ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 祇園の神 14 ~ ① 神話と天照と卑弥呼と神功皇后*神話の流れ~ | トップページ | 祇園の神 16 ~ ③ 神話と天照と卑弥呼と神功皇后*筑紫での祓い~ »

2022年9月 3日 (土)

祇園の神 15 ~ ② 神話と天照と卑弥呼と神功皇后*始まりは大和~

前回の続き。

 

今までの記事と重なるところがありますが、神話と彼らのエピソードと対比してまいります。

以下、「彼ら」とは、饒速日命と御炊屋姫(天照大神と豊受大神、住吉神と宗像神、神功皇后と卑弥呼すべて同一人物)を表します。(前回の記事、注*1を参照のこと)

 

****

 

全ての始まり。

古代奈良盆地には、巨大な湖がありました。
今は奈良湖と言われてます。

ここも数々の神話の元になりました。

☆46<邪馬台国騒乱>({騒乱」はもしかしたら、異類によるものかも)

Narako01_20220903204201

図1   AD200年頃の奈良盆地
出典(「古代で遊ぼ」)

アマノトリフネで大和へと飛来した饒速日命。

☆28<饒速日命、大和へ>
☆31<神武東征>

☆41<神功皇后、大和に戻る>

 

(以下、追記)

☆38 神功皇后、三韓征伐へ。船の上で住吉神と邂逅。助力を得る。<三韓征伐>(日本書紀)
☆42 高良神(住吉神)、神功皇后と四王寺山で邂逅。<高良神と神功皇后であう>(高良玉垂宮神秘書)

*実際に彼らが出会っていたのは、大和。
両書とも、「仲哀天皇」の存在を加える為、筑紫で出会ったことにした。

 

饒速日命、ナガスネヒコの妹の御炊屋姫と夫婦になる。

☆1<イザナギ神とイザナミ神夫婦に。国産み>
☆29<饒速日命、御炊屋姫夫婦に>
☆23<山幸彦(豊玉彦)豊玉姫夫婦に>
☆43<高良神(住吉神)と神功皇后夫婦に>

*全て彼らなので、神話の夫婦の記述も、皆彼ら。
(猿田彦と天宇受売、他)

ナガスネヒコは饒速日命と同神。
(「ナガスネヒコ ~宿禰の初め~」)

 

 ☆48<卑弥呼共立、騒乱鎮まる>

*邪馬台国はやまと(神の国)、な国のなと同じ意味。
彼らがいた二カ所(な国と大和)が「邪馬台国(神の国)」。

Narako02_20220903204501図2  奈良、亀の瀬  山体崩壊の箇所 
出典(「古代で遊ぼ」)図1の左端真ん中

饒速日命、大和川川床開削。奈良湖の水を引く。

亀瀬岩から、亀石の伝承(当麻のヘビが水を引いた)、当麻の長尾神社へ。
大神神社の大物主神(大国主、大己貴神)が水を引いたと分かる。

一体の蛇(龍)の体は大神神社と竜王宮と長尾神社。
=三つの神社の神は同じであり、エピソードは同じ。

天照大神、豊受大神。
建玉比古命(賀茂の神)、建玉比賣命。
豊玉比古命(豊玉彦)は豊玉比賣(豊玉姫)との対の名であり、山幸彦の事。
大物主神(大国主神=大己貴神=饒速日命=天照大神)
御膳津神、市杵島姫命(宗像神)は豊受大神。

*このエピソードが「海の水を操る珠」の伝承になる。

(「古代*奈良湖と裂田溝 ② ~三輪山のヘビは竜」)

 

☆18<大国主神の幸魂奇珠>

(「大国主神の幸魂奇魂」)=大物主神と同神を示唆

☆24<山幸彦(豊玉彦)の干珠満珠>

☆30<饒速日命、十種神宝>
☆39<神功皇后、三韓征伐で海の潮を制す(住吉神の力)>

☆44<高良神(住吉神、月神)の干珠満珠>

*高良の伝承で、龍神から直接珠を授かったのは、豊姫(豊玉姫)。神功皇后の妹とされるが、彼女自身だと分かる。
*彼らが持つ玉はすべて水の満ち引きを操る珠。
*高良の神はこの力故、月神とされる。(=隠された月読神 ☆5)

饒速日命の十種神宝と同じもの

☆17<大己貴命の試練>で彼と同じ、蜂のヒレ、蛇のヒレを使う。同神を示唆。



<饒速日命と御炊屋姫、北部九州へ>

饒速日命と御炊屋姫、北部九州へ。

筑紫に来たのは、異類(熊襲)を退治する為。(祓いの神の所以)
以降、高良神(住吉神)と神功皇后(宗像神)。

☆1<イザナギとイザナミ宮殿を建てる>
☆2<イザナギ黄泉へ>
☆20<ニニギの天孫降臨>
☆34<神功皇后、筑紫へ>

大和から北部九州に移ったことが「国を譲る」。

☆19<大国主神(荒御魂)、国を譲る>
☆33<饒速日命(大物主*和御魂)、国を譲る>(*前回記述)

Kaimen22

図3 AD200年頃の北部九州
今の標高4mほどが海岸線

それぞれの土地に関係あるのが彼らなので、上の図の状態の時、存在した。

*市杵島姫命が宗像神なので、ここが豊日別。
*豊国(豊前豊後)は、宇佐神宮(神功皇后)が出来てからの区分。
(「筑紫島の四つの面 2 ~白日別の神と豊日別神~」)

熊襲は神功皇后が退治していたもの。(建日別に本拠地がある)
(「筑紫島の四つの面 3 ~建日別・熊襲の正体~」)

☆1<イザナギ、イザナミの国産み>「筑紫島の四つの面」

*祓いに関すること他は次回。

 

 

( つづく )

 

 

 

*記事内の考察や写真、イラストなどは管理人に著作権がありますので、無断使用はご遠慮ください。

« 祇園の神 14 ~ ① 神話と天照と卑弥呼と神功皇后*神話の流れ~ | トップページ | 祇園の神 16 ~ ③ 神話と天照と卑弥呼と神功皇后*筑紫での祓い~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 祇園の神 14 ~ ① 神話と天照と卑弥呼と神功皇后*神話の流れ~ | トップページ | 祇園の神 16 ~ ③ 神話と天照と卑弥呼と神功皇后*筑紫での祓い~ »