ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 神功皇后の伝承地 7 ~姫社神の正体~ | トップページ | 神功皇后の伝承地 9 ~姫古曽神社の神の名は~ »

2020年3月19日 (木)

神功皇后の伝承地 8 ~もう一つの「ひめこそ神社」~

「姫古曽神社」

もう一つのひめこそ神社です。
「媛社神社」からほぼ西へ、4キロ。
佐賀県鳥栖市姫方町
Dsc_1135

ここも川の側にあります。

Dsc_1134

Dsc_1107 

Dsc_1110 

Dsc_1113

Dsc_1133

拝殿です。

Dsc_1114

御祭神は、市杵島姫
     八幡大神、住吉大神、
     高良大神、菅原道真 

 当社の原初祭神は、織女姫 (たなばた姫)であった。
 このいわれは「肥前国風土記」姫神郷の段に詳しい。
  時移りて弘仁二年(811)時の村長某が豊国宇佐八幡宮の分霊を
 ここ姫方の地に勧請、先づ徳丸というところに行宮を建てて祀り、
 のち現霊地に社殿を建立して奉還、住吉大神、高良大神を合祀
 して八幡宮と稱(称)し、姫方村の氏神とした。
                    (上の石碑から抜粋)

Dsc_1125

境内は広く、三角点までありました。
小さいですが山です。 

Dsc_1123 

ここにその彼らの名がありました。

「肥前国風土記」にあった「荒ぶる神」がいたという場所です。


( つづく )

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

 

« 神功皇后の伝承地 7 ~姫社神の正体~ | トップページ | 神功皇后の伝承地 9 ~姫古曽神社の神の名は~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 神功皇后の伝承地 7 ~姫社神の正体~ | トップページ | 神功皇后の伝承地 9 ~姫古曽神社の神の名は~ »