ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 饒速日命を求めて ⑨ ~天鳥船の時代 後編~ | トップページ | 自宅 to 難所ヶ滝の氷瀑 »

2021年1月18日 (月)

大国主神の幸魂奇魂

巨大な奈良湖の水がざあ~っと引いていく。
その光景と大国主神の”幸魂奇魂”が重なりました。
出雲大社にあるあの像です。

Dsc_1762_20210117134101

奈良湖の水を引いた。
那珂川に裂田溝(さくたのなで)という水路を造り、田んぼに水を満たした。

それが饒速日命たちが行ったことならば。
繋がりませんか?

「水の満ち引き」という現象。
これこそ、「潮干珠、潮満珠」が象徴する”もの”です。
                                          
饒速日命がもたらしたという十種神宝の中の「玉」。
高良の神が操ったという「干珠満珠」。
山幸彦が海の神(豊玉姫)からもたらされた「潮干珠、潮満珠」。

彼らは同じ神であり、それらは同じもの。
玉の共通点は水の満ち引きを操る力です。
             

大国主神の「幸魂奇魂」

それは、共に国造りをしたという少彦名神が常世の国に帰ってしまった後に現れた玉とされます。
「彼自身」であり、奈良の「三輪山」に祀れば、国造りに協力しようと告げます。
三輪山の神は大物主神である饒速日命です。
つまり、玉は「饒速日命」そのもの。
それは、彼の力の象徴でもあるのです。

「国造りをするためのアイテム」と捉えれば、「幸魂奇魂」も同じです。

                          
巨大な奈良湖の水を引く。
海の引き潮のように。

裂田溝(全長6キロにも及ぶ水路)から、田んぼへと満たされる水。
満ち潮のように。

*(神功皇后が三炊屋姫、武内宿禰、住吉神とされるのが饒速日命)


当時の人達には、水を操るように見えたのでしょう。
国造りをしたと言われる彼ら。
神業としか思えないことをやってのけた人たち。
その「神業」が伝承として残り、十種神宝の力として伝えられているのでしょう。

また、”そうであるからこそ”、奈良湖の水を引いたのは「彼ら」なのです。
だから、饒速日命は「水を操る神」「国土を造った神=大国主」として後世に伝わり、三輪の神として祀られているのです。

                                               *

「出雲大社の神」

境内の、大国主命が海から「玉(幸魂、奇魂)」を貰う場面の像は、彼が饒速日命である証です。
玉は「干珠満珠」(高良大社の伝承)。
饒速日命がもたらした(垂れる)という十種神宝です。
高良玉垂神という名は、ここからなのです。

「大国主神の后」

神話では大国主神の后は市杵島姫ですが、出雲大社の筑紫社の御祭神は、多紀理姫です。
筑紫の神の「たきりひめ」と言えば、市杵島姫と同じく、宗像大社の三女神の一柱。

以前、住吉三神が一柱の神(饒速日命)のことであると分かったのですが、宗像三女神も同じです。
三女神とされながら、一柱の神なのです。
(「市杵島姫の名の意味 ~斎星姫・蘇る神~」)

上記リンクしました。
筑紫神(宗像三女神)は、饒速日命の后、三炊屋姫です。
(また「筑紫の神」は、白日別神(筑後一之宮の高良大社の神)である饒速日命自身。
出雲大社の「筑紫の神」が后として祀られているのなら、出雲の神は饒速日命の方です。)

また、大神神社の境内にも、末社の市杵島姫神社に祀られています。
饒速日命とされる籠神社の天火明命の后も市杵島姫です。

出雲大社の筑紫社に祀られる彼の后「多紀理姫(宗像神)」。
大神神社に祀られる彼の后「市杵島姫(宗像神)」。
籠神社の天火明命の后「市杵島姫」。

彼らは”共に同じ”だからこそ、そこに祀られているのです。
他に理由はないのです。

全て彼へと繋がります。

                        *

出雲大社の「大国主神」の「幸魂奇魂」は、三輪山の「大物主神」。

つまり、彼は「饒速日命」そのものだよ、ということです。
出雲大社と大神神社の前で「幸魂奇魂守給幸給」と言葉にするのは、彼が三輪山の饒速日命であることを忘れてないよ、と神に宣言していることになります。

例え、人々がその神の真の姿を知らなくても。
その言霊が、想いが、彼に、饒速日命に届くように。
彼の真の姿に深く繋がるように。

いつか、「国の大事の時、再び現れる」という「現人神」。
(「現人神社(住吉の元宮) ~福岡県那珂川市~」)

それが「饒速日命」です。
彼の「岩戸開き」が成就するように。  
「国の大事の時」に開かれているように。      

ただそれだけが願いです。
                 

たぶん、それはもうすぐなのだから。


ブログ村に参加しています。
ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

« 饒速日命を求めて ⑨ ~天鳥船の時代 後編~ | トップページ | 自宅 to 難所ヶ滝の氷瀑 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 饒速日命を求めて ⑨ ~天鳥船の時代 後編~ | トップページ | 自宅 to 難所ヶ滝の氷瀑 »