ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« もう一つの現人神社 2 ~饒速日命の足跡~ | トップページ | 射手引神社 ~神功皇后の像~ »

2020年2月16日 (日)

もう一つの現人神社 3 ~辛国息長大姫大目命~

香春町の現人神社の神も饒速日命?
では、この辺りに神功皇后の伝承はないのか。

そう思っていましたら、牛斬山の麓の古宮八幡宮にありました。
気になる記載が。

Dsc_0352

このお社の御祭神は、豊比咩命、神功皇后、応神天皇。

「豊比咩命」は、神功皇后の妹ともされている人物(本人とも)です。(*1 追記)

             *

このご由緒書きに、一の岳の麓、香春神社の神は辛国息長大姫大目命とあります。
「加羅国から来た姫とされる」と。

その名によく似た名が息長垂姫、神功皇后です。

前回記した、香春町の現人神社の大加羅国の王子とされる、都怒我阿羅斯等命(ツヌガアラシト)が、
「ソシモリへ行ったスサノオ(または、饒速日命自身)」ならば。(*1 追記)

そのスサノオの伝承と同じく、「行って戻ってきた」ことも考えられるのではないでしょうか。

スサノオの子、住吉神(饒速日)ともに加羅国へ。
それが三韓征伐として伝えられているのでは。

辛国息長大姫大目命が神功皇后ならば、「住吉の神と共に」それを彷彿とさせます。

「高良玉垂神秘書」にあった
高良神(住吉三神の底筒男命)と神功皇后は夫婦で、共に行動をしていた
の記述と重なります。

牛斬山から下りてきた場所に、「清祀殿(せいしでん)」もありました。
宇佐神宮へ奉納した御神鏡を鋳造した場所とされます。

宇佐は神功皇后が御祭神の一人。
偶然ではないかもしれません。

                   *

前回の現人神社のご由緒書きに、「垂仁天皇の時代」とあります。
宮若市の饒速日命を祀る天照宮にも、彼が笠置山に天降ったのは「垂仁天皇の時代」とありました。
(「天照神社(天照宮) ~福岡県宮若市~」)

垂仁天皇は実在の人物ではないかもとされていますが、紀元前後の人物だとも言われています。

現人神社と天照神社のその「時代」。
皇紀2600年に辻褄を合わせる為に改変されてるのではないでしょうか?
しかも、神社のご由緒書きなどでは「揃えて」あるように思えます。
少なくとも”饒速日命の時代”は、そんな前ではないのです。

 

(*1 追記)
後に「祇園祭の神」から、須佐之男命が住吉神であり、饒速日命だと分かります。

では、ここに祀られていた辛国息長大姫大目命は神功皇后でまちがいなさそうです。

(「祇園の神 2 ~前編 祇園の神は住吉神(磯良神)~)


豊比咩命も神功皇后でした。

(「御炊屋姫を追って シリーズ」)

御祭神が神功皇后なのだから、辛国息長大姫大目命は彼女ということでした。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

 

« もう一つの現人神社 2 ~饒速日命の足跡~ | トップページ | 射手引神社 ~神功皇后の像~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« もう一つの現人神社 2 ~饒速日命の足跡~ | トップページ | 射手引神社 ~神功皇后の像~ »