ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月26日 (金)

三島神社 ~饒速日命を求めて ⑱~

石上神宮から2キロ。
三島神社へ。

Mishima02

 

20201123145531_img_3432

ご祭神は布留御魂神。

大山祇神、天児屋根命。

全て彼になる。

 

20201123144642_img_3420

布留大神は石上神宮の饒速日命。

 

三島神は奈良では饒速日。

福岡では高良神(と神功皇后)になる。

 

両神とも物部の祖神であり、彼らは大和から筑紫へと移っていたのだ。

それからが、高良神(=住吉)と神功皇后とされていた。

 

(前回も書いたが)饒速日命が高良神=磯神=伊勢神(磯神)=男神・天照

☆→神*総まとめ

☆→高良垂宮神秘書 2 ~高良神は物部の祖神~

 

彼の后の御炊屋姫が女神の天照であり、高良神の后の神功皇后となる。

☆→女神・天照とは

☆→卑弥呼は天照であり、豊受大神、神功皇后

 

ここで前回、こんな写真を撮った。


Mi03-2

(「三島神社」)以前の記事。

 

この三島神社は、もともと天理教の「おぢば」の場所にあった。
教祖、中山みき氏はその場所で「艮金神」と邂逅したのだ。


( つづく )

ブログ村に参加しています。
ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

2021年2月20日 (土)

石上神宮 ~饒速日命を求めて~ ⑰

大神神社から、山の辺の道を歩いて石上神宮へ。
4時間半の1時半。
ようやく到着。

鳥居から入りなおした。

20201123134055_img_3381

御神祭は、布津御魂大神、布留御魂大神。
石上神宮は物部氏の祖神を祀る社。
彼は饒速日命。

 

石上は、磯神(いそのかみ)=高良神(安曇磯良神)。

福岡県久留米市の高良大社の神も、物部の祖神を祀る宮。

☆→高良玉垂宮神秘書 2 ~高良神は物部の祖神) アメブロの記事

 

伊勢は古来、磯宮であり、磯神を祀る宮。

饒速日が男神天照であり、神話の神はほとんど二柱の神となる。

☆→神*総まとめ

20201123135459_img_3385

前日に魂振神事があった。


20201123135700_img_3390

6年ぶり。
前に来たのは、鎮魂祭の時。
(「石上神宮 魂振り神事 ~奈良県~」)


毎年11月22日にあるので、その何ヶ月か前から神社に電話で申し込める。
当日に、奉納金を納める。(金額は電話の時に確認を)
直会の弁当も頂けるので、余分に納めた。
これが京都下鴨茶寮のお弁当屋さん。
とても美味しかった。

毎年、そうらしいので(神様と)関係あるからかな、と思った。
加茂の神も饒速日命。
(「日本の真相 15 ~前編 葵祭 と 住吉神 と 神功皇后~」)

 

20201123135718_img_3391

久々に神事が土日に当たる年なので、参加したかったのだが、今年はコロナのせいで、一般参加者は受け付けてないとのこと。

ほんなら、三輪山に登ろう!と来たのが今回の旅のきっかけだった。

楼門。

美しい。

 

20201123140005_img_3394

拝殿。

ようやく来られた。

正面の階段を上がったところに摂社がある。


20201123140532_img_3396

20201123140545_img_3397

20201123140559_img_3398

猿田彦神、住吉三神(底筒男雄、中筒男神、上筒男神)、

息長帯比売姫(神功皇后)、高龗神(たかおかのかみ)。


同じ境内に祀られているのは、ただ適当に配祀されているわけではない。
その神の「分霊」だからだ。


饒速日は高良神であり、住吉であった。

神功皇后が后。

彼が饒速日だから、彼女は御炊屋姫になる。
女神の天照だ。


住吉、息長帯比売姫の名がここにあるのは、彼らがそれだからだ。

☆→神*総まとめ

 

20201123140949_img_3405

20201123141124_img_3406

20201123141245_img_3410

ここから見る景色も素晴らしい。

1800年。
その途方もない時を。

連綿と続いてきたかの神への祭祀、大事に守ってきてくださった方々の賜物。

20201123141404_img_3412


ありがとう。


三島神社へ向かいます。
前に行った時、不思議なことがあった。

 

( つづく )

 

ブログ村に参加しています。
ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 

2021年2月18日 (木)

饒速日命を求めて ⑯ ~山の辺の道 後編~

山の辺の道、後編です。
寄り道して「大和神社」へ。

山の辺の道から1キロ西にあります。

20201123120414_img_3316

「大和神社」
長い参道を歩いて行きます。

20201123120445_img_3317

御祭神 日本大国魂大神、八千戈大神、御年大神。

20201123121215_img_3325

前回にもありましたが、「大和の国魂」を祀るはずの「大和神社」。
そこにある「日本大国魂大神」の名。

大和の国魂(大神神社)の神の饒速日命は、日本国(全体)の神であるということ。
さらに、御年大神の名。

御年は彼の御子の名と言われてますが、ここでは彼自身でしょう。
「歳神」は、饒速日命の名の一つ(分霊)です。

八千戈神の名もあります。
出雲大社に祀られる神をさします。
大国主神、大己貴神、すべて彼です。

すべて彼自身(分霊)であるから、並列されているのです。
(例外はあるようですが)

20201123121044_img_3322


再び、山の辺の道へ。
紅葉に誘われるように入ったら、
20201123130848_img_3354
20201123130503_img_3343

「夜都伎(やつぎ)神社」
なんと茅葺。
美しい!

20201123130629_img_3345

ご祭神、武甕槌命、姫大神、経津主命、天児屋根命。

ここもそうだったのか。
姫大神以外は、饒速日命であり、姫大神は彼の后、三炊屋姫(市杵島姫命)。20201123130700_img_3347


皆、分霊です。
彼らを信仰する人たちが、移動したそれぞれの土地の名や職業の神として神の名を変えたもの。
鹿島の神(春日神)である武甕槌命も彼でした。

関連リンク  ↓  
(筑紫の神の真相 3)
(神功皇后の伝承地 10 ~織姫と市杵島姫と神功皇后~)
(「古代史の謎」 6 ~住吉神と神功皇后 後編~)


11月の桜が咲いてました!

20201123131912_img_3364

20201123132011_img_3369

春の桜も見たいなぁ。
よし!春も来よう!
20201123133816_img_3377

大神神社の境内に入りました。
空気が変わります。

ここで13時半。

山の辺の道の記録(YAMAP)。
Screenshot_202102161812052

途中、「大和神社」往復2キロを寄り道。
上の記録には、
石上神宮から天理駅までの距離3キロ(三島神社に寄り道含む)も入ってます。


参考までに所要時間を。

山の辺の道(大神神社~石上神宮の間)だけなら14キロくらいです。

私は、大神神社から石上神宮までの16キロ(大和神社含む)を4時間半で歩いてます。
参拝と休憩込みの時間。
途中、軽く走ってます。

その後の、石上神宮から天理駅までの3キロを、1時間半かけて歩いてます。
三島神社に参拝したので。(参拝、休憩込み)

距離もそこそこありますし、石畳も滑るので歩きやすい靴でお願いします。
何度か分けて行かれる方も多いです。

 

古代奈良の主要道路がここにあったのは、奈良盆地に巨大な湖と湿地帯があったからです。
(「「饒速日命を求めて ⑨ ~天ノ鳥船の時代 後編~」」)

 

次回は「石上神宮」です。

 

ブログ村に参加しています。
ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

2021年2月17日 (水)

饒速日命を求めて ⑮ ~山の辺の道 前編~

三日目、大神神社この旅で6回目の参拝。

ここから石上神宮まで繋ぎます。20201123084940_img_3252


行ってきます!
ここを9時スタート。

20201123090500_img_3254
狭井神社の市杵島姫社。

20201123090640_img_3256

狭井神社。
9時過ぎ。
いつもだと三輪山へ登る方でいっぱいですが、この日は入山禁止なので人がほとんどいません。
今頃、神事やってるのかなぁ。

20201123090830_img_3257

神社の裏にある御神水。
美味いです。

Dsc_0515
初めの方は石畳。
夜のうちに雨が降ったので滑ります。
奥が大神神社。

20201123093515_img_3261

八大龍王弁財天。
鳥居は池の向こうです。


「檜原(桧原)神社」に到着。
大神神社から50分ほどでです。20201123095426_img_3269

三つ鳥居が美しいです。
20201123095402_img_3267
元伊勢です。

この辺りから、山の辺の道を繋げる方々にお会いします。
「頑張ってください!」
とお互いにかける言葉が嬉しいです。

20201123102419_img_3278

巻向日代宮伝承地。20201123102911_img_3287
相撲神社。
紅葉が綺麗でした。
この奥にあるのが、
20201123104845_img_3298

大兵主神社の摂社。
こっちが綺麗で、拝殿撮るの忘れた^^;

景行天皇陵です。

Dsc_0525
遠くで、お堀に座ってご飯食べてはる。

うちも近所の神功皇后陵(五社神古墳)が遊び場でした。
ご陵さんは宮内庁管轄。

同じ天皇関係の陵なのに、あっちには当時、常に警備の人が常駐してはった。
重要度が違うのか?ここよりも?
(しかも厳密に言えば、天皇ではない)

20201123110748_img_3305_20210217115701

途中、大和三山が見えます。
20201123110654_img_3303

金剛山と葛城山も縦走するダイトレ、一部でも行きたいな~
高野山にも吉野山にも弥山にも玉置山にも登りたい。
そん時は当分、おらんといかんですね~^^;

20201123113258_img_3308

のどかな風景。
この後、道脇の高さ50センチほどの柵(細い線が上下2本~3本)があります。
猪、鹿など動物除けの電気柵なので触らないでください。

その側にいはった方々、全く気にしてなくて、言ったら驚いてました。
いや、山ではよく見ますし^^;


途中「大和神社御旅所」の看板が。

20201123113911_img_3312

天の神の天照大神と、地主神の大和大国魂神の社を別々に建てたとあります。
天照と、大和の国魂の二柱の神は、饒速日命です。

山の辺の道から一キロ西にあるので、寄り道しました。

ブログ村に参加しています。
ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 

2021年2月13日 (土)

饒速日命を求めて ⑭ ~三輪山の神の気配~

二日目の夜のこと。
不思議なことがありました。

三輪山へ登り、聖林寺へ行き、饒速日命をモデルと言われる十一面観音様にお会いした夜です。


  ここしばらく、左膝が痛い。

なのに、一日目に生駒越え22キロ、今日の昼間は三輪山へ登ったので、膝にきました。
生駒越えは、テン泊縦走並みの10キロのザック背負って。


  今日は特に痛い。
  左太ももから痛い。
  昼間は痛くなかったのに。

次の日は山の辺の道を、そのザックで歩く予定です。
大神神社から石上神宮まで20キロ近く。

  どうしても”繋げたい”

  明日、行けるかな。
  でも、歩く以外考えてないしな。

普段は40キロまで歩けるので、その半分の距離。

  山じゃないし、なんとかなるだろう。

そんなことを思いながら、床に就きました。
寝つきは恐ろしくいいので、すぐに熟睡。

                *

(その時の自分の感情、思い、感じたことを隠さず記します)


ん?

違和感を感じて、意識がはっきりとしました。

目は開けていません。

 

部屋の中の空気が違う。

ピンと張り詰めたような。

それが「これから起こる」ことの前触れに感じて、一瞬身構えました。

と、ふわっと何か大きなものが、体に覆いかぶさりました。


  手?


大きな手です。
温かく大きな手。
私の体全体を覆う程の。

感情がたくさん流れ込んできました。

<愛しい、懐かしい>


  これは三輪山の神か。

  この気配。

  やっぱり、リュウじゃないか。

 

気配の元は、三輪山から流れてきてるようでした。

「前世の彼」が例え饒速日命と後世で言われる人であっても、彼と「神」とは別のものです。
神は人にはならないのです。

・・・でも、もしかすると「カケラ」くらいはあるのかもしれない。

 

そう思うには充分でした。

  今までだって(住んでた時期あるし)、何度も来てたのに何故、今?

  ・・・そうか、時期という物があるのか。

 

一瞬で、色んな思いが頭の中を駆け巡り、後はじっとしていました。


大きな手は、頭をなでなでした後、左膝を優しくさすってくれました。

そこが温かくなっていき、痛みが引いていきます。
痛いとこ治してくれてる。

  そういや、レイキ自分にはしなかったなぁ。


”三輪山の神の手”は、長いことそうしてくれました。


・・・"その手”は、確かに私を励ましてくれていました。 


  しょうがないな、もうちょっと頑張るよ。

  〇〇があなたの名で良かったよ。
  この名じゃなかったら、とっくに放り出してたよ。


  偶然じゃありえないと思い知らされる。

  ”これ”は自分が選んだ道だ。
  そうしたかったんだと思える。


  ”これ” は "私の願い” だ。

  もう少し頑張るよ。

  次の世でも逢ってよね。

  ありがとう。

 

大きな手は、最後にほおを撫でてから、来た時と同じように、ふわっといなくなりました。

いなくなった後でも、同じ気配が三輪山から流れてきていました。

 

ブログ村に参加しています。
ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 

2021年2月 9日 (火)

聖林寺*饒速日の面影 ~饒速日命を求めて ⑬~ 

三輪山に登った後、三輪山大輪寺に歩いて向かった。

Dsc_0494_20210209072101

途中、大和三山が見える。

写真では、中央左よりに見えるのが耳成山。

Dsc_0495

 三輪山大輪寺

神仏分離の前までは、三輪明神の神宮寺であった。
大神神社が所有するお寺。

かつて十一面観音様が祀られていた。

Dsc_0497_20210209072101

大神神社に拝礼。
逢いに行ってきます!

Dsc_0498_20210209072301

青空の大鳥居。

友人が車で連れてってくれた。

桜井市の聖林寺へ。

(地図はGoogle map)


聖林寺。
ここに十一面観音様はおられた。

Dsc_0499 
御本尊は撮影できないですが、この写真は撮れる。

饒速日命をモデルにしていると言われている。
明治の廃仏毀釈の際に、こちらに移された。

しっかり(本物も)拝観させていただいた。

友人がお寺の人に聞いてくれた。

「こちらの十一面観音さまは、饒速日命をモデルにしてると聞いたのですが」
と。

お寺の方は、

「この仏様は元々、大神神社が所有していた寺にあったのです。
 大神神社の御神祭は饒速日命様なので、そうですよ。」
 

大神神社の大物主神は、饒速日命。

それを証明することでもあった。

Dsc_0502_20210209072401
このお寺から、三輪山が見ええる。

Screenshot_202102091354453

YAMAPの地図で。


右上の山頂印が三輪山。
左下の紫の印が「聖林寺」。
道なりにあるて4.5キロ。
歩いていける距離。

十一面観音様は、ずっと守られてここにあったのだ。

今、お会いできるのはその方々のおかげ。

Dsc_0504

お寺から出たら、もう薄暗くなってしまった。

もう少し行こう!と連れてってくれたのが、

「三ノ矢塚」

Dsc_0505_20210209072501

矢田丘陵にあるあの場所。

一日目にもたが、夕暮れも良かった。

もう1ヶ所行ったのが、

Dsc_0507

「一ノ矢塚」

饒速日命が放った三本の矢の内、見られてなかった一カ所。
自分だけじゃ来れなかった~。

ありがとう!。

この後、彩華ラーメンを一緒に食べた。
おすすめ!^^


この夜、不思議な体験をした。

 

( つづく )

ブログ村に参加しています。
ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 

2021年2月 4日 (木)

饒速日命を求めて ⑫ ~三輪山登山とアマノトリフネ~

いよいよ三輪山登拝です。
曇りの予報なのに、最高の晴れ!

20201123070213_img_3231

写真は次の日の朝に撮ったもの。
大鳥居と三輪山の俯瞰。

三輪山は大神神社の御神体。

20201123063132_img_3203お山には大物主神が祀られている。

御神体がお山そのものなので、山中では写真を撮ってはいけないのだ。
なので、次の日の朝に撮った写真。

20201123063209_img_3204

20201123063422_img_3205_20210203225601

登山の前に、もう一度参拝した。

20201123064551_img_3217

彼は饒速日命。20201122064545_img_3180_20210203225701

ずっと焦がれていたお山。

奈良在住の友人と一緒に登った。

Dsc_0492_20210203220101

大神神社の隣にある狭井神社で登拝の受付をする。

入山料1人300円。

番号のついた襷を預かり、紙にその番号と名前と住所記入。
下山後に返却。

スマホは持ち込みOK。
念の為、電話番号を聞かれる。



いよいよ、入山。

麓の方の石畳は濡れてると滑る。

あとは、結構なだらか。
登山の経験が無い人でも登れる。

普通の靴(歩きやすい靴で)に、普通の服で登ってる人が大半。
飲食はだめですが、水分補給の為の飲み物は持参しても大丈夫。
(下に詳しく書きます)

YAMAPを起動するのを忘れてて、頂上近くでした。
なので、往復4キロくらいの距離がある。
ゆっくり歩いたので、3時間ぐらいかかった。

頂上で30分くらいまったりしている。
Screenshot_202102032214432

写真が無いのでYAMAPの地図で説明。

登って20分くらいの所に休憩所がある。

登山道(青い線)の真ん中くらいのZに曲がってる辺りのもう少し登った場所に、左へ進む脇道があった。
20m程進むと行き止まり(ロープが張ってある)。

この辺りで少し休憩したのですが、妙にその上が気になった。
パワーがとても強い。
友人によるとその辺りは、「分かる人」が必ず何かを感じる場所だそう。
うちはとても心地よかった。


更にそこから少し登った辺りの地図上に、三つの点がある。
そこにも小さい社があった。
(写真は撮れません)

もう少し行くと頂上。



山頂の周囲にはロープが張り巡らせてあり、入れない。
その中には20~50センチくらいの石がゴロゴロあった。

と、確かにその間から大量の湯気がゆらゆらと立ち昇っていた。

蒸気ではないはずなので、「気」なのかもしれない。
友人も見えてたが、他の人には見えていないよう。
くらくらするような強いパワー。
波動かな?
なんだろう。

ここで感じたこと。
浮かんだこと。

<アマノトリフネはここにある>

~それは、あれは、UFOなんじゃないか?~


彼女もそう感じていた。


その周囲にはまったりと過ごす人も何人かいはった。

しばらくして下山。
差し込む光がとても綺麗だった。

                               *

~三輪山登山の注意点~

御神体なので、登る時には様々な約束事がある。
私が登る前に知りたかったことを載せる。


*写真を撮ってはいけない(カメラ持ち込みだめ)荷物の点検はないが。

*飲食をしてはいけない(水分補給は可)

*入山は午前9時から普段は14時までだが、コロナの関係で今は12時まで。

*年に6回ほど神事などで登れない日があるので、事前に必ずHPを確認のこと。

(ちなみにこの日の次の日、11月23日は神事があるので登れない。
 饒速日命の命日が22日とされているので。
 石上神宮では22日に魂振神事があります。再生を願う祭りになる)

  同じ宿の方が23日に登ろうと来てて、がっかりしていた。

*荷物は背負って大丈夫。
でも、あまり大きなザックを持ってる人はいない。
(たまにYAMAPのログでも、長距離移動の途中で寄る方もいるので大きいのを背負ってる人もいる)

うちは長距離縦走用の登山ザック35Lを背負ってましたが大丈夫だった。
(着替えなど中身はほとんど宿。でもお茶を入れる物が無かった!帰ってからアタックザックを買った。)


以上、自分が登る前に確認したかったこと。

 

人めちゃくちゃ多かった。

宝満山より!

 

友人と歩いたお山はめっちゃ楽しかった!
終始笑ってた。
でも感性が似てるので、遠慮なく(変な事も^^;)言えるし、たくさん刺激された。
ここは私一人では受け取れなかったものがあったのかも。
彼女がいたからこそ。

こんなに楽しいお山行は初めて。

ありがとう~!

 

( つづく )

ブログ村に参加しています。
ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

2021年2月 3日 (水)

朝の大神神社 ~饒速日命を求めて ⑪~ 

二日目。

朝一の大神神社へ。
またです。
この旅で5回行ってる^^;

朝のお社も良いので。

20201122063141_img_3175

朝6時。
宿が開けてくれるので、朝ご飯の時間まで参拝できる。

20201122063321_img_3178

Dsc_0482 

20201122064555_img_3181
「幸魂奇魂守給幸給」

20201122064652_img_3182

この方も後で三輪山登るのかな。

登山者に見えたんで、聞いたのでした。

三輪山へ登る際の注意点とか。

次回、書きます。

20201122064759_img_3184

まだ時間があるので、狭井神社へ。20201122070551_img_3190


大神神社から10分ほど歩くと鳥居が見えてくる。

20201122065449_img_3186

「狭井神社」
鳥居をくぐって、池の手前にあるのが「市杵島姫神社」。

Dsc_0487Dsc_0488

彼女は大物主神である饒速日命の后、御炊屋姫。
だからこそ、ここにある。
三輪山の麓に。

20201122065724_img_3187


三輪山へはここで受付をしてもらって、登っていく。
開山は9時から。

一旦宿へ戻った。

 

( つづく )

 

ブログ村に参加しています。
ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »