ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 饒速日命を求めて ⑯ ~山の辺の道 後編~ | トップページ | 饒速日命を求めて ⑱ ~三島神社~ »

2021年2月20日 (土)

饒速日命を求めて ⑰ ~石上神宮~

大神神社から、山の辺の道を歩いて石上神宮へ。
4時間半の1時半。
ようやく到着。

鳥居から入りなおしました。

20201123134055_img_3381

御神祭は、布津御魂大神、布留御魂大神。
石上神宮は物部氏の祖神を祀る社。
彼は饒速日命です。

ここでは前の日に、鎮魂祭がありました。

魂振り神事。

本来は、饒速日命の再生を願う祭りだと感じてます。

20201123135459_img_3385

ここで写真を撮っていたら、声をかけて来た方がいました。

「神かと思った~!」
「どうしたん?」

同じ宿にいたお姉さん。
聞けば、天理駅まで電車で来て、そこからタクシーに乗って来たと。

駅で預けた荷物にスマホを入れっぱなしにして、タクシー呼べなくてどうしようと思いながら参拝し終わったら、そこにいたと。
「ほんなん、めっちゃミラクルやな。うちが呼んだるわ」

タクシーは「大神神社までお願いします」と言えば、鳥居のとこ(一枚目の)に来てくれるそうです。
駅から2キロほどあるので、歩けない人には辛いそう。

お姉さん「凄い偶然!山の辺の道歩いてきたんでしょ?」
「そや。めっちゃがんばってようやく着いた~って思ったとこや。偶然にも程があるわ(笑)」

お姉さん「神社好きのあるあるやね」
「やっぱり、守られてるんやね~」

って会話をしながら待つと程なく、タクシーが来ました。

連絡先、聞いとけばよかった。
お姉さん、あの時のうちですよ。
見たら連絡してください。

一緒に神社巡りの旅しましょう~!


タクシーに乗るお姉さんを見送って、参拝へ。20201123135700_img_3390

6年ぶりです。
前に来たのは、鎮魂祭の時でした。
(「石上神宮 魂振り神事 ~奈良県~」)


毎年11月22日にあるので、その何ヶ月か前から神社に電話で申し込めます。
当日に、奉納金を納めます。(金額は電話の時に確認を)
直会の弁当も頂けるので、余分に納めました。
これが京都下鴨茶寮のお弁当屋さん。
とても美味しかったのです。

毎年、そうらしいので(神様と)関係あるからかな、と思いました。
加茂の神も饒速日命です。
(「日本の真相 15 ~前編 葵祭 と 住吉神 と 神功皇后~」)

 

20201123135718_img_3391

久々に神事が土日に当たる年なので、参加したかったのですが、今年はコロナのせいで、一般参加者は受け付けてないとのこと。

ほんなら、三輪山に登ろう!と来たのが今回の旅のきっかけでした。

楼門。

美しい。

 

20201123140005_img_3394

拝殿です。

ようやく来られました。
春にもまた来ます。

正面の階段を上がったところに摂社があります。
20201123140532_img_3396

20201123140545_img_3397

20201123140559_img_3398

猿田彦神、住吉三神(底筒男雄、中筒男神、上筒男神)、

息長帯比売姫(神功皇后)、高龗神(たかおかのかみ)。


同じ境内に祀られているのは、ただ適当に配祀されているわけではありません。
その神の「分霊」だからです。

同じ魂。
元は一柱の神なのです。(例外はあります)
そう思ってあちこちの社を見ていくと、必ず、納得できます。

息長帯比売姫がここにあるのは、彼女が饒速日命の后(三炊屋姫(市杵島姫命でもある)だから。
他に理由は無いのです。

20201123140949_img_3405

20201123141124_img_3406

20201123141245_img_3410

ここから見る景色も素晴らしい。

1800年。
その途方もない時を。

連綿と続いてきたかの神への祭祀、大事に守ってきてくださった方々の賜物です。

20201123141404_img_3412


ありがとう。


三島神社へ向かいます。
前に行った時、不思議なことがありました。

 

ブログ村に参加しています。
ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 

« 饒速日命を求めて ⑯ ~山の辺の道 後編~ | トップページ | 饒速日命を求めて ⑱ ~三島神社~ »

コメント

おはようございます!
春に再訪ですか。
コロナが落ち着いて、GoToが再開していると好いですね。
かなりお得に再訪出来ますから。
でも、そうなると参拝客がやたらと増えてしまい、落ち着いてゆっくり参拝することができなくなるかな?
痛し痒しかもね。

FUJIKAZEさん、こんにちは(*^^*)

それでも行くのです~!(^^;
奈良は宿が少ないので、取るのも大変なんですが、
もう宿押さえました。
この状態はしばらく続くでしょうね。
気をつけて行くしかないです(^^;

この時はGotoで宿がかなりお安くなりました。
でもツアーではないので、新幹線の料金は同じでした。
早く収まって欲しいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 饒速日命を求めて ⑯ ~山の辺の道 後編~ | トップページ | 饒速日命を求めて ⑱ ~三島神社~ »