ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 「古代史の謎」 5 ~住吉神と神功皇后 前編~ | トップページ | 「古代史の謎」 7 ~邪馬台国~ »

2020年4月14日 (火)

「古代史の謎」 6 ~住吉神と神功皇后 後編~

住吉大神=塩土老翁=天火明命=饒速日命=高良玉垂命
豊受大神=市杵島姫=豊姫=神功皇后

塩土老翁と豊受大神が夫婦であり、
天火明命と市杵島姫が夫婦
住吉神と神功皇后が夫婦
高良玉垂命と神功皇后が夫婦

この矛盾は、同神ゆえだ。
                 *

(「日本の真相 21 ~住吉大社~」)


過去記事に、住吉大社と籠神社の伝承から、
住吉神と神功皇后、卑弥呼とトヨの関わりについてあった。
豊受大神が神功皇后ならば、豊玉姫も彼女。

ツヌガアラシト=天日槍=饒速日命
天日槍が応神天皇であり、饒速日命。
                   
彼らの時代が「ヤマト建国の時」なのだから、神功皇后は仲哀天皇の后ではない。

                     *

< 武内宿禰は住吉の神 >


「神功皇后」の側にはいつも、住吉神と名を替えられた饒速日命の姿があった。
その一つの名が、武内宿禰。

「古代史の謎」でも、その武内宿禰が住吉の神ではないかとある。 

伝承では「香椎宮」での神事の際、仲哀天皇が亡くなったとされる。

 「古事記」では、その場にいたのは武内宿禰と神功皇后のみ。
 一方、「住吉大社」の伝承では、住吉神と神功皇后は夫婦。
 これは、住吉の神と武内宿禰は同一人物だからでは。

 高良玉垂宮神秘書にも、住吉神と神功皇后が夫婦とある。

 *高良大神=武内宿禰=住吉大神(饒速日命)
 *住吉神と神功皇后が夫婦

彼もまた、住吉神なのだ。

                 *

< 饒速日命と武内宿禰 >

「古代史の謎」には彼らを結びつける伝承があった。

「武内宿禰=弥五郎どん=猿田彦神=大己貴神=塩土老翁=天日槍」

*「武内宿禰と弥五郎どん」

岩川八幡神社の放生会の「弥五郎どん」。(鹿児島の曾於(そお)市)
 鬼のような面に矛を持つ。
 かつては武内宿禰とも言われていた。
 祭りで
弥五郎どんは、母の「神功皇后」に会いに浜で禊を行う。


*弥五郎どんとそっくりな「猿田彦神」

大己貴神は出雲の国譲りの後、サルタヒコを「分身」として置いて行った。
また大己貴神が「広矛」を置いて行った。(日本書紀)



「分身」というのは、本人そのもの。

大己貴神は猿田彦神と同神である。

(「結びの山 ~その14 日吉の神とニギハヤヒ命~」)

那珂川の日吉神社の神は大己貴神。
日吉大社(比叡)の元宮であることから、彼が猿田彦神と辿り着いている。

 

様々な伝承の親等は創作されたもの。

すべて彼らなのである。

Dsc_2006_2-1 (日吉神社)

Dsc_2003-1

(日吉神社の猿像・天狗か天使?)

 

また「矛」は、彼へと繋ぐ重要なアイテムなのかもしれない。
(「神の鉾 1  ~伊野の鉾~」)

彼が「天日槍(矛)」でもあるならば、それは偶然では無い。

櫛玉饒速日命の櫛のように、一文字で神を表すのだ。


*猿田彦神にそっくりな「塩土老翁」

事勝国長狭(ことかつくにかつながさ)という神が、
サルタヒコそっくりな行動をし、別名を塩土老翁という。(日本書紀)


*武内宿禰と天日槍

弥五郎どんはサルタヒコそっくりで、「長い鼻」「矛(槍)を捧げ持つ」。
サルタヒコが光り輝くのは、「陽」「太陽」だから。
「陽」は「矛(槍)」であり、光り輝くのは「日」でそのまま「天日槍」になる。

 

酷似、そっくりは神の特徴を示したもの。

猿田彦=塩土老翁=住吉神。


饒速日である彼は天照。
ツヌガアラシト=天日矛。



猿田彦もまた饒速日であり、高良神なのである。

住吉の元宮、現人神社がある那珂川には、日吉大社の元宮の一つとされる日吉宮がある。

しかし祭神には、猿田彦の名はなく、大己貴神など。

同神であり、彼がその地にいたから、元宮があるのだ。

 


次は、彼らと邪馬台国。
                      


( つづく )

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

 

« 「古代史の謎」 5 ~住吉神と神功皇后 前編~ | トップページ | 「古代史の謎」 7 ~邪馬台国~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「古代史の謎」 5 ~住吉神と神功皇后 前編~ | トップページ | 「古代史の謎」 7 ~邪馬台国~ »