ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 大根地山山系 周回 ~神功皇后の軌跡 2~ | トップページ | 嘉穂アルプス 縦走 ~羽白熊鷲の山 2~ »

2020年1月28日 (火)

嘉穂アルプス 縦走 ~羽白熊鷲の山 1~

嘉穂アルプスとは福岡県の東西に連なる山脈の一つです。
西側は以前、縦走した背振山系。

アルプスの言葉でイメージされる程急峻ではないですが、地元の山人からはこう呼ばれてます。

西端の古処山から登りました。
古処山は、神功皇后が退治した、羽白熊鷲の拠点があったとされる山です。

Screenshot_20200124203459 
ここを縦走する人は少ないのです。
縦走最後の山の馬見山の登山口が小石原という場所にあり、交通に不便なのです。
馬見まで行ってピストンか、数人で行って小石原に車をデポしてくるか。

どうしても最後までソロで縦走したかったので、帰りをバスにしました。
車は帰りのバス停に近い、朝倉市の甘木公園にデポ。
上の地図のスタート地点です。
そこで6時40分。

そこから約2時間、9キロ歩いて古処山登山口へ。

Dsc_0194
奥に見える山の右奥に古処山があります。Dsc_0203

秋月は、「荒城の月」のモデルになった秋月城の城下町です。

Dsc_0210

しばらく川沿いを歩きます。

Dsc_0226
途中、少し迷いました。
所々に石仏があります。

Dsc_0228

古処山頂上。
1時間半ほどで着きました。
迷わなければ1時間ちょい。
Dsc_0234

この辺りの山には城跡もあったりしますが、古処山頂上辺りは痕跡もありません。

縦走路は歩きやすいです。Dsc_0239
屏山山頂。
古処山から1時間弱でした。

Dsc_0240
展望がいいです。
一日曇りの予報だったのに晴れてました。

Dsc_0243

江川岳山頂到着。
屏山から25分ほど。

Dsc_0246

途中、筑前茅城跡を通りました。
痕跡はありません。

Dsc_0248_20200124175801
山城跡っぽい段差。

Dsc_0252_20200124180001

馬見山山頂!
江川岳から1時間10分ほどでした。Dsc_0250_20200124175901

眺め最高です!
Dsc_0253
(クリックすると大きくなります)

この地図は、東西逆になってます。
右上の「朝倉市街へ」の方から歩いてきて。
古処山登山口から登り、
赤の現在地が、馬見山山頂。

この後、赤線の左の端、嘉麻峠を通って、小石原の町に下ります。


( つづく )

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

 

 

« 大根地山山系 周回 ~神功皇后の軌跡 2~ | トップページ | 嘉穂アルプス 縦走 ~羽白熊鷲の山 2~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大根地山山系 周回 ~神功皇后の軌跡 2~ | トップページ | 嘉穂アルプス 縦走 ~羽白熊鷲の山 2~ »