ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 立山参詣道と禅定道  ② | トップページ | 立山三山縦走 その2 »

2021年9月 4日 (土)

立山三山縦走 その1 ~獅子ヶ鼻岩の役行者窟~

8月19日〜22日まで立山へ行ってきました。
23日は強風と天候が良くない予報で、剱岳は中止。
22日に剱山荘泊の予定を雷鳥沢泊まりに変更。
立山三山縦走と走り禅定をしました。

メンバーは、うちを入れて5人。

一日目 、19日は移動日。

福岡始発の飛行機で小松空港へ。
福岡〜小松空港〜富山駅〜立山駅〜室堂
電鉄富山駅で室堂までの通しの切符が買えます。
室堂ターミナル着が14時50分でした。

室堂の玉殿へ
ご法楽

その後、雷鳥沢ヒュッテ泊。
この夜、唯一の星空でした。
天の川、初めて見られました。

20210820031959_img_7345


二日目、20日。
午前中は、一人で獅子ヶ鼻の役行者窟探しです。
前回、行った時は分からなかったのですが、
獅子ヶ鼻の下にあると目星をつけて行ったので見つかりました。

3時に宿を出発。
室堂〜弥陀ヶ原まで車道を8キロ走る。

20210820051410_img_7357

1時間半ほどで、弥陀ヶ原へ。
その後、前回も行った登山道(禅定道)へ入ります。

20210820055003_img_7362

弥陀ヶ原の木道。
熊の巣があり、目撃されてると宿で聞いたので、怖々です。
(弥陀ヶ原と聞いただけで、どの辺りか分かりません)

20210820061750_img_7365

唯一の水場。
Dsc_0719

右上にあるのが獅子ヶ鼻。
手前の川を渡り、一番目の鎖に取りつきます。
ここまでもかなりの鎖道があります。
上級者コース、とはなっています。

Dsc_0720

3番目の鎖という情報を見たのですが、それは違います。
ひたすら、「獅子ヶ鼻の下にある!」と信じ、そちらへ向います。

Dsc_0730

鎖は、獅子ヶ鼻に向かっていますが、獅子ヶ鼻(登山道から見える)の直下で右に曲がります。
それが、上の写真の場所。

この地点から、左を見るとこの木にロープが繋がっていました。
この木!

Dsc_0731

Dsc_0724

「こんなん、分からんわ~(>▽<)」

ロープに木が倒れ掛かっているので、なんとかくぐり抜け、ロープを掴んで3mあがると...。

Dsc_0725

ここが獅子ヶ鼻の下。
上の写真の左側の窟の中に...。

Dsc_0726
役行者さまです。
ようやくお会いできました。

前回来た時、獅子ヶ鼻岩の下が気になって(呼ばれた気がして)、そちらへ行こうとしてました。
上の崖から向かうと足場が崩れたので、違う場所から行こうとしました。
その時、同行者の方に呼ばれたので、違うのかと諦めてしまって、離れてしまったのです。

それが気になっていました。
呼んでくれてたのではないか、と。
ここへ来ようと思ったのは、それがあったからです。

Dsc_0736

前回も来た、弘法大師窟。

こちらは、先ほどの鎖道をそのまま進むと、赤テープの目印があるのですぐ分かります。
(登山道の少し上)

役行者窟から5分くらい。

この後、ガキ田(餓鬼田)に出るので、この下で朝ごはん。

 

そのまま禅定道を室堂へ向かいます。

20210820081812_img_7371

奥大日岳でしょうか(中大日岳かな?)。
いつか縦走してみたいです。

Dsc_0738

まさに天空ロードです。

この後、他のメンバーと待ち合わせがあったので、2時間ほどで駆け抜けました。

Dsc_0739

室堂到着が9時半。
雷鳥沢ヒュッテ~室堂~弥陀ヶ原~獅子ヶ鼻~室堂まで、17キロ。

(獅子ヶ鼻岩に行くだけなら、バスで弥陀ヶ原バス停で途中下車していった方が楽です。
再び乗るなら、バスの予約がいります。
弥陀ヶ原バス停から、往復+窟探しで3時間みればよいです。
うちの場合は、待ち合わせの時間に間に合いそうになかったので、歩きました。
始発が9時近いので)

昼頃、皆と合流。
玉殿ご法楽と祓堂へ。

20210820122723_img_7392

玉殿。

20210820122745_img_7393

立山連峰。

Dsc_0741
祓堂。

昔は立山に登る前に必ずここへ来たそうです。
一の越山荘まで後10分くらいの場所にありました。

20210820142740_img_7395

その直後、雨。
宿の雷鳥沢ヒュッテに向かいました。

雷鳥沢ヒュッテ、外に露天風呂があります。

内風呂で一旦、服を着て、外に行かないといけないですが、天然のかけ流し!
側の地獄谷から湧き出てる温泉です。
最高でした!


3日目、立山三山の縦走と走り禅定道へ


( つづく )

« 立山参詣道と禅定道  ② | トップページ | 立山三山縦走 その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 立山参詣道と禅定道  ② | トップページ | 立山三山縦走 その2 »