ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 神の系譜 2 ~伊勢の神は磯良神・日月の神~ | トップページ | 神の系譜 4 ~月読神の十種神宝~ »

2022年11月 3日 (木)

神の系譜 3 ~天照は磯神・いそのかみ~

続きです。

(「神の譜系 2 ~伊勢の神は磯良神・日月の神~」)

 

皇室の神事、新嘗祭は、住吉神、歳神にまつわるもの。(「神の系譜 1」より)

皇祖神を祀る伊勢神宮に祀られる神は、饒速日命。(「神の系譜 2」より)

高良大社、鹿島神宮、春日大社と同神。

彼は月神・磯良神であり、日月神である国常立神。

伊勢神宮の神は磯良神。
その名から分かること。



< いそのかみ >

高良神は、安曇磯良神(あんとんいそら)。
磯良神の名は、イソとラに分けられる。

ラは、言霊で神、光。

その名は、磯神・いそのかみを表します。

 

いそのかみは、石上神宮の神。
御祭神は、布留(フル)神。

石上神宮も、高良大社、鹿島神宮と同じ、物部氏の祖神を祀る宮。
かの神は饒速日命です。

 

また、伊勢神宮は、磯宮と呼ばれていました。
磯神(いそのかみ)を祀る故です。

(「神の鉾 3 ~安曇磯良神~」)

 

高良神(磯良神)=住吉神=石上(いそのかみ)=伊勢(磯宮)の天照(磯神・いそのかみ)=饒速日命

すべて繋がっていました。



< 布留神と三島神の名 >

 

☆布留神

石上神宮の神は布留神。
布留御魂(ふるのみたま)は宇宙の色であり、隕鉄からできた剣を示す。
隕鉄=隕石、故に、星の神。

      参考資料「儺の国の星」
(→☆「儺の国の星 ~宇摩志麻治の意味~」)

また布留の名から、福岡、佐賀の境の脊振山は、布留神の山だと繋がりました。
「二龍が降臨し、背を振う山」という伝承があります。

Sehuri01_20221103060601

(背振神社*上宮)

 

神話のクシフルタケは、櫛布留岳であり、脊振山を表す。

二龍とは、脊振山に祀られている、市杵島姫命(宗像神、豊受)と毘沙門天(饒速日命)。

*高良の神は毘沙門天とも習合されている。
彼らはそれぞれ龍神でもある。(八大龍王と三輪山の神)

 (「結びの山 その13 ~脊振山~」)

 

「筑紫島四つの面」の建日向豊久士比泥別(たてひむかとよくしひねわけ)は、脊振山があるこの地の事。
また、彼らがいた儺国(奴国) の地を表します。(後に)

たては、勇猛な、偉大な、おおらかな。

ひむかは、日の当たる所、輝く(尊称)。

とよは、ゆたかな、また、豊姫(豊受)を表す。
くしは、神威がある、また、櫛玉饒速日命を表す。
ひは、尊称。

ねは、神、光の意。

わけは、それぞれの国。

(「筑紫島の4つの面 4 ~建日向豊久士比泥別~」)



☆三島神

三島の意味は、住吉神を表すオリオン座の「三つ星」。

古語で、星と島は同義語。
海の民、島を星と見立てる。

ORIONを三島星、或いは三諸星と呼んだ。
と「儺の国の星」の本にあります。*6

(下記に詳しく)

 

三島神は奈良では、布留神。(→☆三島神社

石上神宮の布留神と同神。

福岡では高良神です。(→☆筑紫の三島神社
高良大社の高良神は住吉神と同神。

 

住吉神は、オリオン座の三ツ星を神格化したもの。
海の民の道しるべであるので、海の神であり星の神です。

布留神も高良神も饒速日命も住吉神なので、彼らは「三島神」なのです。

(「儺の国の星 ~布留神と宇摩志麻治の名の意味~」)

三島神=住吉神=星神=布留神(石上神宮の神)、高良神=饒速日命

 

☆高良神は、底筒男神。

ツツは古語で星。
また、津は、海。

これも住吉神が星神、海神であることを表す。

 

<船の神>

饒速日命は、天鳥船(天磐船)に乗って大和にやって来たという。
船の名がつく神社に祀られる神は、饒速日命です。
(貴船神社、磐船神社、御船神社など)

住吉神も航海の神=船の神。

(「神功皇后の伝承地 5 ~媛社(ひめこそ)神社~」)

 

 <猿田彦神>(次回以降出ます)

猿田彦神も饒速日命。
さるたは、古代米(赤米の種類)のこと。
またサルは、古語で湿地帯に生える食物(稲も)を意味します。
朝鮮語ではサルは米、アイヌ語では湿地帯に生える植物。

(北海道に沙流川があり、湿地帯を流れる川のことかと。あちらに猿はいません)

さるたとは、稲作をしやすい(たくさん出来る)方法を広めた(湿田から乾田へ)人達のことでもある。(おそらく治水により)

それが饒速日命。
(猿の漢字は後に当てられたもの)

(「結びの山 ~その14 日吉の神とニギハヤヒ命~」)

 

福岡那珂川市には日吉神社があり、猿田彦発祥の地と言われる。
ここは、饒速日命である住吉神の元宮「現人神社」もある。

稲穂神は、稲荷神。

 

饒速日命=猿田彦神=稲荷神=住吉神=饒速日命

 

☆新嘗祭にまつわる神、住吉神、歳神。

☆日月の神・艮金神・国常立神。

☆三島神社、石上神宮、高良大社、鹿島神宮などは、物部の祖神を祀る宮。

☆磯(いそ)神、布留(ふる)神にまつわる名。

☆船の神

☆猿田彦神
これらは、すべて饒速日命に繋がる。

 

磯宮であった伊勢神宮。
伊勢の神は磯神(いそのかみ)。
本来の天照は饒速日命でした。

 

彼を信仰する一族が、各地へ散らばり、土地の名や職業の神として名を替えました。
それが、かの神に数多の名がある理由です。

 

( つづく )



*6について

(「儺の国の星」三笠の星 項  真鍋大覚氏著)長いので要約です。

ORIONを三島星、或は三諸星と呼んだはるかな昔があった。
”しま”或は”すま”とは、船人の渇きを癒す湧水井泉のあるところ。
”し”は元来は透明な無色の水を表現する胡語。(*注 しみず、しずくの「し」などが、そう)

”しま”或は”ふくら”とは、海中に孤立した山巓(さんてん)の集合であり、船の寄せ場を言った胡語。
絶海の孤島を”ほし”という西洋東洋を通しての呼び名。

 

 

*記事内の考察や写真、イラストなどは管理人に著作権がありますので、無断使用はご遠慮ください。




« 神の系譜 2 ~伊勢の神は磯良神・日月の神~ | トップページ | 神の系譜 4 ~月読神の十種神宝~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 神の系譜 2 ~伊勢の神は磯良神・日月の神~ | トップページ | 神の系譜 4 ~月読神の十種神宝~ »