレイキをかけられるようになります。

”伝授”自体はシンプルです。
シンボル(印・図形)を介して、回路を繋ぐ(開く)。
それだけです。
(レイキは流派によって、やり方やシンボル(図形)が微妙に違います)

3つのシンボルを教えてもらいました。
その度に頭に手をかざし、回路を繋いでもらいます。
シンボルは、本やYouTubeでいくらでも見ることができます。
私が教えて貰ったところでは、人に開示してはいけないとは言われてません。
何度も自分や人にかけて、コツをつかむことが大切だと思います。

伝授は、「きっかけ」のような感じだと思いました。
レイキ自体、人から伝授されなくても使える人もいるそうです。


             *

グラウンディングの仕方も教えていただきました。
エネルギーが受け取りやすくなります。

天と地と自分が繋がるようにイメージします。

足を少し開いて、体をまっすぐ伸ばします。
呼吸のリズムと共に、意識を体の中心から足元へ下げていって、地球の中心へと。
中心に”繋がった”と思ったら、また体へと戻ってきます。
そのまま頭の上へ、ずっと先にある宇宙(天)まで意識を伸ばし、
また頭の先から体の中心へと戻ってきます。

あくまでもイメージ。
それにより、意識が繋がりやすくなるのです。

この時は「教わった」だけでしたが、後に自分で何度かすると
”繋がる”感じが楽にイメージできるようになります。

            *

伝授されると、人にレイキをかけることができます。
シンボルを頭の中や指で描き、宇宙にあるエネルギーを受けとります(繋いだと思うだけでいい)。

自分が、ただエネルギーを流す筒のようにイメージしながら、
それを相手に伝え、その人の持つ本来の治癒力を高めるのだそうです。

自然治癒力を高める。
というとちょっと違うような感じがします。
宇宙のエネルギーを受け取りやすくして、その人自身が持つ
生きたいという力を引き出すような。

だから、自己治癒力。

自分や相手に悪いところがあると、添えた手にビリビリとした反応があります。
(反応は人により様々で、冷たく感じたり、痛く感じたりもします)

手を当ててそれがなくなると、反応もなくなります。

レイキは遠隔もできます。
目の前にいなくても、その人をイメージするだけで、届けることができるのです。


                                 *

伝授の結果、これと言って、感じたことも変わったこともなく。

自分自身の感覚としては、「手ごたえがない」
小さい頃、頻繁に自分で手を当ててた頃には、確かに手ごたえがありました。
”治った”という手ごたえが。

                                        *

でもレイキは医療行為ではないのです。
「治った。治る」という言葉を手当ての時に使ってはいけません。

医療行為は、医者の資格を持った人だけできる行為であり、
それ以外の人がすれば、犯罪になります。

<なんとなく温かくて、気持ちがよくなる>
それを求めている人にするものであり、それはそれで十分なのだと思います。
実際、それでよくなる人も多数います。

レイキによって、宇宙と意識を繋ぐ・・・エネルギーの塊が降りてくるような感じが
確かにします。
宇宙のエネルギーは、ヒーラーの手を通して、第三者に流れていると感じます。

温かくて、気持ちよくなるのは、宇宙のすべてを包み込むような優しい波動が
伝わっているからだと思うのです。

後にYouTubeで、カタカムナを唱えてエネルギーを受け取り、
治癒するという動画をUPされている方がおられました。
レイキは”この感じ”にとても近いです。

そうそう。
シンボルの一つには、古代文字によく似ているものがあります。
もしかすると、昔は皆が自然と使っていたものかもしれません。

              *
                                                     

私が知っていた”力”は、レイキとはまったく違う場所にある。

でも、「手当て」の後で見た、きらきら光るラピスのかけらは、
道しるべのようです。

何かを見つけるまであがくしかないようです。
現実をしっかり生きて、生活して、その中で見えてくるものがある。
そうして見つけていかないといけないのかもしれません。


*レイキの伝授も受ける時も、相手を選ばなければならないそうです。
レイキには人徳は必要ありません。
習えば使えるを謳ってるとこもあるくらいですから。
信頼できるとこを探すのが少し難しそうです。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

 

2020年1月18日 (土)

レイキ その3 ~ヒーリング~

レイキは「伝授」されます。

その前にまず、レイキを受けてみることにしました。
”伝授”ではなく”、ヒーリングの方です。

              *

知り合いが伝授してもらった方のところに、予約して行きました。
女の方です。

少し話をした後、施術用のベットに仰向けになります。
レイキの本を読んでいたので、ある程度のやり方は知っていました。

様々な流派があるので、多少は違うそうですが。

< シンボルで”回路”をつないで、エネルギーを流す >

体から5センチほど手を離してますが、その場所が温かいのです。

例えば、自分の頬から1センチほど離して手を当てると、温かさを感じます。
5センチも離れていると、熱を感じないものです。

レイキの場合は微かな温度と、施術する人やされる側によっては、
少しぴりぴりするような感覚が伝わってきます。


額に手を当てている時、微かに涼しい風が流れてきました。

 この感じ知ってる。
 前世の夢を見続けていた頃、横になると顔に風が流れてきてた。
 あの感じに似てる。

後でそのことをいうと、「エネルギー」だと言われました。


 < 手の位置を徐々に変えていく >

右膝の上に手を当てた時、ぴくっと微かに動きました。
「右膝に古傷がありますか」と聞かれます。
一昨日だか筋肉痛になったっけ、そう応えます。

帰ってから、雪国にいた中学時代に、凍った道ですべって膝を打ったことを思い出しました。
骨折はなかったのですが、足が曲がらなくなって病院で治してもらったのです。
以来、時々痛くなってました。

しばらくの間、膝に手を当ててました。
ほわっという感じの温かさ。
温泉の中にいるような。

そうして、終わりました。

                      *


しばらくその場に座ってぼーっとしていました。

劇的な変化はありません。
レイキとはそのようなものではないからです。

その時の状態を敢えて言うなら、温泉に浸かった後のよう。


すると、キラキラとした光りが目の端に見えました。

見上げると、それは宙から現れ、
次から次へと手のひらに降り注いできました。

ラピスのかけら。
最初はそう思いました。

紫色に輝き、ガラスのように透き通ったかけら。


様相でいうなら、紫水晶の方が近いかもしれません。
でも”ラピスのかけら”だと思ったのです。

それが、はらはらと舞っていました。

伸ばした手のひらに降り注ぎ、解けていきます。
決して触れられることのない幻想。

ひとつひとつのかけらがきらきらと光を放っていました。

その”ラピス”の光が、宇宙に散らばる星を思い起こさせました。

でも、それもほんの一時のこと。
すぐに消えたのです。


レイキを習うかどうか迷っていましたが、この件で決めました。
動かなければ何も始まらない。
だめならば、また探すだけ。

そのかけらが、”この道の先にある”と、教えてくれたように思ったのです。

 

ずっと後になって知りました。
レイキを受けた時、たまにこういう体験をする人がいるそうです。


(続く)

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

 

2020年1月13日 (月)

レイキ その2 ~治癒力~

レイキとは、治癒力でもあります。
治癒の力というのは確かに存在しています。

小さい頃、小さな傷や青たんなら、手を当てて自分で治していました。

後に他の人は使えないのだと分かってからはしなくなりました。
その内、コツのようなものを忘れてしまったようです。

ですが、大人になってから一度だけありました。
借りた真珠のブローチを傷つけてしまった時、
必死にしたら綺麗に傷がなくなりました。
真珠も鉱物ではないから治るんだ、と妙に納得したのです。

ヒーリング(治癒・手当て)と言う行為は、確かに有効だと自分の中では知っているのです。

                    *

前世の私は、治癒者だったそうです。

十数年前に見続けていた、二つの世界の夢。
その夢の中の私は、どちらも治癒の力を使っていました。

後にその夢が前世だと分かった時、仲間だという人達から、
前世の私はヒーリング(治癒の力)を使って、ひどい怪我や病気を治していたと聞きます。

今生では考えられないような強い力。


やがて、もう一つの前世「古代の奈良」の鮮明な夢を見ます。
そこでも自分の力の一つが治癒でした。

転生する度に「治癒者」だったそうなのです。

今は何もできません。

”できるはずなのにしていない(しない)”
こんな強迫観念に囚われることがあるのです。

                                 *

自分にとっては、この時点でとっても不確かに思えるレイキ。
でも「治癒の力」は確かにあるもの。

何もしないよりは受けてみよう。
そう思いました。

夢に引きずられているのではなく、
今やりたいことが・・・
しなければならないことが、そこにあるような気がしてならないのです。
自分にとっての道がその先にあるような気がして。

例え、不確かなものだとしても、何かがつかめるかもしれない。
そう思ったのです。

 

(続く)

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

2020年1月 8日 (水)

レイキ その1 ~レイキとは~

レイキとは、漢字で書くと「靈氣・霊氣」。
手当て、 ヒーリング(癒し)です。
宗教などとは関係がありません。

海外では、保険が適用されているところもあって、日本よりも評価が高い。
アチューメントで伝授され、誰でも受けたその日からレイキを使えるようになる。
ヒーリングの入り口としては、最適なもの・・・とか。

それを知ったのは20年以上前。

実際に受けた人の感想が「よく分からない」という声が多く、
使えるようになるという段階まで、当時は30万ほどしていたこともあり、
躊躇していました。

                                             *

そんな時、知り合いがレイキを習いに行きました。
(ここら辺は、今から5年以上前の話です)

その後、私の痛かった足にレイキをかけてくれました。
手を当てた所が温かくなり、しばらくすると、”ぶおん”と気の塊が入ってきました。
でも、もともと気功をしていた人なので、それが「レイキ」なのかは分かりません。

痛みは・・・良くなったような気はするという感じでした。
大抵の痛みは、温めると和らぐものなのです。
でもレイキは、整体と同じように何度か施してもらうものなので、
一度だけでは分からないのかもしれません。

どうしよう?
迷いました。

以前よりは手が届く金額ですが、そんな不確かなものにかけられるのか。

(つづく)

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

 

2020年1月 4日 (土)

不整脈とレイキ

「脈がとぶ」不整脈の症状は、期外収縮と言うそうです。

不整脈の原因には、ストレス、煙草、飲酒、更年期障害、加齢などがあるようです。
自分の場合は日常生活で気を付けることは特にないと言われましたが、
気になることがありました。

飲酒をすると大いに脈がとびます。
(普段は家で飲みません。
 宴会の時にどれだけ飲んでも、翌日すっきり。二日酔いしない体質です)

年末に家族で泊まりで行った時、夕食でフィズを一杯。
ひどい動悸がします。
計ると2拍に一回飛んでる状態でした。

単純計算で、一分間に70回が普通だとして、23回飛んでることになるので47回。
50回未満で「除脈」の状態なので、すでにダメです。

除脈になると失神したり、突然死を招くこともあるそうです。
自分の場合、しばらくはお酒は飲まない方がよさそうです。

この動悸がとぶような状態。
もう一つ、心当たりがあります。
先日、山に行く時に一睡もせずに用意して、そのまま車に乗り、山行しました。
その日は朝から既にこんな動悸がしてたのです。

睡眠不足か?
そのままの山行は危ないかな。
ほぼ人がいない山ばかり登るので、山中で倒れたらと思うとぞっとします。
山に行けなくなるのは、何より辛い。

         .

なんとかせねば・・・。

そや、レイキしよう、と。
ようやくそこで行き付きました。

横になってしばらく手を当ててると鼓動が落ち着いてきました。
自分でも分かるほど。
最近、知り合った方が遠隔してくださったのも大きいかも。


次の日は、何もせず爆睡。
娘に計ってもらっても
「治ってる!」と。

多分、治ってるのは一時的。
睡眠不足になってたり、急に起きたりすると脈が乱れます。
しばらくよく寝ることにしました。

レイキ・・・ちゃんとします。
これは流れかぁ^^;


次は、今まで避けて通ってたレイキの話です。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

 

2020年1月 2日 (木)

不整脈

じっと座ってる時に動悸がすると思ったのは、年末のこと。
普段は気にもしない心臓の鼓動が、体の中でこだまするよう。

こんな状態がしばらく続いてるような気がします。

やっぱり変だな。
そう思って、左手首の脈を測ってみました。

ドク、ドク、ドク、ドク・・・・ドクっ
あれ?
ドク、ドク、ドク、ドク・・・・ドクっ

さーっと血の気が引きました。
間に脈が無い。
「これって・・・不整脈??」

目の前にいた娘に、
「ちょっと脈計ってみてくれん?」
と頼んで、計ってもらうと。

「・・・ん?飛んでる!?」
「そ~やろ~。うちも変やと思った!」

ここのとこの動悸は、脈がおかしかったせいでした。
まさか自分が不整脈?
とにかくすぐに病院へと皆にも促されました。

次の日、紹介状が無くてもいける少し大きな総合病院へ。
看護師さんとの問診で、動悸がして脈がおかしい気がすると伝えると、
両手首に手を添えて計ってくださいました。

「左右は差がないけど・・・」
「脈はどうですか?」
「リズムが変ね」
やっぱり。

その後、血圧測定。
これは平常値。

診察を待ってる間に、レントゲンと心電図。
いよいよ診察です。

先生との問診。
PCには先ほどの心電図がありました。
明らかにおかしいなと思えるその波形。

脈拍の5回に1回リズムが乱れること。
だからと言って、私の場合は命に関わるほどではないこと。
血圧は正常値であること。
不整脈の薬は血圧を下げるので、飲むと正常な部分まで
下がってしまう恐れがあることを告げられました。

「薬飲みますか?」
「いえ、大丈夫なとこも下がると怖いので飲まないです」

心臓の大きさが前よりも変化していたら、腫れてるなどあって問題だそうですが、
一度だけのレントゲンでは判断できないそうで。

2年ほど前に人間ドックでレントゲンを撮ったことを思い出してそう言うと、
「そこにまだ記録があるかもしれませんね」と。

とりあえず、前に受けた病院で人間ドックを受けることにしました。
それまでに何か変わったことがあったら、また受診することに。


以下のサイトによれば、不整脈と言っても色んな症状があるそうです。

不整脈って怖いの?怖くないの?
https://www.bostonscientific.com/jp-JP/health-conditions/ihb/ihb-04.html

 怖い不整脈の場合、
 急に意識が無くなる。失神する。
 脈拍数が1分間に40回以下で、体を動かすと息切れやめまいがする。
 突然動悸が始まる。(サイトより)

変だと少しでも思ったら、迷わず病院へ、ですね。

 

更年期の症状の一つとしても不整脈が出るそうです。
エストロゲンが不足してくる影響と。
イソフラボンのサプリも飲み始めました。

私の場合、日常生活で特に気を付けてと言われたことはなく、しばらく様子見です。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

            .

2020年1月 1日 (水)

新しい年

新年明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

Dsc_0056

うちの氏神さま。

現人神社で二年参り。

Dsc_0065

 

Dsc_0059

側の御神木にランタンが下がっててとても綺麗でした。

Dsc_0072

Dsc_0073

皆様にとって良い年でありますように。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »