ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月27日 (日)

大神山神社*ご神託のお山 ~鳥取県 大山~ 

いよいよ大山(だいせん)!
行ったのは春休みなので3月です。
まだ雪がある。

Dsc_1897
出雲の山友さんが足繫く通っているお山。
そこで気づいたことが。

福岡、那珂川の「大原山神社」の御祭神はここから勧請されてたのです。
(「大原山神社 ~成竹山の二柱の神~」)

Dsc_1902
創始者が生死をさまよっていた時、
「大山へ来い」
の言葉と共に、見たという青銅の鳥居。
それを手掛かりにたどり着いたというお社。

神社まではこんな綺麗な石畳です。

Dsc_1903Dsc_1927
青銅の鳥居ってこれかあ!

Dsc_1904

御祭神は大己貴神。Dsc_1908

Dsc_1909

成竹山の麓には、日吉神社があります。
日吉、日枝の元宮です。
地元では猿田彦の神様で通ってますが、実は大己貴神。

(「日吉の神は大己貴神 ~那珂川市 日吉神社~」)

(「結びの山 ~その14 日吉の神とニギハヤヒ命~」)


Dsc_1910

Dsc_1913

Dsc_1912

ご神託って今でもほんとにあるですね。

 

Dsc_1921

大己貴神は、饒速日命。
現人神社の住吉の神も同じ。
だから、那珂川には二つの「元宮」があるのです。

それを教えてくれた日吉の神様。
どうしても、どうしても一度来たかったお社です。


神様の力を垣間見たようです。Dsc_1923_20200927083901


ここまで来たのなら、後15分だけでいいからお山に登りたい!
お山に触れたい!!!
憧れの大山~~~!
ごめん、ちょっとここで待ってて!

と子供たちに言おうとしたら、一番上の兄が
「お腹痛い」
まじか~~~!(> <)
冷えると弱い。
諦めて下りることにしました。

でも下山中、ヤマップを見ると、側に小山が!
「静寂山!」

「ごめん!山頂踏んでくる!」
と超特急で行ってきました。
やっぱりか!^^;
Dsc_1933

 

Dsc_1938
静寂山山頂。
ここから見る大山は素晴らしい~!

Dsc_1942

ありがとう~~~!
次は登らせてね!

Dsc_1943

このお山、山友さんがこの間、稜線を周回しました。
や~凄いわ~!

Dsc_1949

帰りは中国国道を通って、関門海峡へ。
家まで10時間!
初めての長距離高速^^;
自信がつきましたよ。

 

 

ブログ村に参加しています。
ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 

2020年9月25日 (金)

八重垣神社 ~島根県~

間が空きました^^;

玉作湯神社から、八重垣神社へ向かいます。

 

Dsc_1808

御祭神 素戔嗚命
    稲田姫命
    大己貴命
    青幡佐久佐日古命(佐草宮司祖神)

 

Dsc_1809

Dsc_1813

素戔嗚命が稲田姫命と暮らした場所と言われてます。

 Dsc_1812

拝殿

Dsc_1811

側にある鏡の池にも行きました。

Dsc_1814

占い用紙に百円か十円玉をのせて浮かべ、早く沈むと良縁が近いと言われます。
子供たちもしてました。
いや、あんたら早いって。

Dsc_1816

Dsc_1819

Dsc_1820

とても気持ちのいいとこでした。
こういう杜を見ると踏み込んで行きたくなるのは、山んちゅの性^^;
こらえます。


移動して、今日の宿。
鳥取の大山町の海辺にある「海宴坊」へ。

Dsc_18263
(車が写り込んでたので消した)

大山にも近く、ここはおすすめです!
登山客もよく利用するそうです。

コテージで、いくつかの部屋はカラオケがあったり、露天風呂(水着いるかも)あったりします。
うちは急遽予約したのでそういう部屋は取れなかった~
(一人~二人用の部屋もあります)

途中で買った材料でBBQをしました。
ホットプレートやお皿など、何もかもあります。
マヨとかの調味料はないのでお気を付けを。
前金なので、朝は早く出ると言っておくと、何時からでもチェックアウトできます。


そう!次の日は憧れ大山!!!
に登りたかった~~~~!
子供がいるので絶対無理(T T)

途中の神社まで行きます! 

Dsc_1837

夕焼け最高でした~!

 

 

ブログ村に参加しています。
ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

2020年9月18日 (金)

玉作湯神社

次に行ったのは、玉作湯神社。

Dsc_1793
御祭神は、櫛明玉命(玉作りの神)、
     大名持命・おおなむちのみこと(大国主命・国造りと温泉療法の神)
     少彦名命(温泉守護の神)


大名持命は大己貴命で、大国主の神です。
彼は奈良の三輪山に祀られている饒速日命。


ここで気づいたことがありました。
明姫(あかるひめ)って、いましたね。

ツヌガアラシトが「明姫」を追って日本に来た、と。

このツヌガアラシトは饒速日命であり、明姫は(今で言う)神功皇后だとたどり着きました。
(「もう一つの現人神社 3 ~辛国息長大姫大目命~」)


饒速日命には、天火明命と、櫛玉饒速日命の名もあります。
二つの玉を持っていたという饒速日命(高良玉垂神)

玉作湯神社は彼らなのかもしれません。


さらに案内板にはこのようにあります。
江戸時代には、「湯姫大明神」「湯舩大明神」とも呼ばれた。


舩は船。
船の神は、饒速日命です。
佐賀の「媛社(ひめこそ)神社」には、磐舩神社、棚機(たなばた)神社の扁額があり、
彼らは饒速日命であり、その后の御炊屋姫であり、
そこから、彼女が神功皇后だとたどり着きました。
(「神功皇后の伝承地 5 ~媛社(ひめこそ)神社~」)


偶然では無いでしょう?
おそらく、それが真実だから繋がるのです。

Dsc_1796


階段を上って行くと、拝殿があります。

Dsc_1806

下の社務所で小袋に入った石を買いました。
中に入っている神に願い事を書き、ここに納めます。

Dsc_1797

小石(パワーストーン)は、こちらの水で清め、
幣がかかっている丸い石に触れさせます。

そうすると願うが叶うそうです。

Dsc_1800

 

Dsc_1803


次は八重垣神社へ。

 

ブログ村に参加しています。
ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 
にほんブログ村

2020年9月11日 (金)

出雲大社

春先に出雲大社へ。

福岡から下道で9時間。
海沿いを通って行きたかった。
遠かった~。

15時過ぎに着き、一度お参りしてから稲佐の浜へ。

Dsc_1610

夕陽が綺麗でした。
宿泊は大社の近く。

次の日、朝一で一人で参拝して、子供たちが起きてからまた参拝してるので、全部で3回。
写真は時間がまちまちです。 

Dsc_1774
ようやく来れた出雲大社。
以前、何十年も前に一度来たっきりでした。

Dsc_1510
境内案内図。
広いです。

Dsc_1792

境内には、大国主様の像があります。
ウサギに話しかけてますね。


Dsc_1789

Dsc_1530_7 拝殿です。
でかい。 Dsc_1746

 手前の丸三つは、発掘された柱の大きさ。
本殿の高さは48Mあったそう。

レプリカを見たかったなぁ。
展示されてる隣の資料館は閉まってました。

人が写っていませんがたまたまです。
この日もたくさん来られてました。

Dsc_1726 真後ろから。
ウサギが可愛い。
色んなウサギがいます。

Dsc_1522
お気に入りを見つけてもいいかも。
Dsc_1542_7
真後ろにある素戔嗚社。
西の方へ回って、天穂日社。

Dsc_1554

Dsc_1553
ここに来て、やはり。
と思う。
前に来た時は、思いもしなかった。

Dsc_1736

 

Dsc_1737


本殿に祀られている大国主神は、西に向かれているので、こちら側からもお参りします。


西には「筑紫社」があります。
御祭神は、宗像三女神の一人、多紀理比売命

朝早くにここに来た時、
ぱっと広がった映像がありました。

Dsc_1551

 

 

Dsc_1762


山幸彦が海の中から、玉を授かる場面です。
玉を授かった神は、高良玉垂宮神秘書では高良の神です

この辺りのことは後ほど。

Dsc_1781


神楽殿
少し離れたところにあります。

昼近くになって、次の場所へ。


(つづく)

ブログ村に参加しています。
ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 
にほんブログ村

 

 

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »