ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 2021年6月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年8月 6日 (金)

立山参詣道と禅定道  ②

 山ナビで山友になった、日光修験道の山伏さんの太賢さんとYukomai さんとご一緒させて頂きました。
立山参詣道と禅定道を歩きます。

今回は二回目。 

一日目は参詣道。
雄山神社前立社壇〜立山駅。
「立山参詣道と禅定道 ①」

二日目は立山禅定道へ。
立山駅(登山口)〜室堂まで歩きます。

スタートは3時半。
登山口は立山駅ケーブルカーの裏手。

Dsc_0475_20210804144301

相当な急登。
しかも真っ暗。

Dsc_0478_20210804144301

ここは本州!
「熊に注意」の看板があちこちに!
九州で熊におびえることなく山行してきたので怖い!
Yukomaiさんが時折立ててくれる法螺と太賢さんの気合が心強かったです。
本州じゃ藪漕ぎとかできませんねー(^^;

1627305103570


二時間ほどかかってようやく、急登を抜け、もうこの時点でへとへとでした。

Dsc_0481

美女平。
ケーブルカーの終着地点。
バスはここから室堂まで出ています。
ええ。
ケーブルカーならここまで7分ですよ。

その後、アシナガバチに何度も襲われ、(オニヤンマくん作ってこなかった!)
標高が上がったとこで、ようやくいなくなった。

思ってたより随分暑かったので、持ってった水が足らなくなりました。
獅子ヶ鼻の前にある水場(川)に救われました。
そこから鎖場です。

1627305117109

獅子ヶ鼻の辺りに「弘法大師様の窟」があり、ご法楽。

Dsc_0501
Dsc_0503_20210804144601
もう一つの窟は見つからず、離れた場所から。

その後、延々と続く木道に意識が遠くなりながらも、延々と歩く。

1627305103602

Dsc_0537

イワカガミ初めて見ました!(ぼけてるのしかない)
小さい!可愛い!

モヤってたのが次第に晴れ、綺麗な山々が見えました。

20210725160945_img_7043

1627545617294

なんとか室堂へ。

20210725161607_img_7045

この時点で17時。
1627305290141

今年は雪が多く残ってます。
雪渓を渡り、玉殿岩窟へ。
かなり下がって行きました。

太賢さん、玉殿岩屋で長めのご法楽(例時作法)。

20210725170357_img_7050

Dsc_0524

念願のご法楽でした。

20210725171710_img_7056
うちも般若心経を唱えさせて頂きました。
この時間に着けたのは奇跡。

今までの山行で一番大変でした。

室堂で一泊。
夜、よく晴れていたのですが、満月だったので星はあまり見えず。
次の日、朝日を狙って、4時過ぎをから外に出て待ってました。
でも3000m近い山々なので登って来るのまで時間がかかるようで。
モルゲン見られました!

20210726053108_img_7075
20210726061554_img_7084
宿の窓から。
歩荷さんが冷蔵庫背負ってる!
凄いです!

Dsc_0541
宿から室堂までの道。
美しい〜!

Dsc_0543
みくりが池。

次はいよいよ、立山、剱岳へ登拝します!

ご先達、太賢さん。
Yukomaiさん。

貴重な体験をさせて頂いてありがとうございました。
立山行きのために般若心経覚えて、一緒にご法楽させて頂きました。
未熟者ですが、気持ちだけでも伝わってると嬉しいです。

太賢さんから、錫杖と数珠と半袈裟を持つようにとすすめられて、手に入れることになりました。
今度からの山行では、必ず持参して、ご法楽したいと思います。

またよろしくお願いいたします。


重い靴が合わず、足裏に水膨れ。
ザックは10キロ近く。

改善の余地ありですね。

靴はアルトラに決めました。
トレラン用の、ミッドの軽ーいシューズです。
剱岳、アルトラで行きます!
(自分を鼓舞してる!)

 

山行を始めたのは2016年。

その頃は登山をしてるという気持ちもなく、ただ上宮に行きたいという思いだけ。(靴も無かった!)

そこから(本格的に始めて)3年で、立山、剱岳です。
思ってもみなかったです。

20210726062306_img_7091

 (立山(雄山)の山頂の上宮)

あの山頂の上宮に行きたい!
山を愛する山伏さん方とご一緒できて、ご法楽する機会も得られるのは、この上ない瑞運だと思います。

もっとトレーニングして行ってきます!

帰りの飛行機から。
20210726172531_img_7134

周りに雲はなく、このお山にだけすっと雲が立っていました。

20210726172421_img_7126


いつもは雲の形に意味をもったりしないのですが、すごく神々しく感じ、このお山に行ってみたいと強く思いました。

20210726172008_img_7114
こんな海岸線の近くです。
 直感で大山か(鳥取の)と思ったのですが、しばらくしてから「もうすぐ広島」というアナウンスが聞こえたので違うのかな、と。
Screenshot_20210803210246
手前の池の形が似てる。
大山かなあ。
お山にかかる雲から、「ニギハヤヒ」を感じたのです。
Screenshot_202108031308222

3日間(一日目も合わせて)、総距離42.6km     総標高3286m

なのに、山表記が一つもない!^^;

 

2021年8月 4日 (水)

立山参詣道と禅定道 ①

日光修験道の山伏さんの太賢さん、Yukomaiさんと、立山参詣道と立山禅定道を歩いてきました。

8月に立山、剱岳に登るので、今回はその前の段階です。

一日目は、参詣道。

刀尾神社と雄山神社(岩峅寺)は、タクシーで回る。
雄山神社から立山駅まで、17キロ+αはご法楽しながら歩きます。

20210724072414_img_6948

刀尾(たちお)神社(富山市太田南)は、立山参詣者は必ず立ち寄らねばならなかった場所。
この鳥居から始まりです。

20210724072716_img_6950

御祭神は邪那岐神(立山権現雄山神、本地 阿弥陀如来)
天手力雄神(刀尾神剱岳神、本地 不動明王)

20210724080852_img_6953

越中一之宮、雄山神社前立社壇(岩峅寺)の鳥居。
写ってるのはご先達、太賢さん。

20210724081739_img_6963

伊邪那岐神、天手力男神の立山の神を二神を祀ります。
ここから歩き。
Dsc_0440
はるか彼方に見えるのは立山の山々。
あっこまで行きます!

1627545617229

ザックが偶然同じなYukomaiさん。
うちのザックは10キロ。
重かった~。

雄山神社中宮祈願殿(芦峅寺)へ。

20210724130309_img_6970
雰囲気が一気に変わります。

20210724135614_img_6982

立山の神様を直接拝する感じ。
御神気がとても強い様な。

ここが本殿。

20210724133952_img_6977
中でご法楽させて頂きました。

Dsc_0465_20210804135301

境内にある立山大宮。
御神祭、伊邪那岐大神。

Dsc_0462
立山若宮。
御神祭、刀尾天神(天手力雄神)
「霊峰立山登拝の諸人は必ず参拝するを例とした」
と説明板にあります。

Dsc_0459_20210804135701

剱嶽社 御祭神、須佐之男命
剱岳山頂にあったという旧社殿。
どなたかが剱岳山頂から持ってこられたのですね。
凄いです。
この後、立山博物館などに行きました。
剱岳山頂にあったという錫杖も見てきました。

20210724143119_img_6983

 

閻魔堂。
20210724143556_img_6988
布橋を渡ります。

昔、立山へ登ることを許されなかった女人は、
布橋を目隠しして渡り(布橋灌頂会)、
姥堂で念仏を唱え、もう一度布橋を渡り、無事に渡りきると極楽浄土へ行けるとされてました。

20210724143918_img_6989
遙望館。
かつてのうば堂の地に建っています。
布橋を渡った後、こちらで映像を見て(地獄などの)、最後に幕が上がり立山を拝します。
それで、灌頂を受けたことになります。

20210724144000_img_6990
遙望館からみた立山。

まんだら遊苑へ。

地界、陽の道、天界、闇の道、と四つのエリアがあります。

20210724160012_img_6991

地界(地獄)
20210724161934_img_7005
 陽の道

20210724163130_img_7015
天界

20210724163807_img_7020
闇の道(産道)

 

人は死ぬと地獄へ行き、陽が当たる道を進んで、天国へ行き、闇の道(産道)を通って生まれ変わる過程を表現しています。
立山には全ての世界があると信仰され、その為に登拝されてきました。

ただ登るだけではない、そう思うこと(観念)が大切なんだそうです。

20210724174859_img_7030
藤橋からの称名川。
立山駅の側で一泊しました。
次の日は禅定道を通って室堂まで歩きです!

この日は暑かった〜!

Screenshot_202108031308222

今回歩いた参詣道のタイムと標高です。
禅定道は続きへ。

( つづく )

 

ご一緒させて頂いた太賢さんのブログです。

山伏の日々
https://ameblo.jp/yamabushitaiken/

お誘い頂いてありがとうございました!

 

« 2021年6月 | トップページ | 2021年9月 »