ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 2021年3月 | トップページ | 2021年6月 »

2021年4月29日 (木)

楯崎神社 ~伝承の真実 その8~ 饒速日命と神功皇后

まとめです。

楯崎神社には、三つの伝承がありました。
一つ目は、大己貴命と宗像姫。
二つ目は、神功皇后。
三つ目は、最澄法師です。


楯崎神社の御祭神は、大己貴命と少彦名命。
相殿に飛龍権現(大己貴命)


< 大昔、まだ混沌としてる時代 >

大己貴命と宗像姫が、「夷の類」という狂暴な鬼神と戦った。
北の海に攻めてきて、人民を殺略した。
大己貴命と宗像姫は神軍を率いて、神の力を振るい、

楯を立て、(楯崎の由来)
鼓を鳴らし、(鼓島の名の由来)
夷賊を防御し、遂には滅ぼした。


「大己貴命」

大己貴命は、大国主神=葦原醜男神=八千戈神=顕国玉神=大物主神(大神神社の神)。
また、大国売神(大倭神社)。
出雲国杵築大神(出雲大社)は、皆同じ神。
皇孫を避けて、こちら(出雲)に祀られる。

大国主神(大己貴命)は、ちはやふる神を追い返して、初めて国を造った。
*ここの「ちはやふる神」は、夷の類である、狂暴な鬼神のことです。


「宗像姫」
大己貴命と宗像大社の辺津宮の市杵島姫命(高津姫)は、夫婦となった。
事代主命は、三島溝杭姫と夫婦となった。
二つは同じことの意味。


大己貴命=大物主命=事代主神=饒速日命。
宗像姫=市杵島姫命=玉櫛姫=三島溝杭姫=御炊屋姫。
その6 参照のこと)


*これらのことから、大昔、この地で「夷の類」と戦ったのは、饒速日命と御炊屋姫。

< 神功皇后 >

三韓征伐の折り、この山に登って神の助力を願った。
京泊(船が泊まったところ)
鼓島(神の力の顕現)

 

< 最澄法師 >

唐に渡る前にここに来て、宿願が叶うことを祈る。
自ら薬師阿弥陀観音像を彫り、楯崎寺に祀った。

******************************************************

大己貴命は、饒速日命でした。
更に、高良大社の神、住吉神でもあります。
( その5 参照のこと)

また、宗像姫の市杵島姫命は、御炊屋姫であり、神功皇后です。
( その6 参照のこと)

大己貴命と市杵島姫命、
饒速日命と御炊屋姫、
さらに、住吉神と神功皇后は夫婦。

皆、同じことを述べているのです。



「大己貴命と宗像姫(市杵島姫命)は夫婦であり、夷の類(いのるい)と戦った」

それは、


「饒速日命と御炊屋姫は夫婦であり、夷の類と戦った」ということです。


これは、高良玉垂宮神秘書の伝承と同じです。

住吉神と神功皇后は夫婦であり、「ヰルイ」と戦った。



住吉神が饒速日命であり、神功皇后が彼の后である御炊屋姫であるからこその、
一致に他ならないのです。


大己貴命の伝承の先々にある、神功皇后の伝承。
それは、「後から神功皇后が大己貴命の伝承地に行った」のではなく、
夫婦であり、共にいた(戦っていた)からではないのか。


この神社では、一見、神功皇后が「祈った」だけで接点はないようですが、
この後、行った「波折神社」でその伝承に出会いました。

 

ブログ村に参加しています。
ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 

 

2021年4月18日 (日)

楯崎神社 ~伝承の真実 その7~ 神功皇后の項 考察

その4 神功皇后の項  の考察です

「神功皇后」についての記載がありました。

(大意)

西行法師の作
     さかおろす楯石崎の白浪は あらきしほにもかかりけるかな


古老伝える。
昔、息長足姫尊(神功皇后)、将として三韓征伐の折り、 この山に登って神の助力を祈った。
船が泊まっていたところを、京泊という。
社殿の北、御手を洗った所を御手水の瀑布という。

その側に巌(いわお)あり。
形状は戦艦のようで、いわゆる加羅船なり。
また、三つの険しい瀬あり。
その中間は湯壷という。
温泉があって湧き出している。
海中がたぎっている瀬がある。
潮が涸れた(引いた?)時に湯が沸きだしてるのが見える。
この北の浜を磯浜と名づけ、これを五色浜という。
細かい石、五色が鮮やかである。
また、浜に楢葉の神紋石あり。
細かい楢葉の模様あり。
鎮め石となれる。
この岸の西に二町ばかり行ったところに、一岩嶋あり。
形は鼓に似て草木なし、いわゆる鼓島は、この海山の「奇勝」の言葉のままである。
すべて神の力の顕現である。

 皇統弥照、桓武天皇の時代、最澄法師が法を求める為に唐国へ赴く時、当社に詣でて宿願が叶うことを祈った。
 *弥照は、桓武天皇の和風諡号(日本根子皇統弥照尊(やまとねこあまつひつぎいやでりのみこ))

(最澄法師は)自ら薬師阿弥陀観音像を彫り、これを安置して楯崎寺と名づけたいう。
今、楯崎薬師と言われる所は、これの新宮である。
誤って古宮と名づけ薬師とし、神山と名づけ薬師山という。
以前の大神の本跡を知る者はいない。

(以下、略)

                          *

息長足姫尊は神功皇后です。
三韓征伐の前に戦勝を祈願してこの山に登ったとあります。

皇后軍の船が泊まっていた場所を「京泊」。
社殿の北の皇后が手を洗った場所を「御手水の瀑布」。

「鼓島」はこの楯崎神社がある渡半島の北の端っこにあります。
ここに関しては後に記述。

最澄さんのことについても書かれてありました。
桓武天皇の時代、法を求める為唐国に渡る前に祈願した。
薬師阿弥陀観音像を自ら彫り、安置して楯崎寺と名づけた。

最澄さんは、神功皇后や大己貴命の伝承の先々に名があります。
私が、住吉神と大己貴命であり、神功皇后が同じ時代だとたどり着いたのは、最澄さんのおかげでした。
これも後に記述します。

 

その2は、序文と大己貴命と宗像姫の項
その3に宗像姫の項
その4に神功皇后の項

その5~7に大意と考察します。

その8はまとめです。


順番入れ替えました。


( つづく )

ブログ村に参加しています。
ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

2021年4月14日 (水)

楯崎神社 ~伝承の真実 その6~ 宗像姫 考察

その3の宗像姫の項、解説と考察。

(大意)

宗像三女神は、天照大神と素戔嗚尊の誓いの後、生まれた御子。
すなわち、田心姫神は沖津宮、湍津姫命は中津宮、市杵島姫命は辺津宮、の三カ所に鎮座して、今も昔も国家を守る大神。
旧事紀には、素戔嗚命の御子の大己貴命は、まず沖津宮の田心姫神を娶りて、一男一女の味鉏高彦根、下照姫命を生む。

次に辺津宮の高津姫を娶りて一男一女の、味歯八重事代主神、高照光姫大神命を生む。
(*1)味歯八重事代主神は八尋の熊鰐(やひろのくまわに)となり、三島溝杭女(玉依姫=玉櫛姫または櫛玉姫)の所に通って一男一女児を生む。
生まれた子が、天日方奇日方命。
この命、橿原朝の時代、食国大夫となってお供に加わる。   
六世の孫阿田賀田須命は、宗像朝臣等の遠い祖先である。

この神山(楯崎神社の裏山?)の険しい峰の上、草木が盛んに生えている楯板、石となって存在している。
面の横幅0.6m、高さ1.5m。
削って作り上げたように険しくそそり立ち、東方を向いている。
三方向に石壁を築き、これを取り囲む。
土地の人はこれを敬い、よく山に登る者がいる。

社の後ろに岩の窟(穴)がある。
方約0.6m、深さ約3.6m。
神霊のおられる窟である。

西は海岸に面していて、極めて高く切り立った険しい崖が、大海原を望み、人の感情を思うままにし、眼下のいわおの険しさ、異様な状態である。
もし夕方に(見れば)、切り立ったような崖に潮水がそそぎ、荒波絶壁を打ち付けて、怒ってるように見え、神を驚かし、魂を消し、人を騒がす所、風雅を愛する人が好む所、楯石崎はこの地である。


                    *

宗像三神とその夫神(大己貴命)について書かれてあります。

宗像三神の内、田心姫神は沖津宮、湍津姫命は中津宮、市杵島姫命は辺津宮 にそれぞれ鎮座。
旧事紀には(と前置きしてあり)

スサノオの御子、大己貴命は、まず、田心姫神夫婦となり、味鉏高彦根、下照姫命を生む。

大己貴命は三輪山の大物主神です。

次に、辺津宮の高津姫を娶りて、八重事代主神、高照光姫大神命を生む。

この高津姫は辺津宮の神なので、市杵島姫命です。
ここでも、大己貴命(大物主神)と、市杵島姫命が夫婦です。

*詳しく「何故か」を知りたい方はリンクへ ↓

(「饒速日命を求めて ⑳ 終章 ~御炊屋姫と市杵島姫命と神功皇后~」)
(「神功皇后の伝承地 10 ~織姫と市杵島姫と神功皇后~」)



八重事代主神は八尋の熊鰐(やひろのくまわに)となり、三島溝杭女(玉依姫=玉櫛姫または櫛玉姫)の所に通って一男一女児を生む。

八尋熊鰐=事代主神ですが、大物主神(大己貴命)自身でもあります。
(「日本の真相 23 ~勢夜陀多良比売~」)

  神武天皇の妃は、五十鈴媛命。
  彼女の母は玉櫛姫、父は事代主とも言われ、
  古事記では大物主ともされています。

  玉櫛姫とは、櫛甕玉比古とも呼ばれる神と夫婦になったという御炊屋(ミカシヤ)姫のこと。

  奈良の櫛玉比女命神社
  には、櫛玉比女命として祀られています。

  櫛玉饒速日命(くしたまにぎはやひのみこと)の妃、御炊屋姫(みかしやひめ)です。

また、三島の神は、布留御魂神でもある饒速日命でもあり、三島溝杭女とはその后、御炊屋姫のことです。
事代主神が饒速日命ならば、一致します。
(事代主神などは、書かれる場所によって、変えられることはあるかも。子の立場であったりと)

生まれた子が、天日方奇日方命。
この命、橿原朝の時代、食国大夫となってお供に加わる。
六世の孫阿田賀田須命は、宗像朝臣等の遠い祖先である 。

 御食国は、(みつけくに)と読まれます。
同じ読みの御膳津(みけつ)神は、天照大神の神饌を用意したという豊受大神のことですが、
ここでは神(の存在に近い者)の側に「仕える者」の意味で使われているのかもしれません。

天日方奇日方命 が 、饒速日命と御炊屋姫の子ならば、神武天皇と夫婦になったという五十鈴媛命
「橿原朝」とは、神武天皇の時代を指すものなのかもしれません。

(ただし、私自身、神武天皇が存在していたかどうかは分かりません)


<宗像三神>

宗像社記にはこう記されてある。
宗像大神が異賊に対して、最初の合戦地に御楯(砦か?)を築いた場所を「楯崎」とした。
その御楯は、石となって今も存在する。
(宗像大神)軍が勝った。
鼓を打った島が鼓島と言われるようになった。
その鼓は、石となって今も存在する。

宗像大神が、異賊と戦って勝利したことが書かれてあります。
その3)にあった、大己貴命と宗像姫が神軍を率いてならば、共に戦ったのは大己貴命です。

それは、大己貴命=大物主命=事代主神=饒速日命。
また、宗像姫=市杵島姫命=玉櫛姫=御炊屋姫。


この「楯崎」とは、御楯を築いた場所。
「鼓島」とは、鼓を打った島。

鼓島は、この楯崎神社がある渡半島の北にある小さな島です。

鼓島や楯崎の名の由来になったのは、大己貴命と宗像姫の異賊との戦いでした。

彼らが、饒速日命とその后、御炊屋姫ならば、この地で戦ったことになります。



楯崎神社は渡半島の津屋碕という地にありますが、ここに「波折神社」があります。
ここも神功皇后の伝承地です。この神社の伝承も、この楯崎神社と繋がります。
後に記します。



その2は、序文と大己貴命の項
その3に宗像姫の項
その4に神功皇后の項

その5~7に大意と考察します。
順番入れ替えました。

( つづく )

 

ブログ村に参加しています。
ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 

2021年4月10日 (土)

楯崎神社 ~伝承の真実 その5~ 大己貴命と宗像姫の項 考察

その2 序文と大己貴命、解説と考察。

当社は宗像宮の摂社七十五社のその一である。
楯崎神社は以下に詳しく説く古宮である。
御祭神は、大己貴命、少彦名命。
また、飛龍権現の相殿とし、三座とする。

言い伝えによると、世の中が未開で荒れ果てて混沌としている世、
夷の類 (*1 ヰルイか?異類)という狂暴な鬼神が北海の浜に攻めてきて、人民を殺略した。

その時、大己貴命と宗像姫が自ら神軍を率いて、稜威(いつ・畏れを感じるほどの力)を振るって、
楯を立て、鼓を鳴らして、夷賊を防御して、遂には滅した。
楯崎と加羅船などの名はこれが由来。

<大己貴命>
大己貴命は、父が(?)素戔嗚尊の七世孫の天之冬衣神子と母が(?)刺国若比売神。
(↑ここは分からないです)
この神は、またの名を大国主神、またの名を葦原醜男神、またの名を八千戈神、
またの名を顕国玉神といい、五名の若夫(妻のこと?)あり。
大三輪社(奈良の大神神社)に祭られている。
大物主神は大倭神社に祭り、大国売神という。

故にこの大国主神はちはやふる神などを追い返して、初めて国を作る。
その子供、百八十一神あり。
のちに、皇孫を避けて、日隈宮(出雲大社)に祀られる、出雲国杵築大神 である。

<以下、少彦名命の項は省略>


                                                         *

この社に祭られている<大己貴命>は、大国主神であり、八千戈神、奈良の大神神社の大物主神。
彼は饒速日命です。
更に、出雲大社に祀られているのも、彼だと書かれてあります。

また、相殿に祀られている飛龍権現は、大己貴命だとここに書かれてありました。

本地垂迹資料便覧 http://www.lares.dti.ne.jp/hisadome/honji/files/HIROU.html

「同神の別の名(分霊)を併記したり、相殿や摂社に祀る」のは事実のようです。


その饒速日命が宗像姫と共に、「夷の類」を退治した。

夷の類 (*1 ヰルイか?異類)という狂暴な鬼神が北海の浜に攻めてきて、人民を殺略した。

その時、大己貴命と宗像姫が自ら神軍を率いて、稜威(いつ・畏れを感じるほどの力)を振るって、
楯を立て、鼓を鳴らして、夷賊を防御して、遂には滅した。


まったく同じ状況を高良の伝承で見ています。

夷の類」、それは「ヰルイ」ではないのか。

高良大社の伝承、高良玉垂宮神秘書にありました。

そこには、高良神と神功皇后が夫婦であり、共に「ヰルイ」を退治した とあります。

高良神は饒速日命です。
かの社は、物部氏の祖神を祀る宮でした。

(「神の鉾 2 ~高良玉垂宮神秘書~」)

(「神の鉾 3 ~安曇磯良神~」)

(「神の鉾 4 ~天照の分御霊~」)


共通する「ヰルイ」。
大己貴命が饒速日命であり、高良神であるのだから、同じ伝承なのでしょう。


では、楯崎神社の大己貴命が饒速日命ならば、共に「夷の類」を退治したという「宗像姫命」は神功皇后ではないのか?

「彼」が饒速日命であるならば、「彼女」は?



その2は、序文と大己貴命の項
その3に宗像姫の項
その4に神功皇后の項

その5~7に大意と考察します。
順番入れ替えました。



( つづく )

ブログ村に参加しています。
ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 

2021年4月 8日 (木)

楯崎神社 ~伝承の真実 その4~ 神功皇后の項

神功皇后についての項があります。

20201225135925_img_3594

 
夫木集 西行法師
    さかおろす楯石崎の白浪は あらきしほにもかかりけるかな

古老相伝えて曰く、往昔、息長足姫尊、将として西征の時、斯の山に登り、而して
神の溟助を請わんことを祈り、御船、これに泊する處を京泊と曰う。社北、御手を
洗いし處を御手水の曝布と曰う。其の側に一題巌あり。形状艨艦の如し、所謂加羅
船なり。又、三嵓瀬あり、その中間は之を湯壷と曰う。温泉ありて湧出す。今廃し
其の海中に多藝理瀬あり、潮汐将に盈涸の時、猶温井沸湯の勢を見る。因って之を
社北の礒浜と名づけ、之を五色濱と曰う。細石、悉く五色鮮明なり。又、猶葉濱に
神紋石あり。顆々、楢葉の文あり、隠れし名は、濱に起因す。鎮子と為すべし。
この岸の西二町許り一岩嶋あり、形状は鼓に類し、草木なし、所謂、鼓島は凡そ、
斯の山海の奇勝、言に尽すべからず、皆神明の靈踨なり。
 皇統彌照、天皇桓武天皇の御世、最澄師、求法の為に将に唐国に赴かんとし
当社に詣で宿願を達せんこと祈り、自ら薬師彌陀観音像を彫剋し、以て之を安置し
号して楯崎寺と曰う。今俗に楯崎薬師と称する所は即ち此の新宮なり。誤って古宮
を称して薬師となし、神山を称して薬師山と曰う。曽って大神の本跡を知る者なし。
曩に、宗像神社の盛んなるや、末社、修造用途は葦屋新宮濱の漂涛物を充てられる。
其後、勅を以て、同郡曲村田地、四拾町修造料と為す。当社亦、これを與う。又、
圭田、貮町を寄せられ、今、社東の田字、御田及び御園と称するは古の遺名なり。
又、毎年、正月七日、九月廿九日、宗像末社の神座を本社に於いて設け、神饌一百
八膳を献じ、又、三月八日より同十五日に至り修法ありて、之を為す。恒例の神事
宗像大官司家、世掌礼典甚だ厳かなりと云う。天正十五年豊臣関白、九国、征伐の
時、悉く神田を没収す。これより以後、神殿、傾覆し、神人、緇素、四方に散去し
空しく神体佛像を岩窟中に遷し奉りて、祀らず。年ありここに於いて、元禄年中に
至り、村民等、旧祠の廃絶を嘆き、再造の志を企て、僅かに、一宇の祠を造立し、

二祀を再興し、国家の為、永く擁護の神力を懇祈し、黎庻の為恢く発願し、快楽の
誓いを弘め、今に一百有余年、祭典、闕さず幣帛、増加して惟れを伏す。大神園を

造るの勧めあり。則ち、天下蒼生孰く其の恩光を戴かず。嗚呼、神の徳上下を徹し
遐〇を隔てず、爰に感じ、爰に応じて鎮まる。国家、群生を護るや 大なり。誰か
神風の余化を仰がざらんや。


(〇は該当する漢字が分からなかった)
靈踨 (霊の跡。神の力の跡ということ)
嵓(けわしい)
曽(かつて)
曩に(先に)
涛(おおなみ)
與(与えるの旧字)
奠(典)
緇素(しそ。僧俗)
一宇(一棟、1軒)


( つづく )

 

ブログ村に参加しています。
ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ




 

2021年4月 1日 (木)

楯崎神社 ~伝承の真実 その3~ 宗像姫の項

由緒書の宗像姫の項です。

20201225135525_img_3590

 

 宗像三前大神は、天照大神と素戔嗚尊、誓って久しき後に生座の御子なり。即ち
号して曰く、田心姫神、湍津姫命、市杵島姫命は沖津宮、中津宮、辺津宮の三所に
厳重に鎮座し、奇瑞、古今不変、国家鎮護の大神なり。旧事紀に案じて曰く、素戔
嗚尊の児、大己貴神、先に宗像奥津宮に座す田心姫を娶りて、一男一女児、味鉏高
彦根妺(*1)、下照姫命を生む。次に辺津宮に坐す高津姫を娶りて一男一女児、味歯
八重事代主神妺、高照光姫大神命を生む。味歯八重事代主神は化して八尋の熊鰐と
為り、三島溝杭女を通じて、玉依姫に生き一男一女児を生む。天日方奇日方命なり。
此の命、橿原朝の御世勅して、食国大夫となりて供奉。六世の孫阿田賀田須命は、
宗像朝臣等の遠き祖なり。宗像社記に曰く、当神、異賊に対し、最初、御合戦地の
事、御楯を築き始められし処を楯崎と号す。其の御楯、石と成りて今にこれあり。
軍に御勝ちあり。勝鼓を打ちたまえる処を鼓島と号す。其の鼓、石に成りて今にあ
り。それ神山の峻嶺上、草木蓊蔚(*2)楯板、石と化し、今猶(*3)其の石あり。面の径二尺五
寸、高さ五尺拾も削成せるが如く、東方に向きて立つ。三方石壁を築き、之を囲繞(*4)
す。土人之を敬畏し能く登陟する者あらんや。社の後に一岩窟の口あり。方二尺五
寸、深さ一丈二尺、乃ち神霊の窟宅とする所なり。西は海岸に面して儳巌千尺(*5)、こ
こに萬里の溟遼(*6)に絶するに臨み、心目の寥朗を恣し、それ眼下の礒(*7)恣く龍蟠り、虎
蹲り(*8)怪異萬状、若し夫れ且夕、潮水、懸崖に灑がば、奔涛絶壁を撃ち、怒りて
噴し、神を驚かし、魂を消し(*9)、人を騒がす所、咏吟の雅人、愛賞する所、楯石碕は
即ち此れなり。

(今、無い漢字などは相当しそうなものを当てました。違ったらすみませんです)

(*1)妺(妹ではない。女の人につける文字)
(*2)蓊蔚(おううつ。草木が盛んに生えるさま。)
(*3)今猶 今も尚、今でも)
(*4)囲繞(いにょう。いじょう。取り囲む)
(*5)儳巌千尺(ざんがんせんせき。極めて高く切り立った険しい崖)
(*6)溟遼(大海原)
(*7)礒(いわお。岩が突き出てるさま。磯)
(*8)龍蟠り、虎蹲り(竜蟠虎踞のことか。地形が険しく攻めにくい地域)
(*9)消し(原文は火+肖)


その2は、序文と大己貴命の項
その3に宗像姫の項
その4に神功皇后の項

その5~7に大意と考察します。
順番入れ替えました。


( つづく )

ブログ村に参加しています。
ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 

 

 

 

« 2021年3月 | トップページ | 2021年6月 »