ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« ダイトレ*テン泊縦走 ② ~二上山~紀見峠~ | トップページ | 御炊屋姫を追って ⑧ ~物部の祖神と弁天様~ »

2021年12月 4日 (土)

御炊屋姫を追って ⑦ ~村屋坐彌冨都比賣神社~

(「御炊屋姫を追って ⑥ ~ 八大龍王弁財天~厳島神社へ 」) の続き


いよいよ、一番行きたかった「村屋坐彌冨都比賣神社」
むらやにいます やとみつひめじんじゃ。

大神神社の別宮です。

Dsc_0836

 

Dsc_0837_20211113121301 拝殿です。
御祭神は、三穂津姫命(弥冨都比売命)

Dsc_0839_20211203112301
大物主命。

Dsc_0838_20211203104901

二柱は、夫婦神とされます。
大国主(大物主)神の正妻は、須世理姫(すせりひめ)と漢字があるのに、ルビはせおりつひめ。

須世理姫も瀬織津姫も同神です。


大国主=大物主であり、天照。
天照神の后もまた、瀬織津姫です。

伊勢内宮の荒祭宮に祀られているのが、瀬織津姫。
彼の名が数多あるように、彼女の名も数多あるのです。(後に詳しく)

三穂津姫もその名の一つ。

何故なら、この神社は代々、物部の末裔が神官をされてきたからです。

Dsc_0835_20211203104801

大物主神は、三輪山(大神神社)の神。

Dsc_0840_20211203112401

 

この境内には、物部神社があります。

物部神社 | 村屋坐彌冨都比賣神社 (murayajinja.com)

彌冨都比賣神社のHPのリンクです。
こちらの神社の宮司さんの祖神を祀る。
物部神社。

Dsc_0848_20211203112701
御祭神は、御炊屋姫命。
宇摩志麻遲命。
物部守屋大連。

この社の名「村屋坐(むらやいます)」は、物部守屋(もりや)をもじったものではないか。
彼はまた、饒速日命と御炊屋姫から始まる物部氏の子孫です。
古来の日本の神を護るため、仏教を排斥しようと蘇我馬子と争い、敗れています。


宮司さんの家系は、その物部氏の末裔であるのです。

「物部神社」に名が無い、物部氏の祖神のもう一柱は、饒速日命。

 

彼は、大神神社の大物主神です。

以前、聖林寺に行った時に住一面観音についてお聞きしました。
このモデルは饒速日命ですか、と。

大神神社の神宮寺にあったのが、十一面観音。
大神神社は饒速日命を祀るので、そうですよ、と。


この社の本殿に祀られている大物主神は、饒速日命です。
もう一柱の三穂津姫は、御炊屋姫です。

物部氏の末裔が祀ってきたのならば、間違いないのです。
彼らは祖神以外を祀りません。

三穂津姫の別名は、弥冨津(やとみつ)姫。
御炊屋姫には、登美族の姫である、登美屋(夜)姫・とみやひめの名もあります。

名前の相似、神官さんの祖神が、御炊屋姫ら「物部の始まり」であること。
物部は元をたどると登美族です。
饒速日命にも登美饒速日命の名があります。

これらは、主祭神が「彼ら」であることを示唆します。


摂社として、服部神社には天之御中主神を祀ります。

Dsc_0845

Dsc_0844

Dsc_0841_20211203112401

久須須美神社には、
天之久之比神(あまの櫛日の神)
事代主神。

天之御中主神、天久之比神、事代主神は、すべて大物主神と同神です。

 

( つづく )

« ダイトレ*テン泊縦走 ② ~二上山~紀見峠~ | トップページ | 御炊屋姫を追って ⑧ ~物部の祖神と弁天様~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ダイトレ*テン泊縦走 ② ~二上山~紀見峠~ | トップページ | 御炊屋姫を追って ⑧ ~物部の祖神と弁天様~ »