ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« レイキ その4 ~伝授~ | トップページ | 大根地山山系 周回 ~神功皇后の軌跡 2~ »

2020年1月24日 (金)

大根地山 山系周回 ~神功皇后の軌跡 1~

捻挫した足もすっかり治ったので、再び山行です。

神功皇后が登ったという大根地山。
その北には山が連なっています。
山ナビの軌跡は無いですが、北から登ってみたくなりました。
山に登ってなかった反動もあります^^;

一番目の立石山まで、倒竹あり、道無しで、掻き分け乗り越え進みました。

Dsc_0086
不整脈が発覚してから初めての山行。
登り始めて、動悸がおかしくなれば帰ろうと思ってました。
耳の奥に聞こえるどくんどくんとリズム良い音。
運動で乱れるようではありませんでした。
良かった~。

全く人が来ないわけではないので、赤テープがたまにあります。

Dsc_0092
立石山山頂。
眺め無し。表記のみ。

Dsc_0093
高石山。表記のみ、眺め無し。
山に登って眺めがいいのが好き!
と思われてる方には絶対向かないような、ひたすら展望なし、道無しの山。
途中の尾根には歩きやすいところもありました。

Dsc_0098

縦走最後の高塚山。
Dsc_0103
北から縦走して4時間半。
ようやく大根地山へ行く縦走路に行き当たりました。Dsc_0117
大根地山の大根地神社には、稲荷神も祀られています。

Dsc_0124

平日だったので、扉が閉まってました。
以前の記事に詳しくあります。
(「二つの伝承 5 ~大根地山 登山 (1)~」)

御祭神は天神七代、地神五代。
神功皇后が羽白熊鷲を退治する時に神々を祀りました。
雲閣稲荷大神として、須佐之男命、大市姫を祀っています。

ですが、稲荷神ならば須佐之男命ではありません。
諸説あるかもしれませんが、大歳神である饒速日命の方だと思います。

この後、10分ほど登ると頂上です。


(つづく)

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

« レイキ その4 ~伝授~ | トップページ | 大根地山山系 周回 ~神功皇后の軌跡 2~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« レイキ その4 ~伝授~ | トップページ | 大根地山山系 周回 ~神功皇后の軌跡 2~ »