ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 神の鉾 7 ~高良神は物部姓。違えるならば当山滅す~ | トップページ | 神の鉾 9 ~時代*大国主神と玉の力~ »

2022年1月30日 (日)

神の鉾 8 ~饒速日命と神功皇后 二柱の場所~

< 重なる場所 >

饒速日命と神功皇后。

彼が高良(住吉)神ならば、二人の「場所と時代」は重なります。


まずは場所。
その一つが、福岡県那珂川市。

現人神社の存在(住吉神の元宮)*1
住吉神=高良神=饒速日命。

裂田溝と裂田神社(神功皇后と武内宿禰の伝承地)。*2

(「裂田溝と裂田神社」の記事)
神秘書では、高良(住吉)神は物部保連と名乗り、人の姿で神功皇后と共にある。

(武内宿禰と同一か、一緒くたになってるかは不明。)
裂田溝は、神功皇后が住吉の神の為に造った水路(ここに二人で住んでいたから造ったのでは?)

猫嶺城」の存在。*3
後に、高良の神が若い頃に住んでいたという「猫城(猫嶺城)」を那珂川で発見。
(「那珂川は饒速日命(天照・住吉・高良の神)の生誕地」の記事)

高良の神は、国の根っ子を造った神として、根子神、猫神としても祀られる。
(記述を見たのは「筑前国風土記」だったかも)


伏見神社。御祭神は、神功皇后の妹とされる豊姫。(「伏見神社の磯羅舞」の記事)*4
この町には、高良の伝承の4柱が祀られている。
(表筒男と底筒男、神功皇后と、豊姫)豊姫は神功皇后と同一か、一緒くたになってる。

Dsc_2006_2

(日吉神社。この時のパワーが凄かった!
いつもは普通^^)


☆日吉神社の存在(日吉大社の元宮の一つ)*5
猿田彦(=饒速日命)の発祥の地ともされる日吉神社の記事)
発祥ということは、「生まれた地」か?

結びの山 その14 日吉の神とニギハヤヒ命

☆イザナギ神の禊の地<筑紫の日向の橘の小門の阿波岐原>の地形と地名がある。*6

(「安徳台と高天原」)

岩戸郷という旧地名(今は地区名が岩戸)。*7

*1 現人神社は、住吉神の元宮。
*2 裂田溝などの、神功皇后、武内宿禰。

*3 猫嶺城の高良大神
*4 伏見神社の豊姫(同一か一緒くたになってるか)。

*5 日吉神社は、日吉大社の元宮の一つ。
天孫降臨の時の猿田彦神、天鈿女(アメノウズメ)。

最澄さんがここから日吉大社へ勧請したのは、猿田彦神でもある、大己貴神。
詳しくは、「結びの山 その14 日吉の神とニギハヤヒ命」へ

*6 神話の「伊邪那岐の禊」で現れた神は、
天照、住吉神、月神、宗像三神(市杵島姫命)など。

*7 岩戸の神話で、上の神の他に瀬織津姫など。
上記の神、すべて、饒速日命、御炊屋姫(神功皇后)が名を替えた神。(分霊)

 

この地で神話が生まれたのです。
神話やこれらの伝承は、彼らがこの地で共に過ごしたから創作されたもの。

何より、ここには「現人神社」がある。
住吉神が饒速日命であり、天照神ならば、「神話」は必然なのです。

Screenshot_202201302133022


( 現人神社 )

ここには「納得できる」神話の名残があります。
決して、景観が良いとか、神々しい風景とは言えませんが。
これらの社に訪れた時、必ず分かるはずです。

 

彼らが生きた証が、感じられるのです。


           *


< 奈良の神功皇后の伝承地 >

もう一つが、奈良の登美の地です。

「彼ら」と重なります。


下の地図の緑の線の内側が、古代登美族の地だと思われます。
下の画像は、次回にもリンクを載せる「饒速日命を求めて ⑧ ~天ノ鳥船の時代 前編~

饒速日命を求めて⑨~天ノ鳥船の時代  後編」より。
饒速日命の別名は、登美饒速日命。
御炊屋姫の別名は、登美夜毘売。

饒速日は、彼女(登美族)の入り婿になったという伝承があります。

 

紫色の丸で囲った周辺が「矢田丘陵」の地。
ここに饒速日命と御炊屋姫を祀る「矢田坐久志玉彦神社」があります。


行って初めて分かったのですが、古代の登美の地は広い。

Screenshot_202201302133162

右上の「3」の紫印が平城で「神功皇后の御陵(五社神古墳)」のある地。
そのすぐ側に今の私は住んでいました。
その辺りも「登美」と言われていたそうです。
今でも「登美ヶ丘」という地名があります。

 

ですから、三炊屋姫の「登美一族」の地は奈良盆地の北西の大部分を占めていたのかもしれません。
推測ですが、緑の線で囲った線の内側です。
(南の方はどこまでか分かりません)

地図の南東の水色の部分は、当時の湖の範囲。

標高45m付近。

この辺りの湖は夢で見ていないので、推測です。

(見たのは耳成山あたりで)

 

☆登美の地の神功皇后と饒速日命 

☆上記にもありますが、3は神功皇后の御陵さん。
ここから西に、「饒速日命と御炊屋姫」が暮らしていたという伝承がある登美ヶ丘があります。


忍熊皇子社と、忍熊皇子、籠坂皇子の墓。
神功皇后が誅殺した義理の皇子です。

登美ヶ丘のすぐ手前にそれがある押熊町、北、京都との境に神功町があります。
小学校の校区だったので、押熊町の名を何度も聞いてました。

奈良ではもう一カ所。

☆磐余若桜宮。
桜井市にある神功皇后が住んでいたという地。
(候補地は二カ所あるが分からない)ここで崩御したそうです。
桜井の名の由来でもある地、先日行った、等彌神社の側です。

(御祭神は、天照皇大宮・実際は饒速日命。彼は登美饒速日命。

奈良での神功皇后の伝承は、この二カ所しかありません。
(しかもその二カ所とも、饒速日命と関わりがある地)

平和だったから?
筑紫(福岡)では、歩き回る度に、神社や伝承ができた彼女の「足跡」がない?

彼らは以後、奈良で暮らした形跡はみえないのです。
何より、神功皇后は、奈良の山に登っていない。


「山に登る」

それは、神に逢う行為と等しいこと。
山に神がおられるからです。
また、それは土地の守りを強める神事。

しないことは、あり得ないのです。

筑紫ではあんなに登っていたのに。



「彼女たち」は、筑紫から大和へ戻った後、再び筑紫へ行ったのではないかと考えてます。
ここには、そう長くはいなかったのでは、と。

(他の地にも、住吉神と神功皇后を祀る神社はあります)

次回は、終章、「重なる時代」

( つづく )

 

« 神の鉾 7 ~高良神は物部姓。違えるならば当山滅す~ | トップページ | 神の鉾 9 ~時代*大国主神と玉の力~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 神の鉾 7 ~高良神は物部姓。違えるならば当山滅す~ | トップページ | 神の鉾 9 ~時代*大国主神と玉の力~ »