ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 筑紫島の四つの面 5 ~饒速日命と神功皇后の伝承地~ | トップページ | 筑紫島の四つの面 番外編 ~徐福と蓬莱島と邪馬台国~ »

2022年4月10日 (日)

筑紫島の四つの面 終章 6 ~筑紫の日向~

(「筑紫島の四つの面 5 ~標高8m・饒速日命と神功皇后の伝承地~)

 のつづき

☆まとめ

筑紫島の四つの面。

それは、海面標高が今の4mほどであった時代の北部九州を表す。
時代は、住吉神(饒速日命)と神功皇后(御炊屋姫)が活躍していた時。
彼女が卑弥呼でもあるので、AD200年頃。

☆白日別が高良神(饒速日命)、白日から天照大神を表す。
☆豊日別が豊姫(神功皇后)、豊から豊受大神を表す。
(「筑紫島の四つの面 2 ~白日別の神と豊日別の神~」)

☆建日別は、「熊襲」を表す。
羽白熊鷲の本拠地があった。
その熊襲とは、神功皇后と高良神が対峙していた。(高良玉垂宮神秘書)
それぞれの神社には、神功皇后と住吉神等の名が連ねる。

*退治した地には、退治した者が祀られる=退治したのは、神功皇后と住吉神。
(「筑紫島の四つの面 3 ~建日別・熊襲の正体~」)

☆建日向豊久士比泥別は、豊(豊姫)と櫛(櫛玉饒速日命)の意味。
脊振には、神功皇后が祀った市杵島姫命と、毘沙門天(高良神の本地とされる)がある。
「二龍が背を振う」は、この二柱のこと。

 

神話の筑紫の日向の「くしふる岳」は、脊振山であり、奇振岳=櫛布留岳であり、饒速日命を表す。
その地にある「儺の国(那珂川)」には、住吉の元宮の現人神社、日吉の元宮、禊の地の地名と地形がある。

すべて、饒速日命である。
(「筑紫島の四つの面 4 ~建日向豊久士比泥別~」)

 

これら、すべてが彼らに繋がっていました。

「筑紫島の四つの面」を表す時代は、神功皇后と高良(住吉)神が関わります。
「四つの面」それぞれの名は、彼らであり、
その一つ建日別の「熊襲」とは、神功皇后達が対峙していました。

高良玉垂宮神秘書では、それが神功皇后と高良神(住吉神)と伝えています。

 

また「筑紫島の四つの面」の姿を見せる「海面標高8m」には、彼らの伝承地がある。(大善寺玉垂宮)
彼らは、四つの面の「豊と久士(白日)」の豊姫と櫛玉饒速日命。

「四つの面」の地は、天照大神と豊受大神である彼らの神話の舞台です。(今までの考察から)


彼らこそ、その神話の「主人公」であることが分かります。



筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原

それは、筑紫島の面の一つ、「建日向豊久士比泥別」にある「儺の国」の地を表しています。

魏志倭人伝の奴国はここであり、「儺の国」は、神の国、やまとと同じ意味です。
かの本の「邪馬台国」は、まぎれもなくここです。(次の回で)


また、ここは「蓬莱島」とも呼ばれていました。

徐福が求めた神仙の国です。

これは次の回で。

 

( つづく )

 

« 筑紫島の四つの面 5 ~饒速日命と神功皇后の伝承地~ | トップページ | 筑紫島の四つの面 番外編 ~徐福と蓬莱島と邪馬台国~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 筑紫島の四つの面 5 ~饒速日命と神功皇后の伝承地~ | トップページ | 筑紫島の四つの面 番外編 ~徐福と蓬莱島と邪馬台国~ »