ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 祇園の神 3 ~後編 祇園の神は住吉神(磯良神)~ | トップページ | 祇園の神 5 ~志賀海神社の神々~ »

2022年6月 9日 (木)

祇園の神 4 ~志式神社の磯良舞と神々~

前回の続きです。

(「祇園の神 3 ~後編 祇園の神は住吉神(磯良神)~」)

志式神社。
福岡県福岡市東区奈多。
志賀島へ続く、海の中道の付け根にあります。

ご祭神は火明神(天火明命)。
日酢芹(ほすせり)神、豊玉姫、十域別(とおきわけ)神、稚武(わかたける)王、葉山姫神。 

Shishiki01

*天火明神は饒速日命。
*日酢芹神は、神話では山幸彦。

*十域別神、稚武王は、神功皇后の三韓征伐の折り、大将軍となり助力した人。
(神話では)仲哀天皇の異母弟。
応神天皇の叔父であり、神功皇后の義理の弟になります。

Shishiki02

*葉山姫神は、兵庫の廣田神社の摂社の齋殿(ときとの)神社に祀られる神。
廣田神社のHPには、こうあります。(*1 下記にて補足事項)
廣田神社HP より

神功皇后廣田神社ご創建の際、皇后の命を受けて天皇皇大神荒御霊を御心廣田の国に鎮祭された(神) 

廣田神社には天皇皇大神荒御霊天照大神)が祀られているのです。
葉山姫はその神を「祀った者」ということ。

Shishiki03

つまり十域別神、稚武王が神功皇后の義弟で、葉山姫は神功皇后の命で天照を廣田神社に祀った者です。

御祭神に神功皇后の関係者の名があるのに、彼女の名が無いのはおかしいと思われませんか?
葉山姫も「天照を祀った者」だから廣田神社の摂社に祀られているのに、ここには「天照」の名はありません。


天照大神は、天火明神、日酢芹神(山幸彦・海幸彦でもある)、 神功皇后は、豊玉姫であるから書かれていないのです。

彼らの神話、伝承がすべてが御祭神として混在している形になっています。

 

Shishiki04

この場所にある舞台は、糟屋郡の伊野神社から移設されました。
伊野神社とは「伊野天照皇大神宮」のこと。

天照大神、摂社には住吉三神、志賀三神が祀られています。

「移設」されたのならば元のお社の神は、同じです。
志式神社の火明神と、伊野の天照は同神であり、饒速日命(天火明神)であることを示します。

伊野の天照もまた、女神ではなく男神の天照です。
(近くだという理由でないのなら、関係のない社に移設しない)

天照大神=火明神=饒速日命
ここが明治に移設されたということは、未だに「それ」が公然たる事実であるということでしょう。

Shishiki05          
神楽では伏見神社の祇園祭と同じ「磯良舞」が奉舞されます。      
「祇園の神」が祀られているから、奉舞されるのです。                                                                                 

Shishiki06

 

Shishiki07(拝殿)

Shishiki08 (クリックすると拡大されます)

志式神社の縁起です。

神功皇后三韓進軍の折
此の奈多浜に鎮座される荒ぶる神の御前にて
戦捷の神楽を奏して征途につかれた。


志式は、昔は志々岐と記されていたとあります。
*長崎県に志々伎(しじき)山があり、志々伎神社に十域別神が祀られています。

                                 
志式。
し・しき。

それで思い当たることがありました。
(前にも書きましたが、後に加筆して再アップします)                                             

Shishiki09

Shishiki10

このお隣にあるのが、「亀石」。

Shishiki11

             

Shishiki12                                                                 

志賀海神社にも亀石があります。
ここの案内板には、その志賀海神社の亀石のことが書かれてあります。

神社にあるアイテムは、神を繋げるものです。

基山の「荒穂神社」の石から、高良大社の神へと繋がっています。
<荒穂の神(五十猛命)が投げた石が、高良大社(安曇磯良神*住吉神)の神殿の下にある=同神を示唆)

(「二つの伝承 2 ~荒穂神社*佐賀県三養基郡~」)

この「亀石」もまた、神を繋げるものでした。

Shishiki13

 

(つづく)

 

                

*1 廣田神社について。

創建は神功皇后摂政元年(西暦201年)とある。(上記のHPより)
福岡の彼女を祀る、または彼女が祀ったなど関係ある神社では、おしなべてその時代を西暦201年としている。
西暦200年頃は、卑弥呼の時代。

「彼女が卑弥呼とされる者」であるから、統一したと思われる。
(日本書紀にも西暦200年からとある)

饒速日命も西暦200年前後の者と推測している。
*奈良湖の水を引き、「倭国騒乱」の元凶を取り除いた。(以下、記事)

また、それが海幸彦山幸彦の話、浦島太郎と豊玉姫の話になった。

 

Kujyu01

くじゅうへテン泊縦走してきました~!
天の川が見られました。
記事をUPするかもです。

くじゅう最高!




« 祇園の神 3 ~後編 祇園の神は住吉神(磯良神)~ | トップページ | 祇園の神 5 ~志賀海神社の神々~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 祇園の神 3 ~後編 祇園の神は住吉神(磯良神)~ | トップページ | 祇園の神 5 ~志賀海神社の神々~ »