ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 神一厘のシナリオ ~カミゴトとARION~ | トップページ | 伊野天照皇大神宮 ② ~山と繋ぐ~ »

2022年1月10日 (月)

伊野天照皇大神宮①~女神・天照神の名~

糟屋郡久山町猪野の「伊野天照皇大神宮」。
九州の「伊勢」と言われています。 

この社の事をココログでUPして数年。
今、amebloで同じ記事を上げてます。
見返した時、「今だからこそ分かる事」が多くて。

前の記事に追記するよりも、新たにUPします。                                            

Screenshot_202201101100162  

写真は秋に行った時のもの。

御祭神 天照大神 手力雄神 萬幡千々姫神
合祀 水取宮祭神 五霊大明神 住吉三神 志賀三神

Screenshot_202201101059012

神功皇后が天照神をお祭りしたという天照大神。

その名は、撞賢木厳御魂(つきさかきいつのみたま)と書かれています。
又の名を、天疎向津姫命(あまさかるむかつひめみこと)。
                              

Screenshot_202201101100282

Screenshot_202201101059592 奥の拝殿に「鉾」がありました。

Ino49-1

この「鉾」は、何かを表しているのではないか。


女神には不釣り合いだ。
・・・ここの神は向津媛ではないのではないか?


神の名で疑問を感じたのは、ここが初めてでした。
                                                                .
もしも、神功皇后が祀った神ならば・・・。
それは「饒速日命」なのではないかと。

ここから「神の鉾」の話に繋がりました。
(「神の鉾」)



彼は
天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊。

筑紫にある、天照神社のご祭神は饒速日命なのです。
その内の二つ。

(「天照神社(天照宮)~福岡県宮若市~」)

(「伊勢天照御祖神社~福岡県久留米市~」)

 

お社の右にある山道を進んで行きます。
裏山の遠見岳へ。

神功皇后が夫の仲哀天皇と共に、ここから異国を「遠見」をしたと言われてます。

Screenshot_202201101132062

彼女はこの後、福岡中の山に登りますが、異国を見ようとしたのではありません。

どこの山を登っても見られないのは、明白です。

「神は山に在り」
だから、神事をしたのです。

この遠見岳から少し下がて尾根伝いに行くと、神路山があります。

Screenshot_202201101132502

だいたい、280m!

「神路山」
伊勢神宮の裏山も同じ名前です。
意図して、その名にしたのでしょう。

ここの天照神と、伊勢の神は同じです。

女神、天疎向津媛命でないならば、誰?

 

< 女神の名 >

女神、天照神にはいくつかの名があります。

その一つが、天疎向津媛命(あまさかるむかつひめのみこと)。

「天に疎い」
神の名は当て字が多く、卑字が使われているものもあります。
ですが、これには意味があるように思います。
「疎」とは、関係が薄いという意味。
つまり、「天(日の)神では無い」ということ。

「つ」は、「格助詞」の意味があります。
まつげは、目の毛。
「の」と同じ役割。

その上、「つ」に先行する名詞・形容詞は、時間・場所を表すものと、属性を表すものとにほぼ限られる[1]つ (格助詞) - Wikipedia

 

属性とは、素性、社会的な関係。
この名は、「天(日の神)では無く、神に向かい合っている者」を表しています。

 

もう一つ、「撞賢木厳御魂(つきさかきいつのみたま)」。
つきの「音」は、斎き(いつき)の「つき」。
祀る者の意味。
また、撞の漢字は「つく」の意味があります。
(鐘を撞くのつく)
賢木(さかき)は、榊と同じ意味。
「神との境の木」を表します。

その名は「神との境の木をつき、祀る者)」=巫女のこと。
(神との境の木をついて、鳴らす、響かせるような意味合い)

この二つの名に共通するのは、 天(日の)神ではなく、神を斎き祀る者」だということ。

こんなに頑なに否定してるのですよ。
彼女は、天照神ではないのです。

天照を祀る「彼女」とは、誰か。

今だからこそ、分かります。

ここにすでに名がありました。
厳御魂(いつのみたま)

厳島神社の御神霊である、市杵島姫命です。
(彼女にも多くの名があります)

いちきしま、いつくしま、「斎き島」は、星の神を祀る者。
(古代、島と星は同義語)


その彼女に「祀られる彼」は、
日の神、天照であり、星の神、また海の神でもありました。

御神祭で配列、摂社に祀られている神の多くは同神。
または、その神と絆があるもの。

 ここには、「住吉神」「志賀三神」の名もあります。

天照の子だから?
では、他の神の名が無いのは、何故?

「彼」を祀ったのは、「神功皇后」です。

彼女にとっての「天照大神」。

それは、住吉神でした。

 

 

(つづく)

« 神一厘のシナリオ ~カミゴトとARION~ | トップページ | 伊野天照皇大神宮 ② ~山と繋ぐ~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 神一厘のシナリオ ~カミゴトとARION~ | トップページ | 伊野天照皇大神宮 ② ~山と繋ぐ~ »