ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月29日 (月)

ダイトレ*テン泊縦走 ② ~二上山~紀見峠~

ダイヤモンドトレイル、奈良の屯鶴峯~葛城山~金剛山~紀見峠を繋ぐ縦走です。

二日目。
テン泊でわくわくし過ぎて、2時に起床。
(だいたいテン泊の日は、早く寝るので起床も早い)
ゆっくり朝ごはんを食べ、テント撤収。

6時半にスタートです。

Dsc_0343_20211129161401

奥の一番高い山が金剛山。
まずは、あっこまで行きます!
葛城山から水越峠まで一時間、木段の連続!
Dsc_0347_20211129161401

ここが一番酷かった。
上がってきた人が「ここ越えたら、金剛山までは楽に思えるよ~」と。
マジですか!頑張りますっ!びっくり
元気になれました。

Dsc_0362_20211129161601

水越峠まで降りて、また木段。

ダイトレコースだと金剛山まで山を巻いて行くので、下から見上げるよりは、それほど大変じゃなかったです。
(巻くとは、直接登らないで回り込んでいく感じ)
Dsc_0367_20211129161601
真ん中の一番高い山から、その下にある山々を歩いてきました。

Dsc_0374_20211129161601

金剛山の葛木神社の鳥居!
ここまで葛城山から3時間弱。

Dsc_0379_20211129161701

葛木神社~!

Dsc_0382_20211129161701

拝殿。
葛木岳はこの裏になるので行けません。
神社の前に山頂標識があります。

来たかったよ~!

山の上にある神社や奥宮。
自分の足で歩いてくると格別。
“繋いできた“感じがします。

Dsc_0383_20211129161801

福石。
皆、気を浴びてた!

Dsc_0386_20211129161801夫婦杉。

Dsc_0392_20211129161901

転宝輪寺の不動明王さん。

Dsc_0396_20211129161901

行者堂。

Dsc_0397_20211129161901

役小角さまがお山を開きました。'
御所のお生まれでしたね!

Screenshot_202111201037142_20211129162001

金剛山山頂の周囲には山頂が4つあります。
二つは行ったけど、後は今度。
神社やお寺がたくさんあり、土曜日だったので人がいっぱいでした。

Dsc_0398_20211129162101

金剛山山頂~!
ここもライブカメラで撮るので人がいっぱい。
合間に撮らしてもらいました。
山頂で1時間ほど、うろうろ&ご飯を軽く食べて出発。
この時、お湯沸かしてポットに入れてたのが助かった!

ここからゴールの紀見峠駅まで、標準時間で6~7時間!

Dsc_0415_20211129162101

奈良~って感じがしますね。
正確にはこの辺り大阪! 

Dsc_0418_20211129162201

久留野峠。
峠に来たらまた登り。

ここから紀見峠までは、アップダウンも緩めで消化していく感じ。

Dsc_0404_20211129162201

途中、奈良が見えました。
霞んでる~!
まあ、これもよし!

Dsc_0426_20211129162201

谷尻峠。
金剛トンネルが下を通ってます。
いくつかの峠を過ぎ、

Dsc_0427_20211129162301

行者杉

Dsc_0432_20211129162301

後、3.6キロ。
いくつかの峠を過ぎて、

Dsc_0434_20211129162301この階段を一時間、降りきったら、紀見峠。

途中足がもつれて、手足と頭が痺れて動けなくなり、座り込む。
低血糖か?と思い、ココアとコーヒーと行動食を食べる。

治らない。
これは、シャリバテかあ!
と、アルファ米の残りを食べる
(二度目なので慣れ!^^;

お昼が足りなかったんだな。
30分ほど休んだら戻ったので再び歩き出した。

山に登る時は、おにぎり1個とか余分に持って行きましょう(残しておく)。
自分が思うよりも体力使うので、たまーにこういう事があります。

昔は、こういう時のことを、餓鬼やヒダルガミがついたとか言われてました。

Dsc_0445_20211129162401

紀見峠に着いた~!

Dsc_0443_20211129162501

ダイトレの紀見峠のプレート!

Dsc_0449_20211129162501

ゴールの紀見峠駅!

15時17分!
金剛山から5時間弱。
葛城山~紀見峠まで、1時間の休憩入れて9時間弱でした。
早く着きすぎて、新大阪の駅で3時間程、時間つぶしました。(念のため、遅い新幹線を予約)

Screenshot_202111262128462_20211129162601

二日目、葛城山~ゴールの紀見峠駅まで。
地図は、こんな感じ。
金剛山周辺、巻いてますね。
別ルートも面白そうです。
Screenshot_202111262133122_20211129162601
縦走、最高!
昔、住んでいた奈良。
山を登るようになって、いつも見ていたあの山々を歩きたいと思っていました。
奈良に住んでたら、歩いてたのに、と。
ならば、歩けばいいじゃんと決行!
                            .
山の魅力にはまると、登らずにはいられなくなるのです。
なのに、彼女は奈良のお山を登ってないのです。
今回、感じました。
                                                            .
ここには、彼女の痕跡はありません。
筑紫にはこんなにあるのに。
                                                                .
“彼女“、神功皇后は、奈良のお山に登る程、長くはいなかったのです。
                       .       
来なかったか、
すぐに帰ったか、
登れない状況にいたか。
(怪我をしたか、すぐに亡くなったか。多分、それはない)
                                                                .
お山無しでは、生きていけない。
登れる足がまだあるなら、どこまでも登りたい。
                                                       .
その衝動は、抑えられないのです。
そこに神がおられると感じたのなら、尚更。
                                                     .
彼女は、「その後」ずっと筑紫にいたのです。

この話はまたいつか。

2021年11月27日 (土)

ダイトレ*テン泊縦走 ① 二上山~紀見峠

ダイヤモンドトレイル、テン泊縦走行ってきました!

ダイトレは、奈良の屯鶴峯から二上山~葛城山~金剛山~紀見峠などを縦走するルートです。

前回は、屯鶴峯から二上山まで。
 (「ダイヤモンドトレイル 1回目! 屯鶴峯から二上山」

今回は、二上山から紀見峠までです。


どうしても葛城山の山頂でテン泊したかったので、2DAYS。
ザックの重さは水込みで12キロ。
Dsc_0252_20211127170901
スタートは二上神社口駅。
6時58分。

二上山に近い宿は一軒しかなく、空いてなかったので、少し離れた宿から始発できました。
一日目、目標の葛城山頂まで標準時間で6~7時間。
Dsc_0261

登山口のお寺の紅葉が綺麗でした。
ありがとう!頑張ります!

Dsc_0263

二上山へは、「馬の背」コースで。
昔からの道だけあって、どこも整備されてますね。

Dsc_0266

向こうに見えるのは、雄岳。
全山紅葉です。
山に登る時は、あっちに登れば良かった~とちらっとよぎっても、自分の選んだ道がその時のベスト!と思うようにしてます。

Dsc_0267_20211127171101

二上山山頂、到着!
有名な日時計ですドキドキ
ここで8時12分。
Dsc_0268
 これから歩く山々が見えます。
真ん中に見えるのが、今日の目標の葛城山。
 その奥の高い山が、憧れ金剛山!
                                  .
さらにその奥の山々を繋ぎます。
Dsc_0274
ダイトレのプレート!
Dsc_0275_20211127171201
 憧れダイトレの標柱ラブ
 行く先々にあります!
Dsc_0282
 竹ノ内峠にきました。
道路を渡ります。(上のは渡ってから振り返って撮った。左から来ました)

Dsc_0285

「竹ノ内」で、武内宿禰に関係ある? と思ってます。
このずっと北の生駒山には、磐船神社、石切神社、山頂近くには、饒速日山があるのです。
                            .
地元、福岡で縦走してきて、山を繋ぐということは、想いを繋ぐことだと知りました。
その両端や山の上に寺社があり、必ず縁(関係)があります。
縦走は、それらに祈ってきた人たちの想い、祈りを繋ぐことだと。
                                                            .
神は山におられるのです。
武内宿禰が饒速日命でもあるなら、これは必然。(例え他の理由があったとしても)
Dsc_0299
木段!
噂の地獄の木段が果てしなく続きます!

Dsc_0302_20211127171401
下って、
Dsc_0318
また上る!
皆の足跡が、木段を避けてます^^;
こんなところを、二上山から4時間半。

Dsc_0325

葛城山頂、到着!
ここまで14キロくらい。
12時半!
スタートから休憩入れて5時間半で来れました。
                                              .
この場所で、ライブカメラが10分ごとに写真を撮ってます。
葛城ロッジのHPですぐに見られますが、Wi-Fiが繋がらなくて見られなかった!
後では見られないんですよね~。ちょっと残念。

Dsc_0329

山頂は広いです。

20211119161542_img_7957

高天原とも言われています。
ロープウェイがあるので、手軽に来れます。
Dsc_0333
葛城ロッジへ、テン泊の手続きをしました。
お昼はここで。
めちゃめちゃ美味かったドキドキ
                                                  .
テン泊は要予約(空いてれば当日OK。休日は、ほぼいっぱい)800円。
フリーサイト(ロープで区切ってる)が10張くらい、ウッドデッキが5張くらい。
場所はどっちでも来た人から自由。

Dsc_0334

フリーサイトの方でテント張りました。
愛しのニーモ タニ2P。
                                     .
名前書いた!次までにフライに絵を描く!爆  笑
この場所ではこの後、もう一張のみ。(平日だったので少ない。土曜は取れなかったのでこの日にした)

Dsc_0330_20211127171801

こっちがウッドデッキ。
この後、グループで来た人達が張ってた。
                                    .
テント張ったら、荷物をデポしてロッジのお風呂へ。
お風呂は一般は、9~15時。
泊まり客(テン泊も)はそれ以降15~18時(日によるので確認のこと)もOK。
250円。ドライヤーあり。貸しバスタオルは210円。最高でした!
葛城山頂、天国ですね!ドキドキ
20211119163719_img_7962
夕焼け堪能しました。
明日行く、葛城山。

20211119163532_img_7959

ロッジに泊まってる人達と歓声。

日が沈むと間もなく東から、月が上る!
20211119180810_img_8045
ほぼ!皆既月食爆  笑
偶然でした。日程変更(悪天候の為)して良かった~!
                                        .
西に日が隠れ、すぐ東から月が上る。
その間に地球がある。
月に写ってるのは、一直線に並んでる地球の影。
それを体感できるなんて!
ここにいれることに感謝笑い泣き
20211119182712_img_8061
奈良の夜景と、ほぼ皆既月食中の月。
20211119192708_img_8072
夜更けて。
テントと月。

夕飯はテントの中で、アルファ米とフリーズドライの親子丼とスープ。
最高の夜ラブラブ
早めに寝て、明日に備えます。
しっかり防寒対策してきたので、シュラフの中は暖かでした。
Screenshot_202111262110214
一日目、スタートの二上神社口駅~一日目ゴールの葛城山の地図です。
大体、14キロでした。

地上だったら歩いてませんね!
( つづく )

2021年11月22日 (月)

等彌神社と鳥見山*大嘗祭始まりの地

三泊四日の奈良旅&山行
無事に帰ってきました。

色んな場所に行ったのですが、旬な所からUP。

等彌神社では紅葉真っ盛り。

26日まで紅葉祭りとライトアップをしてます。

20211118124132_img_7929

等彌神社の御祭神は、上津尾社に天照皇大神。
下津尾社に、八幡大神、春日大神。
その他、八社(弓張、恵比寿、金毘羅、黒龍、稲荷、猿田彦、愛宕、桃神)
(等彌神社のパンフより)

wikiには、上津尾社は大日霊貴命。
下津尾社右殿に、八幡社(磐余明神、品陀和気命)
下津尾社左殿に、春日社(高皇産霊神、天児屋根命)
20211118122648_img_7917
鳥居から紅葉が見事でした。

ここにある鳥見山で、神武天皇が初めての「大嘗祭」をしたと言われてます。
「祖神」に天皇になることを宣言した地。

つまり、ここには祖神である「天照大神」がおられるということ。

20211118122829_img_7920
Dsc_0228_20211122145201

鳥見山へはここから入山します。
こんな感じのなだらかなお山。

Dsc_0246_20211122145201

30分ほど上がると「白庭」があります。

Dsc_0237

「その場所」はここよりもう少し上がった所。
Dsc_0241_20211122145401
20211118131209_img_7936
Dsc_0239_20211122145401
「霊畤」とは、天神や五帝を祀る斎場の意味があります。
大嘗祭、始まりの地。

wikiには、天照大神を大日霊貴命と表記されていました。
でも本当の天照は男神。

等彌神社の「とみ」とは、登美饒速日命のとみ。
矢田の登弥神社にも祀られる、饒速日命です。
彼は、大和にいた登美一族の姫、登美屋姫(御炊屋姫・ミカシヤ姫)と夫婦になり、登美の名を継承しました。
                         .
                                                                  .
上記の登美神社にも「白庭」があり、饒速日命が埋葬されていると言われてます。
                                                             .
等彌神社(登美神社)の神は、全て、その天照神ともう一柱。
神は夫婦で祀られるのです。

20211118135235_img_7941

20211118140407_img_7947

ライトアップ、美しいでしょうね。

20211118170130_img_79522

社務所にあった八咫烏の土鈴と手作り「やたちゃん人形」。
Dsc_04512

宮司さんのお母さまの作だそうです。
お仕事が丁寧!
この八咫烏は、この地から出土した埴輪を模しています。

ARIONの本「光よりの光、オリオンの神の座より来たりて伝える。」より。

今、心に何かが引っかかるのであれば、
それを見過ごさず、
何が引っかかるのかを考えなさい。
それは自分の現在の生活を根底から
ひっくり返すようなことであるかもしれない。
しかし、自分の心から沿わないところから
はじめたものは、
遅かれ早かれひっくり返るのだということを
知るべきだ。
(中略)
あなたがたよ、
謙虚な気持ちでもう一度、
自分の心について
思いをはせてごらん?

逆もまた、しかり。
「心に引っかかるもの」
自分に必要なものでもあるのです。

それは、心の前庭がキャッチしたサイン。


なぜ、それが「引っかかるのか」。

その答えを、すでに私たちは所有しているからです。

私は瞑想の中で福岡、那珂川の住吉の元宮「現人神社の神」に会いました。

彼は

< 久しぶり >

と言って、豪快な笑みを見せました。

(「現人神社の神との邂逅」)

なぜ、住吉の神が「久しぶり」というのか。

この「引っかかり」が、彼らの物語を追うきっかけの一つでした。

 

私はヒミカであり、神功皇后かもしれない。

住吉の神は、私と前世で「会っていた」のか?
では、住吉の神は饒速日命なのか?
(前世のヒミカは饒速日命と夫婦だった)

もしかすると、住吉の神は、神功皇后と同じ時を生きていたのかもしれない。


伝承を追って、分かりました。
神社に列挙される神は、ほとんど同じ神です。

饒速日命、住吉神、八幡神、歳神、大国主神、大物主神、稲荷神、春日神、武甕槌神、天児屋根神、・・・。
卑弥呼、神功皇后、市杵島姫命、弁財天・・・。

だから、現人の神様は、私に、<久しぶり>と言ったのか。

「心の前庭」がキャッチしたものは、宇宙生命潮流の流れの中にあります。

ありのままの宇宙は、自分の体の中にある。

人は本当は、他に神も宗教も必要としない存在なのです。
何が本当なのか、自分自身がすでに分かっているのです。

それに「繋がった」時、「腑に落ちる」のです。


*「心の前庭」はよくARIONが使ってました。
ARIONは宗教ではありません。
でもその存在が見えなくなった今、彼らの言葉を伝えられるのはそこにいた私達です。


 追記

「現人神との邂逅」 の後、書いたのが(ココログで)この記事でした。
(「新嘗祭と住吉神とニギハヤヒ ~その1~」)
新嘗祭は大嘗祭とほぼ同じ神事です。

今回と繋がりましたね。

 

2021年11月10日 (水)

御炊屋姫を追って ⑥ ~ 八大龍王弁財天~厳島神社へ ~

狭井神社の市杵島姫命神社の後は、一度宿に買って朝ごはん。
その後、三輪山登山でした。

O1080072015028921832

 

狭井神社に登山口があります。
ここからは写真を撮ってはいけないので、登山中の写真はありません。

下のリンクは前回の三輪山登山。
(「饒速日命を求めて ⑫ ~三輪山登山とアマノトリフネ~」)

下山したらお昼。
近くで三輪そうめんを食べて、出発です。
山の辺の道を通り、「八大龍王弁財天」へ。

Screenshot_202204111447032

前回の「市杵島姫命神社」に書いたように、弁天さまは、島の中に社を築きます。

Screenshot_202204111447172

社はこちら。

Screenshot_202204111447262

 

池の真ん中でした。この反対側が二枚目。
八大龍王も弁天様。
市杵島姫命でもあります。


「元伊勢 桧原神社」
御祭神 天照大御神

豊鍬入姫宮もあります。

Screenshot_202204111447334

そこから、山の辺の道をそれて「大神神社摂社 神御前神社」へ。

O1080081015028622754

後ろに見えるのが三輪山。

神の御前なんですね。

O1080081015028623106

 

ここには、倭迹迹日百襲姫命が祀られています。

百襲姫は、三輪山の神の大物主のご神託をしていました。
神話では大物主神の后になったとあります。

おそらく、饒速日命(大物主神)の后、御炊屋姫の伝承と重ねられています。

 

ここは「茅原(ちはら)」。
茅の原です。

ここに立った時、あの光景を思い出しました。
(「富士山の夢 その1」)

後にその山は三輪山だと気付きます。

風にそよぐ金色の葦原。
祖母に手を引かれて連れていかれたのは、神の山の・・・御前でした。

葦は、茅のことでもあります。
ということはこの一帯は、葦原だったのですね。

まさに「葦原の中つ国」。

ちょっと鳥肌が^^;

 

20210403144417_img_5639_20211001121501

この写真はもう少し近くから撮った三輪山。
夢ではもっと側に、もっと大きかったのです。

Image_20211001121501

「富士神社」「厳島神社」

「神御前神社」の側にあります。

 

この厳島神社は、狭井神社の境内にある「市杵島姫命神社」の元宮です。

厳島神社の神は、市杵島姫命。
彼女は大物神の后、御炊屋姫でした。

(「神功皇后の伝承地 10 ~織姫と市杵島姫と神功皇后~)

この後、箸墓古墳を通り、
いよいよ、最大の目的地へ。


( つづく )

 

 

 

2021年11月 7日 (日)

御炊屋姫を追って ⑤ ~狭井神社の市杵島姫命神社~

再び、奈良の旅へ。

二日目、二度目の三輪山。
その朝に狭井神社の境内にある「市杵島姫命神社」へ。

20210403072936_img_5605_20211001120801

20210403073006_img_5606_20211001120901

20210403073141_img_5607_20211001120901

 

20210403073149_img_5608_20211025144301

御祭神 市杵島姫命。

三輪の神は、饒速日命。
市杵島姫命は、彼の后の御炊屋姫であるから、ここに祀られているのです。

Dsc_0780_20211025143801

市杵島姫命、いちきしま姫みこと。
いちきしまは、斎(祀るの意)島。
それ故、彼女を祀る社の多くは、池を築き、その中に島を造り社を建てています。

島は古語では、星と同じ意味。
彼女は、星の神を祀るもの。

饒速日命は星の神=海の神。
(星は、海人にとって船の道を示す守り神)


彼は、石上神宮の布留神。
布留は、隕鉄から作られた剣の意味があり、星の神そものものの名です。

市杵島姫命の名は、「饒速日命を斎く者」の名でもありました。

その市杵島姫命が弁天様。


ということは、同じく弁天様として祀られる、櫛玉比女神社に祀られている「御炊屋姫」。

彼女は、市杵島姫命でもあるのです。

(最後にまとめます!)

 

( つづく )

 

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »