ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 古代*奈良湖と裂田溝 ③ ~豊受大神~ | トップページ | 筑紫島の四つの面 2 ~白日別の神と豊日別の神~ »

2022年3月13日 (日)

筑紫島の四つの面 1 ~高良神は白日別~

筑後国一之宮、高良大社に祀られる神は「高良神」。

筑紫神であり、白日別神は、かの神のこと。


白日別。

それは、古事記に記載されている「筑紫島」の一つの「面」の名です。

(下記に記載)
筑紫島には文字通り四つの面がありました。
それは、彼らを明かす鍵にもなります。

************************************************

高良大社の前方にはこんな風景が広がっています。

Koura

後に記事をあげる「古代史の謎」の著者、関 裕二氏はこの立地故に、ここが彼らの城になったと書かれていました。

「「古代史の謎」 7 ~邪馬台国~」


遠くに見えるのは、脊振山系(その向こうに那珂川市(儺の国))。
「彼ら」の時代は、その間に海がありました。

今の標高8m付近が海岸線だったのです。

海岸線で塩を作っていたという、福岡市南区の塩原(しおばる)の標高です。


以下が、海面上昇シュミレーションシステムによる、
現在(左)と、AD200年頃(右・海面標高8m)の海岸の位置です。

南西が有明海(筑紫平野)で、その上の北西が玄界灘(博多湾)。

Kaimen01

 図1

これに、川を水色の線で加え、今の地図に合わせます。

Tikushiumi01

図2(地図はGooglemap)

「儺の国の星」で、真鍋大覚氏は、太宰府の針摺(はりずり)が海峡であったと記しています。
上の地図で太宰府市と書かれている下辺りになります。

玄界灘と有明海は繋がり、それぞれの山塊は島に見えます。
脊振のある方は古来、「蓬莱島」と呼ばれていました。(「儺の国の星」より)

下記がWikipediaの「筑紫国」です(一部)。

Screenshot_202203131110572
古事記には、こうあります。

筑紫島は身一つにして、面が四つあり。
筑紫国が「白日別」。
豊国が「豊日別」。
肥国が「建日向豊久士比泥別」。
熊曾国が「建日別」。


ここから、考察したことをいくつか。

☆筑紫島が九州では無いのです。
筑紫はあくまでもこの一帯のこと。
(筑紫島が九州であると認識されたのは、おそらくもっと後の時代)

☆島が四つあるとは言ってない。
筑紫島に面が四つ」です。

☆国の名は、古事記編纂の頃の地形からの推測(思い込み)ではないのか。

この地名、今(と、古事記が編纂された頃)の感覚で考えると分かりません。
当時の地形と川を当てはめてみます。

これが四つの顔を持つという「筑紫島」の姿。

Kaimen02

図3 (画像は海面上昇シュミレーションシステム

それらは、島ではなく、「四つの面」。
そこに立てば(多分、高良大社辺りから見れば)、「四つの面」に見えるはずです。

上の図の青い線は、左から御笠川。
穂波川。
筑後川。

筑後川沿いに、日田街道があります。

wikiの「前者4国は日田街道などで繋がっていると思われる」は、ある意味当たってます。
(注 穂波川が流れる直方平野に関して。
図3は、今の標高の8mの位置で考察した海岸線。当時はもう少し南まで海があったと思われます)


次は、四つのそれぞれの「面」について。
それぞれの考察です。


( つづく )

 

 

 

« 古代*奈良湖と裂田溝 ③ ~豊受大神~ | トップページ | 筑紫島の四つの面 2 ~白日別の神と豊日別の神~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 古代*奈良湖と裂田溝 ③ ~豊受大神~ | トップページ | 筑紫島の四つの面 2 ~白日別の神と豊日別の神~ »