ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 2023年1月 | トップページ | 2023年3月 »

2023年2月 7日 (火)

結界 ~祓いの神 10 終章~ 

続きです。

☆→波折神社*瀬織津姫と住吉神 ~祓いの神 9~

 

彼らのいた筑紫には結界がありました。

筑紫三山を起点とした結界。

(「結びの山 その7 ~線上~」)

飯盛山、若杉山、基山です。

Screenshot_202302071253452

まるで海へと向かう形のような。
その海側のライン。
(当時の海岸線です)

飯盛山と若杉山を結んだ線のちょうど真ん中に、神社があります。

☆→結びの山 終章 その21 ~黄泉の大岩・くなどの神~)アメブロの記事*1

 

「熊野道祖神社」

そこは塩原。

塩を作っていたという標高5mの当時の海岸線です。

Screenshot_202302071253492

 

御祭神は、イザナギ神、久邪斗(くなど)神。
八街(やちまた)比古神、八街比売神。
(八街の神は、猿田彦神=饒速日命)


くなどの神は、又の名を塞其黄泉大神(塞にいます黄泉大神)。
イザナギが、黄泉とこの世の境に置いたという大岩を象徴しているという神。

黄泉との境にあり、黄泉の者が来ないようにしているのです。

 

この神社は、「境内の木を学校を作るために伐採しようとしたとき、何人もけが人が出て切ることを止めた」と言われてます。(昭和の話)
場所を移すことを良しとしない、この場所にあってこその社。

 

また、上の図のオレンジ色のラインは、記紀にある「真の道」です。

☆→結びの山 その14 ~天孫降臨 前編~

 

この国は韓国に向かい、笠沙の岬まで真の道が通じていて、
 朝日のよく差す国、夕陽の照る国である。それでここはとてもよい国である」

(Wikipedia 「天孫降臨」より)

*「真の道」を創り上げている各神社は、上の記事へ。

*「笠沙」の解説あり。


「真の道」は、これを強化するためのものではないか。
神の力で後ろから押さえているかのよう。

 

この場所は、くなどの岩。
「黄泉の国」との境です。

 

まるで、海から来る「モノ」を防ぐ道返之岩(ちがえしのいわ)。
道返之神は、まさに岐那戸神(くなどのかみ)です。

「熊野道祖神社」の場所は、特殊な場所にありました。
筑紫三山が作る結界の、海に面した方のラインの真ん中

「真の道」と交わる場所

 

神の守り。

 

これは人に対しては効果ありません。

でも、今でも機能しているのです。

 

<力場>

 

アメブロの下記の記事に天澤さんがコメントをくださいました。

 (「結びの山   その10 ~線上~」 )


(この線の真ん中の塩原という所が)
熱く感じる。

外側からの何かに向け
「踏ん張っている」ように見えるので
力場みたいなものが在るのかも知れません

 

自分も気になっていたその場所、調べたら上の神社があったのでした。

動かしてはいけない社の位置。

未だに作用している力場。

 

筑紫三山の結界は、「彼ら」が作った物です。
故に彼らが祀られているのです。

 

三山の神

☆飯盛山(飯盛神社)

伊邪那美命。
宝満神(玉依比女命、神功皇后)
八幡大神。

 

☆若杉山(太祖宮)
伊弉諾神

天照皇大神 志賀大神 住吉大神
八幡大神 聖母大神 宝満大神

 

☆基山(荒穂神社)
瓊々杵尊
鴨大神 八幡大神 宝満大神 春日大明神 住吉大明神 五十猛命

 

☆大己貴命=饒速日命=高良神=住吉大神=志賀大神=天照大神=鴨大神=八幡大神=五十猛命

☆宗像大神=市杵島姫命=御炊屋姫(櫛玉姫)=瀬織津大神(瀬織津姫)=神功皇后=豊受大神=宝満大神=聖母大神=玉依姫

 

すべて同じ神です。

彼らが対峙していたのは、イルヰでした。

ならば、その結界はそれに作用する。

 

イルヰ、異類は人ではなかったのです。

 

また、「祓いの神」

これらの出来事が神話の

「伊邪那岐神が伊邪那美神を求めて黄泉へ行く話」と

「伊邪那岐神の禊(祓い)」になったのです。

海に面したラインの起点。

そこには彼ら以外の、伊邪那美神と伊邪那岐神も祀られていました。

 

それは後に。

「祓いの神」の回、終わりです。

 

 

 

☆飯盛山
(「結びの山 その4 ~飯盛山登山(上宮)~」)

(「結びの山 その5 ~筑紫三山~」)

☆若杉山

(「結びの山 その6 ~太祖神社*対の社~」)アメブロの記事*1

(「結びの山 その8 ~若杉山② 太祖宮 上宮~」)アメブロの記事*1

☆基山

(「二つの伝承 1 基山のライン」)

 

 

***************************************

 

*1 アメブロにてココログの記事を転載しているのですが、その際に加筆したものも多いのです。

今の情報から以前の記事を見て気づいたこと(結びついたこと)や、アメブロでのコメントから繋がったことなど。

そちらは後にココログにも掲載します。

 

*記事内の考察や写真、イラストなどは管理人に著作権がありますので、無断使用はご遠慮ください。




2023年2月 2日 (木)

波折神社*瀬織津姫と住吉神 ~祓いの神 9~ 

続きです。

 

その後、波折神社へ

福岡県福津市津屋崎
楯崎神社がある渡半島から車で5分。

ここには、瀬織津姫と住吉大神の伝承がありました。

Screenshot_202302020756022

ご祭神は、瀬織津大神、住吉大神、志賀大神。

Screenshot_202302020756052

 

神功皇后の新羅を遠征して凱陣した時、この三神が当浦渡村鼓島に現れた。
皇后はこの浦の岡分、河原崎の宮之本という地字に神垣を造り祭祀した。

 

後に漁民が嵐に遭った時、三神が現れ助けた。
鼓島に漂着した後、再び三神現れ飲食を与え給う。

 (上記の縁起より要約)

Screenshot_202302020756122

 

瀬織津姫と住吉大神の組み合わせは、他には無いんじゃないでしょうか。
しかし、彼らの素性を最も的確に表してます。

 祓いの神です。

 

Screenshot_202302020756123

(鼓島)

この波折神社の伝承では、
神功皇后が三韓征伐して凱旋した折に、鼓島で三神に逢ったとありました。

三神は、瀬織津大神、住吉大神、志賀大神です。
神功皇后は、彼らと邂逅していました。

楯崎神社の伝承では、大己貴命と宗像大神。
彼らが夷の類と戦った。

戦いの場所は、楯崎神社がある地~鼓島です。

後に、神功皇后が三韓征伐の折りに楯崎神社の地に船で着きます。

これらに高良大社の高良玉垂宮神秘書の伝承と今まで分かったことを重ねますと、すべてが繋がっていきます。

 

< 楯崎神社 >

大己貴命宗像大神
夷の類と戦う

戦った場所は楯崎神社~鼓島(名称が残っている)

後に神功皇后
三韓征伐の折り(戦う前)に山に登り、助力を祈願

場所は楯崎神社の地

 

< 波折神社 >

瀬織津姫住吉大神、志賀大神

神功皇后

三神と邂逅したのは、三韓征伐の凱旋の折り(戦って勝って帰ってきた後)

邂逅した場所は鼓島

 

< 高良大社(高良玉垂宮神秘書) >

高良神(安曇磯良神)神功皇后

高良神は住吉神であり、志賀大神と同神(他のは省略)
高良神と神功皇后は夫婦。

二柱は、共に各地でイルヰと戦う。

 

Screenshot_202302020756212

(最接近した時に望遠で撮った鼓島)


彼らは、同神です。

大己貴命=饒速日命=高良神=住吉大神=志賀大神=天照大神

宗像大神=市杵島姫命=御炊屋姫=瀬織津大神(瀬織津姫)=神功皇后=豊受大神

 

☆→神*総まとめ)アメブロの記事

 

☆神功皇后は饒速日命の后、御炊屋姫。
彼女は瀬織津姫でもありました。

 

楯崎神社と波折神社と高良大社の神は同じ。

では、各神社の伝承の元は同じです。

 

戦った「夷の類」とは、高良大社の伝承の「イルヰ」。

こんなに近いのに違うようにみえる伝承。
神の名も違います。

これは作為的なものでは。

 

だけど、分かれば確実に繋がる。

いつか分かるようにとの意図さえみえます。

 

< 祓いの神 >

住吉神、瀬織津姫は、祓いの神四柱の中にあります。
他の二柱も、名を替えた彼らかもしれません。

「祓いの神」とは、まさしく彼らが戦った「夷の類」「イルヰ」を退治したことに他ならないのです。
ならば神功皇后の伝承にある、「三韓」はイルヰ。

 

そうすると、記紀の記述が分かります。
神功皇后が香椎宮で神がかった時の神の言葉。

「内陸にいる(熊襲)羽白熊鷲を倒す前に、新羅を攻めろ。新羅には金銀がある」
一見、全く繋がりがないようなこの言葉。

それに引っかかっていたのです。
神が金銀を求めるか。

ですが、「三韓」と記載されてるものが実はイルヰなら。

内陸の「羽白熊鷲(イルヰ)」を倒すより前に、北の海からくるイルヰを倒せ

ではないのか。

 

*でも実際はどっちを先に退治したのか分かりません。
内陸の熊襲を退治したのが先ならば、

もしかしたら、内側の「イルヰ」が外の「イルヰ」を呼ぶのかな。

 

異類。
それは人ではありません。
何故なら各地にある神事が物語っています。

 

( つづく )

Screenshot_202302020756292

(鼓島)


二枚目の写真を見ても5mあるか微妙。
当時も海から出ていたのかな。

触ってみたい。

チャンスは年に二日ほど!
最大ここまで潮が引くらしい。

今度は反対から回ってみようか~。

(この後、鼓島に近づきました。その記事は後程)

 

*記事内の考察や写真、イラストなどは管理人に著作権がありますので、無断使用はご遠慮ください。

続きです。

 

« 2023年1月 | トップページ | 2023年3月 »