ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 祇園の神 9 ~高良大社の祇園の神~ | トップページ | 祇園の神 11 ~前編 卑弥呼は神功皇后~ »

2022年7月19日 (火)

祇園の神 10 ~卑弥呼の墓*祇園山古墳~

前回の続きです。

高良山の麓にある「祇園山古墳」。
卑弥呼の墓の候補地の一つです。

(この回は前にも記事にしたので、ほぼ同じ内容です)

その理由は

*卑弥呼の時代と重なる
*魏志倭人伝に記載されている「殉葬者100人」に迫る60体が側に埋葬されている
*該当する墓は盗掘されているものの、側の墓からは鏡等が出土など

(鏡は高良大社の宝物殿にある)

(下記HPを参照しました。詳しくはこのHPで)
http://wwr2.ucom.ne.jp/hetoyc15/kodaisi/himikotyou/himiko3horon.htm 

 高良山へ続く道を横切る、高速の高架をくぐるとすぐ右(南)へ。

Gion01_20220718101401

Gion02_20220718101401
この上が古墳。

Screenshot_202207191133562

隣に高速が走っています。
何割かは削られましたが、土地の方のご尽力によって大部分が残されることになりました。

Screenshot_202207191134112

(クリックすると拡大されます)
祇園山古墳測量図。
案内板、綺麗になってる!ありがとうございます!

古墳の周りには60体以上、同時期に埋葬されていると推定されてます。
その中には「刺し違え」も二組ほど見受けられるとありました。


その言葉だけで、胸に迫るものがあります。
奈良の箸墓古墳も卑弥呼の墓の候補地となっていますが、殉葬者はいません。

Gion05

頂上には吹きさらしの石棺が一つ。


見えてる部分は、縦1.5m、横0.6mくらいでしょうか。
台形(四角錘台)になっており、底の方が広いそうです。

どなたかが置かれた花がありました。
この地は古くは高良大社の関係者の邸宅があり、聖なる土地だと大切にされてきました。

その為か、途方もない時を経ているからか、ここはとても居心地がいいです。

Gion06_20220718101501

眺めがいい地を「占地」といい、地位の高い者が埋葬されています。
奥に見えるのは、脊振山系。
その向こうが那珂川市。

現人神社(住吉神の元宮)がある儺の国(奴国)です。

Gion07

礎石部分。

Gion08

Gion09_20220718101601
(地図はYAMAP)
★1 高良大社 

★2 高良大社下宮 (前回の記事)「祇園さん」

★3 祇園山古墳

 

高良大社のある高良山の麓の「祇園山古墳」。
それが卑弥呼の墓の候補地にされている。

ここに眠っている彼女は、高良の神にとって大切な人であったのです。
だからこそ、ここに在るのです。

 

「祇園山古墳」に眠る埋葬者。
祇園の神は、”彼ら”です。

 

 

( つづく )

 

 (ココログ2019/10/15の記事改定)

 

 

*記事内の考察や写真、イラストなどは管理人に著作権がありますので、無断使用はご遠慮ください

 

« 祇園の神 9 ~高良大社の祇園の神~ | トップページ | 祇園の神 11 ~前編 卑弥呼は神功皇后~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 祇園の神 9 ~高良大社の祇園の神~ | トップページ | 祇園の神 11 ~前編 卑弥呼は神功皇后~ »