ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 祇園の神 2 ~前編 祇園の神は住吉神(磯良神)~ | トップページ | 祇園の神 4 ~志式神社の磯良舞と神々~ »

2022年5月28日 (土)

祇園の神 3 ~後編 祇園の神は住吉神(磯良神)~

前回の続きです。

(「祇園の神 2 ~前編 祇園の神は住吉神(磯良神)~」)

京都、祇園祭の神は高良大社の伝承にある神でした。
祇園祭、高良大社、鹿島神宮。

これらが示す神は同じなのです。

< 高良玉垂命と京都の祇園祭の神 >

では、祇園の神が「高良玉垂宮神秘書」の神なら、彼の正体は。

それが伝わる、高良大社。(福岡県久留米市)

御祭神は、高良玉垂命、住吉神、八幡神。
高良神が安曇磯良神であり、三柱は同神でした。
(「神の鉾 3 ~安曇磯良神~」)

高良神=安曇磯良神=住吉神=八幡神=鹿島神=春日神

本殿には豊比咩・とよひめ(豊玉姫)が祀られています。
それは、高良神と夫婦神だと神秘書にある神功皇后が、豊玉姫である証。

夫婦神は共に祀られるのです。
彼女は、祇園祭のもう一柱の神でした。

では、彼女と夫婦だという高良神は何者なのか。
大阪の住吉大社にもそう伝わっています。
調べていくと、一柱の神にたどり着きました。
 (「神の鉾 4 ~天照の分御霊(わけみたま)~」)

饒速日命です。
高良は古来、物部氏の領地であり、彼らの祖神を祀った社でした。

*前回の鹿島神宮は、「儺の国の星」の著者、真鍋大覚氏の先祖が代々神官をつとめていました。
彼は物部の子孫です。
高良大社同様、物部の祖神、饒速日命を祀る宮なのです。


☆高良神、住吉神、饒速日命について、神の系譜 1~5までにまとめています。
(山幸彦等の話もリンク先)

(「神の系譜 4 ~月読神の十種神宝~」)アメブロでの記事

☆また、豊玉姫(豊日別)は、豊前豊後の一之宮の神である、神功皇后です。(白日別は饒速日命)
(以下、詳細)

(「筑紫島の四つの面 2 ~白日別の神と豊日別の神~」)

故に、祇園の神は、高良玉垂神である饒速日命。
もう一柱は神功皇后(豊玉姫)です。

 

祇園の神は「須佐之男命」ではありませんでした。
彼は饒速日命です。

神話の中の「須佐之男命」は、彼を表していたのです。
なので、須佐之男命=饒速日命です。

 

< 二つの珠と祇園の神 >

磯良の神である高良玉垂神は、干珠満珠を所有し、海の満ち引きを操ると言われてます。
神楽の磯羅(良)舞にも登場するこの二つの珠が、神と物語を繋ぎます。

山幸彦海幸彦の塩満珠と潮乾珠。
住吉大社にあるという潮満珠(満珠)。
大国主神と大物主神の幸魂奇魂。
饒速日命の十種神宝の玉。

これらの神は同じであり、同じ伝承を元にしていました。(「神の系譜  4」)←アメブロの記事
すべて彼が行った、奈良湖の水を引くなどの功績が珠の力として伝えられたものなのです。

(「古代*奈良湖と裂田溝 ② ~三輪山のヘビは竜~」)

住吉大社に満珠があるという伝承も、彼が饒速日命(磯良神)であることを示してます。

 

<伏見神社の神>

伏見神社の祇園祭の岩戸神楽の演目、磯良舞。
それは、祀られている神々が、祇園祭の主役の神であること。
二つの珠にまつわる物語の神が同じであることを示しているのです。

那珂川の伏見神社の御祭神は
淀姫命(豊玉姫)、須佐之男命、大山祇神、神功皇后、武内宿禰。

彼らは、祇園の神である住吉神(磯良神)と神功皇后であり、饒速日命とその后の御炊屋姫。
(岩戸神楽では岩戸開きの演目もあります。饒速日命が天照であることも示します)

この組み合わせは、一つの神社だけの、単なる作り話ではないのです。
遠く離れた社の神々の由緒や、祭りや勧請先でも、共通するものが見えてきます。
中には、一見ではそれと気づかず、神の名やシュチュエーションを組み換えたものもあります。
しかし、核心はみな同じ。

むしろ、記紀の方が壮大な、作り込まれたおとぎ話。
一例として、数多の神社の伝承には住吉神と武御雷神が同神とありますが、それだけでも、記紀の話は成り立たないことが分かります。全国すべての神社の伝承を突き合せると、必ず見えてくるものがあるはずです。
 八百万神でありながら、ほぼ彼らに行き着きます。
 (後の人物は除く)

次は、「神の鉾」シリーズにもあった「志式神社」へ向かいます。

(「神の鉾 (高良玉垂宮神秘書)」)

同じ「磯良舞」の神楽が奉舞されています。
これらのことを念頭に置くと見えてくるものがあります。

 

( つづく )

 

*1 須佐之男命。

神話については後にまとめるかもです。
その(最初の方の)エピソードのほとんどが、彼らの話の組み換え。
八幡神についても後に。
彼も神話上は親子の関係であり、神としては饒速日命。

須佐之男命が100%饒速日命です。


*「祇園の神   1」の記事が、(2018年7月15日の「伏見神社・祇園祭 ~磯羅舞~」になります。
今回の記事は後にUPしたものを改訂したものになります(後のをまとめた)。

今までのと重なる所がありますが、そのままUPします。



« 祇園の神 2 ~前編 祇園の神は住吉神(磯良神)~ | トップページ | 祇園の神 4 ~志式神社の磯良舞と神々~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 祇園の神 2 ~前編 祇園の神は住吉神(磯良神)~ | トップページ | 祇園の神 4 ~志式神社の磯良舞と神々~ »