ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 「古代史の謎」 3 ~饒速日命は住吉大神~ | トップページ | 「古代史の謎」 5 ~住吉神と神功皇后 前編~ »

2020年4月 9日 (木)

「古代史の謎」 4 ~豊受大神は神功皇后~

籠神社の御祭神、天火明命(饒速日命)と共に祀られている「豊受大神」とは?
伝承から探っていきます。


天火明命は、伝承の塩土老翁。
(彼が饒速日命であり、住吉大神。
 豊受大神は彼と夫婦。)

塩土老翁は、「海幸彦山幸彦伝承」に登場していました。
その中で、山幸彦は豊玉姫から、
潮満瓊(しおみちのたま)・潮涸瓊(しおひのたま)を授かっています。

その二つの玉と同じものを授かる伝承が、福岡にもあります。

「宗像大社の伝承」
神功皇后が新羅に向かう時、豊玉姫が海の神から
潮満瓊(しおみちのたま)・潮涸瓊(しおひのたま)を授かる。

高良大社の高良玉垂神秘書には、
神功皇后が三韓征伐の時、豊玉姫が海の神から満珠・干珠を授かる。
(潮満瓊(しおみちのたま)・潮涸瓊(しおひのたま) と同じ意味)

Dsc_0889_20200425113601(高良大社)

志式神社の磯良舞もその伝承とほぼ同じ物。
神功皇后、武雄宿禰、淀姫、海神(磯良神)が登場して、満珠・干珠を授かります。
(「神の鉾 3 ~安曇磯良神~」)

那珂川の伏見神社の神楽にも「磯良舞」があり、志式神社の神楽とほぼ同じ内容。
(「伏見神社・祇園祭 ~磯羅舞~」)
(「伏見神社 * 神楽」)
こちらの磯良舞しか見ていませんが、志式神社と同じ神が登場します。

Kagura15-1                     (伏見神社の磯良舞)

那珂川の伏見神社の御祭神は淀媛命、須佐之男命、大山祇神、神功皇后、武内宿禰。
(祇園の神として須佐之男命が祀られているが、これは饒速日命の方だと思われる)
(「卑弥呼の墓 その2 ~祇園の神~」)

淀姫は神功皇后の妹とあり、干珠満珠を求めた神なので、豊玉姫です。

ですが、妹ではなく、彼女自身であったのなら、これらは同じ話が元になるのでは?

                 *

「高良の神と豊比咩大神 」

「古代史の謎」では、豊比咩大神は高良大社の御祭神とあります。
調べると、大社内の御客座という所に、その名が。
高良玉垂命と夫婦との説がある、とWikipedia。

一方、「高良玉垂宮神秘書」では、住吉(底筒男)神と神功皇后は夫婦です。
(高良大社の御祭神、高良神は底筒男神なので、高良玉垂命と言えば、彼のこと)

高良玉垂宮神秘書には、住吉三神は別々の人物として書かれています。
(「神の鉾 2 ~高良玉垂宮神秘書~」)

長男が表筒男。(大祝氏・オオハフリ)の先祖。日神)
次男が中筒男。(この国に留まって、初代天皇の神武(イワレビコ)となる)(以後、登場しない)
三男が底筒男。(高良大菩薩であり、月神の垂迹)

長男の表筒男は、神功皇后の妹・豊姫と夫婦に。
三男の底筒男は、神功皇后と夫婦にと。

ですが豊比咩大神が高良大社の御祭神であり、高良玉垂命と夫婦ならば、
神功皇后が豊比咩大神となります。
神秘書で言う、長男の「表筒男命」は、大社に祀られていないので、
その后だけが祀られることはないのです。

また、「豊姫が神功皇后である」ならば、住吉三神は、本来ただ一人であると言えます。
実際、大阪の住吉大社の伝承では、「住吉大神と神功皇后は夫婦」とあり、
三神を三人の別の神としてみていません。

*住吉神(底筒男)と神功皇后が夫婦。(高良玉垂宮神秘書)
*高良玉垂命と豊比咩大神が夫婦。

=高良玉垂命は住吉神(底筒男)なので、神功皇后は豊比咩大神。

海幸彦山幸彦、宗像大社などの豊玉姫は、神功皇后と同一。

そう考えれば、これらの話は全て同じ事を伝えています。
では、饒速日命は神功皇后と夫婦。

また、神功皇后は「トヨ」姫でもあることにもなります。

                 *

(*ここは補足です。まとめ)
籠神社の御祭神=天火明命=饒速日命=塩土老翁=住吉大神=高良玉垂命であり、
籠神社の御祭神=市杵島姫=豊受大神(伝承の天女)=神功皇后=豊比咩大神です。

塩土老翁=住吉大神であり、豊受大神と夫婦です。
住吉大神は、神功皇后と夫婦(住吉神社)
高良玉垂命(住吉神)は、神功皇后と夫婦。
高良玉垂命は豊比咩大神と夫婦ともあります。

総合すると、饒速日命は神功皇后と夫婦であり、
神功皇后は、豊受大神であり、豊比咩大神です。

また、宗像大社の御祭神の一人は、市杵島姫。
籠神社の御祭神と同じです。
籠神社の市杵島姫は、天火明命と夫婦であり、
市杵島姫は神功皇后であると言えます。

                *

神功皇后は豊比咩大神であり、 豊受大神。
また、宗像大社の三女神の一人、市杵島姫も彼女。
(もしかすると三女神も本来は一人のことを指していたのかもしれません)

別々の神とみるよりも、それぞれが一人(名を変えられているだけ)とみれば、全て繋がるのです。

                *   


神功皇后のまたの名は「息長垂姫命」。
住吉の神である「高良玉垂命」と対になる名があります。

住吉の神(饒速日命)から玉を「垂れた(授かった)」故です。
(「魂須霊 3 ~高良玉垂神と息長垂姫の名の意味~」)
 
これらの伝承は、海の神である饒速日命から、十種神宝(玉)を授かった「彼女」の話なのでは?
もしかすると、このどれも「饒速日命と神功皇后のモデルとなった人」の話なのでは。

籠神社、伊勢の下宮の豊受大神(豊玉姫)は、神功皇后です。

現人神(住吉神)である饒速日命から、「直接」、二つの玉を手渡されたのです。
他の誰かがもらってたのなら、こんな伝承は残らないでしょう。

彼らは同じ時代を生きていたのです。


( つづく )

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


              

« 「古代史の謎」 3 ~饒速日命は住吉大神~ | トップページ | 「古代史の謎」 5 ~住吉神と神功皇后 前編~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「古代史の謎」 3 ~饒速日命は住吉大神~ | トップページ | 「古代史の謎」 5 ~住吉神と神功皇后 前編~ »