ブログ村に参加してます!ぽちっとお願いします

*このブログについて

  • amebloにもサイトがあります。 そちらに載せる時に加筆したもの(後に分かったこと)を、改訂版として再びこちらへUPしている記事もあります。
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

amebloリンク

無料ブログはココログ

☆ブログからの引用などについて☆

  • このブログの考察、写真、イラスト、考察などは、管理人に著作権があります。無断転載は御遠慮ください。

« 高良玉垂宮神秘書 6 ~皇宮と兜率天~ | トップページ | Googleから »

2023年8月22日 (火)

高良玉垂宮神秘書 7 ~高良神*神功皇后の祈りにより出現~

続きです。

☆→高良玉垂宮神秘書 6 ~皇宮と兜率天~


今までの事を念頭に置き、いよいよ高良神と神功皇后との場面。
(今までのと重なる所があります)

 

高良神は物部の祖神、饒速日。
神功皇后は、彼の后の御炊屋姫。

彼らは二柱の天照であり、高良神が隠神となるのは神の交代を意味する。

 

では、神秘書は彼らのことをなんと伝える。

 

 

< 高良神出現 >

高良神の出現の様子。

十五代神功皇后の時、異類が日本に来る。

その時、筑前の四王寺の峰に登り、大鈴を榊の枝にかけ、七日の間、異国の退治を虚空に祈った。

東の空に白雲現れる。

たちまち四方に開き光を放って、月神(高良神・底筒男尊)現れる。

月神が現れて半時してから、住吉明神(父のウガヤフキアエズ)と日神の垂迹の表筒男尊と中筒男尊が現れる。

白雲の中に四本の鉾を打ち違えたるは、四天王の鉾。

 

異国遂伐の時の高良の御文はこれである(神紋)。

四方に光を放つゆえに、門光。

Screenshot_202308221109242

高良大社神紋

高良四天王が、天降った所を四王寺が峰と名付けた。
(中筒男尊=神武天皇はすぐにいなくなる)

 

神功皇后は、月神と日神を両副将軍と定めて、三韓を攻めた。

その後、住吉明神(ウガヤフキアエズ)は帰って行った。

また虚空(兜率天)に住み給う。

(「高良玉垂宮神秘書」より 解読)

 ①

神功皇后の時代、異類が攻めてきた。
それは、「三韓征伐」でも「地方の豪族」でも無いことは伝承から分かる。

異類とは、人で無いものを言う。

住吉四神はすべて同神であり、后は神功皇后。
彼らは名を変えられた饒速日と御炊屋姫。

彼らが出会った場所は、伝承により違う。

*1 上記神秘書では、筑紫の四王寺山で、神功皇后の祈りにより現れる。
*2 神話(記紀)では住吉神は、神功皇后の三韓征伐の折りに船の舳先に現れる。
*3 饒速日と御炊屋姫は、大和で出会ってる。

 

彼らは*3の大和で出会ってるはず。
なぜ、このようなことになっているのか。

 

最たる理由は、二つある。

皇紀を紀元前600年としたこと。

高良神である饒速日は、皇室の祖神とされなくなったこと。

 

実際の彼らは200年代前後。(彼女は卑弥呼)
ゆえに長期の「作られた歴史」のその時代辺りに、彼らは入れ込まれている。

 

3世紀の日本の様子を告げる魏志倭人伝。
当時の様子を見ると、紀元前600年前から皇室が続いてるとは誰も思わないだろう。

神話で彼女が仲哀天皇の后であることも、これらに起因する。

 

記紀では、仲哀天皇は筑紫に来た後に崩御。
その時に神功皇后の側にいたのが武内宿禰であり、住吉との縁も匂わせる。

記紀では崩御の場所も違う。

彼女が身ごもった子は、不自然な妊娠期間。

 

すべて、皇室の歴史に取り込み、時代も合わせる為である。
しかし、武内宿禰、住吉神という存在は消せなかった。

神話、記紀はすべて彼らに繋がる暗号なのだ。

 

匂わせは彼女にもある。
日本書紀については、魏志倭人伝の記述を入れ込み、他国の書では彼女が卑弥呼だと暗に告げている。

彼女はそれであり、彼らはその時代の者である。

  (☆→祇園の神 11 ~前編 卑弥呼は神功皇后~

 

彼らは筑紫の神である、高良神と宗像神。
上記の理由から、筑紫で初めて会うことにされたのだ。

しかも彼は神話上の神、住吉として。

Screenshot_202308221109312

 

< 四王寺の峰 >

 

四王寺の峰にはその名の通り、四つの峰がある。
後にこの峰のそれぞれに、四天王を拝した。

毘沙門天はその一柱であり、高良神と習合される。
それ故に、この話が加えられたのだろう。

 

しかし、すべてが創作ではなく、真実があるものが伝承。
彼の同神は、それに乗っていたと伝わる。

 

高良神が乗ってやって来たのは白雲。
志賀海神社での高良神は、金色の雌雄の亀。
籠神社の天火明は、空を飛ぶ光る籠、海の中でも水が入らない籠。

彼は饒速日なので、それらはアマノトリフネになる。

では、筑紫での彼ら(神功皇后も)の出現地は四王寺山なのかもしれない。

 

宝物殿のタペストリーにはこの情景が描かれている。
(伝承、神話の重なることは、外せない重要な真実であることを示唆している。
 故に、昔話などで連綿と伝えてきたのだ)

 

( つづく )

 

 

*記事内の考察や写真、イラストなどの無断使用はご遠慮ください。

 

***********************************************

 

 

最新記事はアメブロにて。

https://ameblo.jp/153535769/

 

アメブロでのブログマップです。

ほぼ、「これを見れば分かる!」というものをリンクしてあります。

Burogu01

 

X(Twitter)

古代や神のこと、少しずつつぶやきます。

小分けなので分かりやすいかもです爆  笑

フォローお願いします笑ううさぎ

https://twitter.com/sakura15335?t=zywdh8uJGIhzvxAk28C_Tg&s=09

  

« 高良玉垂宮神秘書 6 ~皇宮と兜率天~ | トップページ | Googleから »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 高良玉垂宮神秘書 6 ~皇宮と兜率天~ | トップページ | Googleから »