ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 饒速日命を求めて ⑦ ~登弥神社とその神~ | トップページ | 饒速日命を求めて ⑨ ~天鳥船の時代 後編~ »

2021年1月11日 (月)

饒速日命を求めて ⑧ ~天鳥船の時代 前編~

古代、奈良盆地には巨大な湖がありました。
私が「アマノトリフネ」を見た前世の時代です。

(「前世と石切劔箭神社と矢田坐久志比古神社 その1」)

(「奈良 古代の湖」)

  あの奈良湖の状態から、あの時代が特定できないだろうか?

今回の旅はその手掛かりを掴むためでもあります。

大阪の新石切駅から生駒山を越えて矢田丘陵へ、更に九条駅まで。
YAMAPの軌跡には、ルートの標高も記録されるのです。
Screenshot_202012181959032

スタート地点の大阪の新石切駅の辺りは、山の側でありながら標高(海抜も同じ)数メートルなのが分かります。
古代、今よりもずっと海面が高いので、このごく近くまで海だったのかもしれません。

生駒山は標高641m。
山を越えた、最初の谷は生駒山の麓の地域。
(この部分で一番深い(川の側)のとこが生駒市有里町)
ここで標高100m程。

その次の山が矢田の山。
標高250mくらいでしょうか。

さらにその向こうが矢田丘陵(16.9kmと書いてある周辺)です。
その地点で標高90mくらい。

矢田丘陵から徐々に高度を下げて、ゴールの九条駅の辺りは60m程になります。
(奈良盆地は、(盆地なので)全体的に大阪側より標高があります。)


知りたかった矢田丘陵「三之矢塚」は標高90m程の地点にありました。

ちょうどスクショしてました。
下の画像は、奈良県奈良市石木町
前回の「登弥神社」の側でスクショしたものです。
ここで90mと表示されてます。
矢田丘陵はここよりほんの少し(数メートル)高い場所にあったので、90m以上の地点に間違いないです。

Screenshot_20210111113807
この画像の私が歩いたルートの左端の方(大和郡山市)の文字の「山」を挟んで丸くなってる上が「三之矢塚」下が「矢田坐久志玉彦神社」です。
その辺りが矢田丘陵。
(上のSのスタートとGのゴールは、YAMAPの他の人のルートを参考に歩いたので表記されてます)

                         *

下は「饒速日を求めて ① ~生駒越え~ 23.5キロ」にもある私が歩いた軌跡(薄い水色)。

左側の濃い緑が生駒山山系。
「1」の数字の左下の紫の印(見にくいですが)が生駒山山頂。

生駒山山系の東(右)に連なる緑が「矢田の山」。
その東の「2」の紫で囲った部分が「矢田丘陵」。
その中の二つの紫印の内、上が「三之矢塚」。
その下の紫印が「矢田坐久志玉彦神社」。

Screenshot_2021010412565219

右上の「3」の紫印が平城で「神功皇后の御陵(五社神古墳)」のある地。
そのすぐ側に今の私は住んでいました。
その辺りも「登美」と言われていたそうです。
今でも「登美ヶ丘」という地名があります。

ですから、三炊屋姫の「登美一族」の地は奈良盆地の北西の大部分を占めていたのかもしれません。
推測ですが、緑の線で囲った線の内側です。
(南の方はどこまでか分かりません)

また、薄い水色に塗った中の低い土地はすべて湖だと思われます。

大体、上記のような感じです。

                   *

奈良盆地全体の図です。

ある場面を見た時、大和三山の北にある耳成山が側に見える位置にいたのですが、湖の南端はその辺りでした。
端の方は湿地帯になっていて、後に稲を栽培してたようです。

(「奈良 古代の湖」)

Screenshot_2021010621104323

「3」が三輪山。

右下にある三つの山が大和三山。
北にある「2」の側の山が耳成山です。

この場面を見た時、耳成山が見える地点にいて、山が南西(よりも南寄り?)にありました。
「前世の私」がその時いた場所は、耳成山から見て、北北東辺り。

これは「アマノトリフネ」と違う場面でした。
(時間的に前後かは分かりません)

 *この場所、ヒプノの時にいつも最初に見る地点です。
  何かあるのかもしれません。


北の端は分かりません。
でも当時から登美と言われる地域は陸なので、近鉄の東西線(奈良の北部で東西に走っている線路)よりは南であったことは確かです。
私が住んでいた平城駅の辺りはおそらく(奈良盆地よりは)標高が高いので、湖ではなかったはず。

                        *

「前世の古代の夢」にあった巨大な奈良の湖。
これが「あの時代」を特定してくれました。
(*題名、変更しました)

( つづく )

ブログ村に参加しています。
ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 

 

 

« 饒速日命を求めて ⑦ ~登弥神社とその神~ | トップページ | 饒速日命を求めて ⑨ ~天鳥船の時代 後編~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 饒速日命を求めて ⑦ ~登弥神社とその神~ | トップページ | 饒速日命を求めて ⑨ ~天鳥船の時代 後編~ »